ロンドン在住日本人のおすすめ!人気ショッピング・買物スポット47選!

海外旅行に行ったら、現地でお買物したいですよね!?

旅行ガイドブックや雑誌などに載っている定番のロンドンショッピングスポットも良いですが、せっかくロンドンに行ったのであればロンドンならではのショッピングスポットに行きたいですよね。

その国や都市のおすすめショッピング・買い物スポットを探すなら、現地の人に聞くのが正解です!ここでは、ロンドン在住日本人が選ぶ!おすすめおショッピング・買い物スポットをご紹介します。

随時更新するので、ブックマークしておいてくださいね♪

ロンドンの買い付け、商品ブランド1種類または1店舗(ロンドン市内の全店舗)商品数3点まで

ロンドンの買い付け、商品ブランド1種類または1店舗(ロンドン市内の全店舗)商品数3点まで ★★★★★
★★★★★ロンドンの買い付け、商品ブランド1種類または1店舗(ロンドン市内の全店舗)商品数3点まで

例えば同じブランドの商品3点まで
または一つのデパート内で商品3点まで。
追加はご相談ください

表示料金はあくまで現地での作業賃の目安になりますので、依頼内容によって調整します。
ロンドン市内でない場合も相談にのりますのでご連絡ください(例えばアウトレットなど)
お土産や商品代金は事前にポンドまたは円でPAYPALにお支払いとなります。
為替の変動がありますので振込の際は商品代金(ポンド)の現在のレート+5円での計算でお願い致します。
商品が欠品、見つからなかった場合の返金は送金手数料をひかれた金額で返金いたします。
配送希望の場合は商品代と一緒に配送料のお支払いもお願い致します。レートは商品代と同じです。

商品の値段、配送料が分からない場合はご相談ください。

◇提供内容
ご希望のお土産を代理購入を事前予約代行します。

◇ご注意
あくまでユーザーの方に変わって代行作業をするだけですので、希望のお土産を手配・購入できない場合もありますが、サービス代金の返金はありません。

◇提供方法
オンライン上(電話やメッセージなど)でやりとりし、実際に購入・手配します。
購入したお土産は、現地で直接お渡し、もしくはご希望の配送先にお送りします。

◇料金に含まれ無いもの
現地での買物サポート、通訳など必要でしたら、別途ご相談下さい。

◇ 事前に教えていただきたいこと
以下可能な限り情報を教えて下さい。
◆商品詳細情報
商品名:
価格:
紹介HP:http://www . ….
配送希望 有り・無し

◆販売場所情報
店名:
住所:
TEL:
E-mail:
URL:
おみやげ情報

注意事項

お土産代金のお支払いや交通費が別途発生する場合は、料金に追加されますのでご了承下さい。
ただし、ロコが受け取るサービス提供代金には、20%のシステム利用料が含まれておりますので、
システム利用料を含んだ金額を設定いたします。

申し込みの流れ

サービス申し込み
希望商品を連絡。

商品代を日本円で連絡(PAYPALにお振り込み(配達希望の場合は送料)

確認後代理購入

配送、手渡し(配送の場合は追跡番号連絡

商品到着、サービス終了となります。

◇注意点
インボイスは希望がありましたら希望通り書きます。
関税にかんしては一切責任はありませんのでご了承ください。

マリルボーンエリアとマリルボーンハイストリート

マリルボーンエリアとマリルボーンハイストリート ★★★★★
★★★★★マリルボーンエリアとマリルボーンハイストリート

このエリアは洗練された高級住宅街で、観光客が多い大通りと違いこじんまりと落ち着いた雰囲気。買い物や散歩を楽しむ地元の人々と共にロンドナー気分を味わいながらショッピングを楽しむことができるエリアです。立ち並ぶお店も、日本では展開していないイギリスブランドやイギリスで人気のヨーロッパブランドなどが並び、ここでしかできない買い物と雰囲気を楽しむことができます。

ショップ一例
ファッション
ラグジュアリーセレクトショップ:MATCHESFASHION
イギリスブランド: Paul Smith、TOAST、Whistles、Joseph、Theory、Ash (シューズブランド) など
その他:Agnes b、Petit Bateau、Cloudie Pierlot、Sandoro、American Vintage、(日本では撤退してしまった)ルルレモン(lululemon) など

インテリア、雑貨
コンランショップ(CONRAN)、キャスキッドソン(Cath Kidson)、(北欧インテリアショップ)スカンジウム(SKANDIUM)

