サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

マドリードの旅行ガイド情報

スペイン・マドリードの物価は安い? 交通費、食費、宿泊費のまとめ

【スペイン・マドリード在住者執筆】

近年、物価が上がっているマドリード。
今回は、スペイン・マドリードの物価を食費、宿泊費、ショッピング、交通費、入場料に焦点を当ててまとめてみました。

スペインは全体的に安いというイメージはありませんか?
食料品や交通費は日本と比べて安いのですが、意外にも外食が高めです。
近年はツーリストが増えたこともあって、宿泊施設はどんどん値上がりしています。
以下でもっと詳しく見てみましょう。

*1€=120円 (2019年7月現在)

マドリードの食費の目安

チェーン店


出典 : Instagram

商品によって差がありますが、マドリードは意外にも日本と同じくらい、あるいは少々高い傾向です。

商品 値段(マドリード) 値段(日本)
スターバックス カフェラテ (Tall) 約360円 380円
マクドナルド ハンバーガー 約120円 100円
マクドナルド ビッグマック 約520円 390円

レストラン


出典 : Instagram

ランチ

平日のランチタイムはどこのレストランも、たいてい 「Menu del día」というランチセットを出しています。
10〜12€ (1,200〜1,500円) 程度です。
前菜、メイン、デザートにパンと飲み物がついてきます。

ディナー

ディナーはお店によってもかなり違いが出てきますが、お手頃なところで20€、ちょっと高めのところでは少なくとも30€ (3,600円) 以上になります。

バルやカジュアルなレストランでタパスやピンチョスを頼めば、15〜20€ (1800円〜 2500円) くらいに抑えられます。

カフェ


出典 : Instagram

マドリードでは、おしゃれなカフェが増えてきていますよ。
Café con Leche と言われるカフェラテは約1.5€ (180円)、クロワッサンは1つ1.20€ (150円) くらいです。
カフェではたいてい、ボカタというサンドイッチなどの軽食も出しています。

ビールやその他アルコールの値段

バルなどでは通常、ビールやワインは2~3€ (240〜360円) が目安です。
最近はやりの、ホテルなどの屋上テラスでは、ビールやワインが最低でも5€、カクテルとなると10€ (1200円) 以上することもあります。

ショッピング

日用品・生活用品

外食で言えばマドリードは日本より高めですが、食料品や生活用品はマドリードの方が安いです。
レストランなどでは500ml入りミネラルウォーターで2€ですが、スーパーでは1本 (1.5L) で0.50€ (60円) ほど。
缶ビールも、1缶 (330ml) が0.50€前後です。
絞りたてオレンジジュースはバルなら3~4€ (360円〜 480円) しますが、スーパーなら500ml入りが2€ (240円) 足らずで購入できます。

ファッション (服・ファッション雑貨)


出典 : Instagram

ZaraやMangoの本拠地スペインでは、服が日本よりもかなりお手頃です。
Zaraに関しては、東京より10〜15%程度お手ごろで、革製品に関しては3割以上安く購入できます。
1月と9月のバーゲンシーズンはさらに価格が下がるので、大変お得です。

観光に掛かる料金の目安

航空券

航空券比較サイト「スカイスキャナー」によると、東京発マドリード行きの料金の相場は、年間平均で約10万円。
最も安い月は2月で約 ¥78,000、逆に、最も高い月は8月で約 ¥128,000です。
マドリード行きの一番安い航空チケットが見つかるタイミングは、出発の約5ヶ月前となっています。

交通費


出典 : Instagram

  • 地下鉄・市内バス料金:地下鉄・バス共通10回券 (Metrobús) 12.20€ (1500円)。複数人で使えます。

  • タクシー料金:平日は初乗り2.50€ (300円)。日本よりも20%ほど安く利用できます。

  • 空港からのシャトルバス「エアポート・エクスプレス」料金は5€ (600円)

マドリード宿泊費


出典 : Instagram

マドリードのホテルは、近年ツーリストが増えたこともあって、価格がどんどん上昇中。
シーズンにもよりますが、3ツ星以上のホテルなら最低でも一部屋2人100€ (12.000円)からになります。
ホステルなら、一部屋2人で50€ (6.000円)からでも見つけられるでしょう。

マドリードの入場料


出典 : Instagram

王宮や、プラド美術館、ソフィア王立芸術センター、ティッセン=ボルネミッサ美術館への入場料は10€ (1200円) から15€ (1800円) の間です。
これらは夕方5時ぐらいから入場無料になりますが、ハイシーズンだと長い行列ができる可能性もあります。

ショッピングおススメ情報

お土産やショッピングのおススメをご紹介します。

  • El Corte inglés グルメコーナー

普通のスーパーより少し高めですが、種類が充実して商品の見栄えもよく、アンチョビの缶詰やお菓子などちょっとしたお土産が手に入れられます。

  • コーヒー

日本は生ハムの持ち込み規制が厳しくなったのでお土産に困りますが、粉のコーヒーを持って帰ると意外にも喜ばれます。

スーパーの物でも喜ばれますが、せっかく買うなら「Cafés Pozo」というショップで売っているブレンドコーヒーがおススメです。
「Cafés Pozo」はマドリードのブランドで、バルでもよくここのコーヒーを使っています。


出典 : Instagram

写真の商品がおススメのブレンドコーヒーで、イタリアの権威ある賞を近年受賞したらしいですよ。
パッケージがかわいくて美味しいので、おススメです。
4€ (500円)ほど。
土曜は午前中のみ、日曜は休みです。

  • Calle de Fuencarral, 53

  • Calle de Atocha, 28

    • ラス・ロサス・ビレッジ (Las Rozas Village)


出典 : Instagram

マドリード郊外にある大型アウトレットモールです。
100を越える世界の有名ブランドが入っており、通常価格の30%、最高で60%オフでのお買物が楽しめます。
マドリード市内からタクシーで30分ほど、バスも1日に何本か出ています。

まとめ

マドリードは外食は日本と比べて高めですが、食料品・アルコールはお手ごろです。
ホテルの代わりにアパートを借りて、スーパーを利用してみるのも安上がりでいいですね。
交通費も安く、タクシーも日本よりお得なので大いに利用しましょう。

また、ファストファッション本拠地のスペインでは、Zaraをはじめ、服が日本よりもかなりお手頃です。

分からないこと、知りたいことがあれば無料Q&Aでロコに質問もできますので、ぜひ利用してみてくださいね!