サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

ベルリンの旅行ガイド情報

IFA 2020 で商談・交渉をサポートする通訳を探す方法

2020年9月4日~2020年9月9日にドイツのベルリンで開催される、世界最大の国際家電製品見本市「IFA 2020(アイエフエー 2020 / 国際コンシューマ・エレクトロニクス展)」での商談・交渉をサポートする通訳を探す方法をご紹介します。各国から見本市に人が集まるため英語での交渉は必須で、ドイツ語など出展者の言葉ができる通訳なら商談をさらに進めやすいでしょう。


出典 : Instagram

IFA 2020 では英語・ドイツ語での商談・交渉が必要?

世界中から出展者・参加者の集まるIFA 2020 での商談・交渉に必要な言語について解説します。

IFA 2020 では英語での商談・交渉が必須、出展者の言葉ができればさらにベター

展示会の共通言語は英語のため、英語での商談・交渉は必須です。ドイツ語など出展者の言語ができればなお良いでしょう。

IFA 2020 には英語版の名刺も持参すべき

どの国の人にも読めるように、英語版の名刺を持参しましょう。名刺は英語だけでなく日本語を併記したり、表を英語、裏を日本語にすると、外国人の目にエキゾチックに映って印象に残りやすく、商談・交渉を始める会話のきっかけにもなるでしょう。

服装やマナーについて解説したこちらの記事もぜひご覧ください。

参考:ロコタビ|IFA 2020 にはどんな服装で行くべき? マナーや注意点もあわせて解説!

IFA 2020 での商談・交渉を成立させるコツ


出典 : Instagram

商談・交渉を成立させるには、コミュニケーションが重要です。通訳がいても、日本語の「起承転結」で考えると最後まで話をしないと要点が伝わらず、もどかしく思われてしまいます。欧米のビジネスの場面では、要点を簡潔にまとめ、「目的→理由→結論」の順に話を展開しましょう。

コツ① 英語・ドイツ語が堪能な現地通訳にアテンドしてもらう

展示会の共通語である英語が堪能な通訳がいれば、商談・交渉がスムーズに進めやすくなります。ドイツ語など出展者の言語ができればさらに良いでしょう。

ロコタビなら、英語やドイツ語が堪能で、展示会の通訳・アテンドができるベルリン在住の日本人を見つけられます。

コツ② 英語が堪能な社員を参加メンバーに加える

社内に英語が堪能な社員がいれば、見本市の参加メンバーに加えましょう。社内の事情に精通している社員なら、商談・交渉を進めやすいでしょう。
英語の堪能な社員がいなければ、ロコタビで、英語やドイツ語の堪能なベルリン在住の日本人に通訳やアテンドをお願いするという方法もあります。

IFA 2020 で商談・交渉をサポートする通訳を探す方法

商談・交渉成立への第一歩は、言葉の壁を乗り越えることです。現地で見本市参加をサポートする日本人通訳を探す方法をご紹介します。

ロコタビ(LOCOTABI)を利用する

ロコタビは、海外でお手伝いが必要な日本人旅行者と、スキルや経験のある現地在住日本人をマッチングするプラットフォームです。
サービス内容はカスタマイズ可能で、ニーズに合わせて通訳やアテンド、各種手配、見本市期間中に混み合うホテルの予約代行や、エレクトロニクス業界関連スポットの案内などを依頼できます。現地事情に詳しい日本人が対応しますので、言葉や文化のハードルを気にせず、限られた滞在期間で効率よくビジネスに集中できるでしょう。
現代と歴史が共存するベルリンで、視察後の観光案内をお願いすることもできます。

IFA 2020 の視察時に、柔軟で安心安全な日本人の現地サポートを受けたい方は、下記のページから情報をチェックしてみてください。

ベルリン在住日本人が展示会・見本市の視察をサポート |ロコタビ


出典 : Instagram

まとめ

IFA 2020 は、世界のエレクトロニクス業界・IT業界とつながる年に1回のビジネスチャンスです。慣れない海外での見本市視察や商談でも、現地事情に精通してサポートのできる日本人の通訳がいれば心強く、商談や交渉を進めやすくなるでしょう。
ロコタビでは、ベルリン在住の日本人に無料で質問もできますので、お気軽にお問い合わせください。