コスメティック
(天然由来成分ベースの化粧品) フレッシュ(Fresh)、(ハンドソープが人気の)イソップ(Aesop)、(キャンドルで有名なセレブ御用達ブランド)デュプティーク(diptyque)など

カフェ
(オーガニックフード) デイルスフォード(Daylesford)、ナチュラルキッチン(Natural kitchen)
(日本でもお馴染み) ポール(Paul) など

その他お勧め
・Rococo Chocolate:イギリスらしいフレーバー&甘すぎないチョコレートと美しいパッケージ。お土産にも一押しです。

・DAUNT BOOKS:内装がとても美しい1912年創業の老舗本屋さん。店内を眺めるだけでも一見の価値ありです。ショップのバックはお土産にも。

・Cancer Research、Oxfam :慈善団体が運営するチャリティショップ。高級住宅街というエリア柄、掘り出し物の洋服、雑貨が見つかるかもしれません!
(チャリティショップとは、社会に寄与する慈善事業者によって運営される中古品の販売店。売上は個々の団体の慈善活動に充てられている。Cancer Reserchはがん研究、患者、家族の支援を目的に、Oxfamは世界で貧困に苦しむ人々の支援を目的としている団体です。これらの店でショッピングをすることで慈善活動に寄与できるのも嬉しい。)

・The Golden Hind Restaurant:1914創業の老舗フィッシュアンドチップス。味も評判が高い。

ザ・ライブラリー1994

ザ・ライブラリー1994 ★★★★★
★★★★★ザ・ライブラリー1994

学生時代の元バイト先のセレクトショップを紹介させて下さい。

こちらのお店はオーナーの方針で、ガイドブックや雑誌にも乗っていません。知る人ぞ知るな、ファッション好きやファッション関係者の人の間で口コミで広がるお店です。
プライベートサロンや、パーソナルショッパーが常設されているわけでもないのに、有名なハリウッドセレブや、サッカー選手達が買い物にきます。
取り扱いブランドは日本でいう代官山にあるセレクトショップのLIFT(http://www.lift-net.co.jp)というお店に近いです。イギリスでゆういつのCAROL CHRISTIAN POELL正規取扱店でもあります。
ファッションウィーク中は世界中の有名なデパートやセレクトショップのバイヤーや某ハイブランドや有名アパレルメーカーのデザインチームがリサーチで訪れます。

お店はサウスケンジントンの駅から徒歩5分ほどの閑静なエリアにあります。観光客が少なく、地元のお金持ちの方々がのんびりとショッピングを楽しんでいるエリアです。近くにはコンランショップ、ステラマッカートニー、ジョセフ本店、フィリップリム、ポールスミス、シャネル(新ブティックがリニューアルして、来年オープン予定です)、また中堅ブランドのブティックもあります。閉店時間が平均18時と早いので、先にこのエリアでショッピングをしてから、Harrods(通常20時閉店)に移動が賢明です。

このエリアは高級エリアなので、個人的な感覚で、どのレストランもかなりのお値段高めです。
その中で、リーズナブルなで、チェーン店ではない、ランチまたはディナーにおススメのレストランがこちら↓

ザ、アドミラルコーディングトン
https://www.theadmiralcodrington.co.uk

是非良かったら訪れて見て下さい。

リバティー

リバティー ★★★★★
★★★★★リバティー

一番おすすめのショッピングスポットはリバティー。
いついっても気分があがるのが、1875年創立のロンドンの老舗デパートリバティ百貨店。
小花模様やペーズリー柄をあしらった色鮮やかなリバティプリントは時代が変わっても愛されつづけてきて、日本でも有名ですよね。

1920年代に現在の場所に当時流行したチューダー様式で、解体した船の板材を利用して建築された建物は、ひと際目をひく美しさで、建物全体が''Grade II Listed'' (建築的歴史的重要建造物リストの重要度グレード2) に指定されています。

木材で囲まれた吹き抜けエリアエリアにはシーズンごとにインスタレーションや、歴史を感じさせる木の階段や手すり、そして創立者のアーサー・リバティーが開業した当時に流行していたジャポニズムや東洋への憧れを色濃く残す
エキゾチックな装飾や商品の数々。店内を歩くだけでセンスが磨かれて、ワクワクします。

9月~1月までの期間限定のクリスマスショップがとっても素敵!
美しく陳列された数々のクリスマスグッズは見るだけで、心華やぎます

2階のアーサーズカフェでは、予約不要、ウォークインオンリーのアフタヌーンティーがお手頃価格で終日提供されていて気軽にアフタヌーンティーを楽しめておすすめです!

パーソナル・ショッピングサービス

パーソナル・ショッピングサービス ★★★★★
★★★★★パーソナル・ショッピングサービス

イギリスではゴージャスな気持ちで買い物にも挑みたいもの。英国デパート四天王(Selfridges, John Lewis, Harrods, Harvey Nichols)ほかイギリス最大規模のショッピングモールWestfieldなどが提供しているのがPersonal Shopping Serviceです。自分専用の部屋と試着室があてがわれ、シャンパンを飲みながらショッピングができます。欲しいものは頼めば担当者が持って来てくれます。

部屋の使用料金は基本無料ですが、300−500ポンド程度は使うつもりで来ないと、自分のために動いてくれる人に申し訳ない気持ちで最後に退出することになります。オプションで服や似合うカラーのコーディネートをお願いするサービスもあり、こちらは2時間で140−200ポンドくらいが相場のようです。

メジャーブランドからリーズナブルな小物までブランドの垣根を超え、すべての試着と購入ができるのが百貨店のパーソナルショッピングの利点です。

以上。

チャリティーショップ

チャリティーショップ ★★★★★
★★★★★チャリティーショップ

全国各地、何処にでもあり、日本でいうとことのリサイクルショップのようなものです。
但し、一つ大きな違いがあります。それは、要らなくなったものをお店に無料で提供し、その売上げを、それぞれのチャリティー団体に寄付するという慈善事業の一環で営まれているという点です。
リサイクルショップということで、掘り出し物に出会えるか否かは、専ら運次第ですが、良いエリアのお店ですと、そのご近所のお宅で眠っていただろうヴィンテージ物の良品に出会えることもあります。
先日も、ウェッジウッドのヴィンテージのソーサーセットを見つけて心踊りました!
更に、チャリティーにも参加出来るなんて、一石二鳥ですよね。
Used品(英:second hand)に抵抗の無い方は、ちょっと立ち寄ってみてみては?!

(画像は、一例として、私の住まいの近くにあるチャリティーショップのものです)

ロンドンの在住日本人に質問をする

ウエストフィールド

ウエストフィールド ★★★★★
★★★★★ウエストフィールド

ロンドンに旅行に来て、ショッピングに当てる日など決めていたのに、雨に降られてしまうという事が少なくないロンドンの天気。
ロンドンのオックスフォードサーカスから西方面に20分で欧州でトップレベルの大きさと店舗数が揃う、ウェストフィールドショッピングセンター(Westfield shopping Center)に行くのは、いかがでしょうか?
ハイストリートのショップは 店舗1つ1つが大型で商品も見つかりやすく、ルイヴィトン、プラダなどのハイブランドも揃っています。席数の多いフードコートは世界の料理がそろい、日本でも話題の液体窒素で作るアイスクリーム屋もあります。
お子様が喜びそうなイベントも多いし、キッザニア、休憩所もあるので、親御さんも快適にお買い物にグルメに楽しむことができます。

伝統的イギリス正統派リバティ、おしゃれなアップルマーケット、アバンギャルドなカムデンマーケット

伝統的イギリス正統派リバティ、おしゃれなアップルマーケット、アバンギャルドなカムデンマーケット ★★★★★
★★★★★伝統的イギリス正統派リバティ、おしゃれなアップルマーケット、アバンギャルドなカムデンマーケット

リバティはイギリスの伝統的なデパート、素敵なペイズリー生地の反物や、スカーフ、小物がかえます
コペントガーデンにあるアップルマーケットは、大量生産でないアーティストがオリジナルの作品をだしていて、
感激なものにであえるかも。
若い感性のあなたには、エイミーワインハウスが愛したカムデンマーケットがおすすめ。斬新的なお買い物ができます。
他にも紅茶ならフォータムアンドメーソン、大きなデパートのハロッズ、セルフリッジ、ハービーニコルズなでにいけばいろんなものが一度にみれます。

カムデンマーケット、ポートベローマーケット、バラーマーケットと、ロンドンはマーケットが充実!

カムデンマーケット、ポートベローマーケット、バラーマーケットと、ロンドンはマーケットが充実! ★★★★★
★★★★★カムデンマーケット、ポートベローマーケット、バラーマーケットと、ロンドンはマーケットが充実!

ロンドンには個性豊かなマーケットがたくさん。アンティークなら迷わずポートベローマーケットへ。バラーマーケットは世界の色々な食材が集合。歩いているだけで生唾が・・・色々なスタンドで食べ比べもGood。生ガキを色々なソースで頂くスタンドもあり。裏にちょっと入った所にあるお店は、濃厚なホットチョコレートが超有名で、いつも賑やか。カムデンは賑やかな若者の街。ロックでパンクな?お店が並び、チープで可愛いお土産も激安でゲット出来ます。

ロンドン各地のマーケット

ロンドン各地のマーケット ★★★★★
★★★★★ロンドン各地のマーケット

Broadway Market
食べ物、雑貨、古着など、出店以外もローカルのお店が両側にあり楽しいです
Borough Market
主に食べ物、野菜、チーズハム、コーヒーケーキなど
Colombia Flower market
お花、植物、鉢など買わなくてもカフェなどもあり楽しいです
Covent garden market
アンティークの曜日があります
Spital fields market
日替わりでお店が変わります
Notting hill market
ロンドン定番のマーケット、すべてのジャンル

その他たくさんあり書ききれませんが詳細ご案内できます

バラマーケット

バラマーケット ★★★★★
★★★★★バラマーケット

新鮮な英国産が豊富で、世界各国のユニークな食材が一度に手に入る。中間マージンが無いので安い上に交渉でさらに安く買える。
エリアがまとまっていて、表示も分かりやすいので、やたらめったら長いポートベロマーケットのようにくたくたになるまで歩き回らなくてもよい。
おなかがすいたら、流行のストリートフードがすぐに買える。あらかじめサイトでチェックしておけばテレビでおなじみの芸能人シェフのストリートフード屋台にもあえる。

ロンドンの在住日本人に質問をする

アティカ(前ブリッツ BLITZ )

アティカ(前ブリッツ BLITZ ) ★★★★★
★★★★★アティカ(前ブリッツ BLITZ )

ヨーロッパで一番大きなビンテージショップで日本からの取材もたくさんありアナザースカイなどでも数回取り上げられています。
洋服も綺麗で見やすく、ビンテージ以外の若手デザイナーのコレクションや、本なども置いてありリラックスしながらショッピングができます。
イーストロンドンのブリックレーンに立地しており、日曜日はスピタルフィールドマーケットが近くで開催されていてオススメのお店です

コロンビア・フラワーマーケット

コロンビア・フラワーマーケット ★★★★★
★★★★★コロンビア・フラワーマーケット

ロンドンにはたくさんのマーケットがあります。日本人にはバラマーケットが一番有名ですが、それ以外にも素敵なマーケットがたくさんありますよ!特におすすめは日曜日限定のコロンビア・フラワーマーケットというお花屋さんが出展するマーケットです。みんなお花や植物を買って持って歩いているので歩いているだけで幸せな気持ちになれ、ロンドンに住む人たち(Londner)の生活を垣間見ることができます!

プライマーク

プライマーク ★★★★★
★★★★★プライマーク

アイルランド初ファストファッションブランドで、ここ10年ほどで爆発的な成長したブランドです。この店の大きな紙袋をいくつも持った買い物客の姿はオックスフォードストリートの風物詩のようになっています。品質は日本のファストファッションと同等ですが、デザインや色・柄のセンスが日本のものにはないキッチュでポップなものが多く日本にまだ進出していないのでお時間がのぞいてみてください。

バラ•マーケット

バラ•マーケット ★★★★★
★★★★★バラ•マーケット

ロンドンブリッジの南岸にあるフードマーケット。いつも賑やかで、新鮮なシーフード•野菜やヨーロッパ各地の食材から 行列のできる各国料理の屋台グルメ、ハイクオリティなキッチングッズまで、食に関して揃わないものはありません。さすがはロンドンで 本当に各国の人が自国のグルメを紹介しているので、味も確かです。テムズ川沿いのお散歩のついでに立ち寄って、色々食べ歩きするのがおすすめ!

ウエストフィールド ショッピングセンター ストラットフォード シティ

ウエストフィールド ショッピングセンター ストラットフォード シティ ★★★★★
★★★★★ウエストフィールド ショッピングセンター ストラットフォード シティ

ロンドン最大級のショッピングセンター。(映画館も併設)
雨で暗くて寒いイギリスでの買物もこのショッピングセンターなら快適にできますよ。
日本人も満足できるフードコートはいろんな国の食べ物が手軽に食べれます。
ファッションは比較的若い子向けですが、イギリスのハイストリートブランドはほぼ揃ってます。アメリカブランドも。特に今若者に人気のビクトリアシークレットもありますよ!

ロンドンの在住日本人に質問をする

ニューアーク アンティーク・コレクターズ フェア

ニューアーク アンティーク・コレクターズ フェア ★★★★★
★★★★★ニューアーク アンティーク・コレクターズ フェア

2か月に一度開催されるヨーロッパ最大規模のアンティークフェア。
広大な84エーカー(東京ドーム約7個分)のショーグラウンドで開催され、最大2,500業者が参加。ロンドンから車で約2.5時間の距離にあり、英国のすべての骨董品市場の中で最も簡単にアクセスできる場所の1つです。
アンティーク家具・雑貨・ジュエリー、古着など、アンティークやヴィンテージ物、骨董品を調達するのに最も適な場所です。

ブロードウェイ・マーケット

ブロードウェイ・マーケット ★★★★★
★★★★★ブロードウェイ・マーケット

毎週土曜日だけ開かれるMarket。イギリスならではの食べ物や、個性豊かなお土産品から古着まで、なんでも揃ったマーケットです。
閑静な住宅街の中にあり、ロンドンの生活感を感じながらお買い物も楽しめます。
また、バスで15分~20分県内でShoredichという大きなマーケット街にも移動できるので、マーケットめぐりの1つとしておすすめしたい1つです。

イーストエンドの古着屋さん

イーストエンドの古着屋さん ★★★★★
★★★★★イーストエンドの古着屋さん

イーストエンドと呼ばれる東ロンドンには、古着屋さんがたくさんひしめいています。
かなりお手頃価格のお店から、手入れの届いた美品まで様々。
まずは、日曜日にフードマーケットでも賑わうブリックレーン周辺からご覧になってはいかがでしょうか?
以下に何店舗かオススメをまとめましたので、ご参考までに!

オックスフォードサーカス界隈

オックスフォードサーカス界隈 ★★★★★
★★★★★オックスフォードサーカス界隈

東京でいえば銀座のように常に買い物客であふれる場所です。Selfridge、John Lewis、Libertyなど大型デパートが立ち並び、ZARAやTOPSHOPなどのアパレルショップも充実しているのでここで手に入らない商品はないといっても過言ではないです。
クリスマスの時期は大通りにイルミネーションが飾られ夜に行くととてもきれいです。

ロンドンの在住日本人に質問をする

その他のロンドン在住日本人のおすすめ

イギリスの各エリアのおすすめショッピング・買物スポット

マンチェスターオックスフォードサウサンプトンイーストボーンブライトンリーズカンタベリーノリッチケンダルデヴォンアビンドンストーク・オン・トレントベッドフォードシャーレディングウィンチェスターロチェスター(イギリス)コッツウォルズメイデンヘッドサリーヨークシャーセント・オールバンズブリストルボーンマスイプスウィッチバースヘイスティングスシェフィールドノッティンガムコヴェントリープリマスレスタースラウダービーバーミンガムバンベリーケンブリッジリバプールグロスターワイト島ハンガーフォードチェルムスフォードアッシュフォード(ケント)ヨーク(イングランド)ハートフォードシャーヘレフォードサンダーランド(イングランド)トーントン(サマセット)ライ(イーストサセックス)サセックス(イングランド)ファーンハムハウンズローマルバーンフリートサウス・シールズワージングニューカッスル・アポン・タインリンカーンシャーフォークストーンチェルトナムノーサンプトンアイルズベリーランカスター(イギリス)ギルフォードエクセター(イングランド)ミルトン・キーンズグリニッジハイ・ウィカムメードストン(イングランド)バンガーポーツマス (イングランド)ドーチェスター(イングランド)アクスブリッジトゥルーロ(イングランド)トーベイ(イングランド)ニューベリースウィンドン(イングランド)シュルーズベリー(イングランド)カンブリア(イングランド)サネットダグラス (マン島)ハミルトン(イギリス)ウォリック(イングランド)プール (イギリス)ソールズベリー(イギリス)ハンティンドンシャーブラッドフォードイーリーウスターダラムハミルトン (バミューダ)コーンウォールルイスミドルズブラロイヤル・タンブリッジ・ウェルズ