サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

ベルリンの旅行ガイド情報

ドイツ・ベルリンのコンセントはC/ SEタイプ! 変換プラグは100均で購入がおすすめ

【ドイツ・ベルリン在住者執筆】 ドイツ・ベルリン旅行の際に、普段使っているスマートフォンの充電はどうしたらいいの? ヘアアイロンは使用できる?

この記事では、これらの疑問を解決します。

日本とドイツのコンセント、電圧の違いをベルリン在住者が分かりやすく解説します。

コンセントの形状、電圧は世界共通ではありません。

日本のコンセントはAタイプ。電圧は100Vです。

普段使用している電化製品を旅行先でも使用したい場合には、変換プラグが必要になります。

電化製品によっては変圧器が必要となる場合もあります。間違った使用をすると電化製品の故障、感電、火事に発生する場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

ドイツのコンセントの形状

一般的にドイツのコンセントはCタイプ

ドイツ・ベルリンのコンセントの形状はCタイプまれにSEタイプもありますが、あまり見かけません。

変換プラグは100均で購入可能

スマートフォンやパソコン、デジタルカメラの充電は変換プラグを使用するば、そのままベルリンでも充電できます。短期の旅行であれば、お手軽に100均で売られている変換プラグで問題ないでしょう。
頻繁に旅行する場合は世界共通で使用できる変換プラグを電化製品店にて購入しておけば、どこに行くにも安心です。

ドイツの電圧と変圧器

ドイツの電圧は230V

ドイツの電圧は230Vです。変圧器を使用すれば、日本の電化製品もドイツで使うことができます。

持ち運びできる小さいサイズの変圧器は消費電力が限られているため、ドライヤーなど消費電力が大きいものは使用できないこともありますので、事前に確認しておきましょう。

変圧器が必要なものと必要ないもの

変圧器が必要ないもの
基本的に全世界対応100V〜240Vの製品は変換プラグを差し込むだけで使用できます。

  • 携帯電話
  • ノートパソコン
  • デジタルカメラなど

変圧器が必要なもの
ヘアアイロンやヘアドライヤーなどは使用する際に変圧器が必要です。
お手持ちの家電製品と変圧器の最大消費電力を確認し、制限内の家電商品のみ使用してください。ドライヤーは消費電力が大きいため注意が必要です。

消費電力とは?

旅行に必要な電化製品の消費電力(W:ワット)を予め把握しておきましょう。

電化製品 消費電力(目安)
電気シェーバー 5~10W
携帯電話 15W
デジカメ 3~6W
ノートパソコン 50~120W
ヘアアイロン 150~240W
ドライヤー 600~1500W
炊飯器 350~1200W

外出先で電源を使う

空港

テーゲル国際空港にはコンセントやUSB差し込み口が備え付けられており、自由に充電できます。

ベルリン中央駅の中にマクドナルドが入っています。24時間オープンしていますので困ったときには行ってみましょう。

カフェ

ベルリン市内のカフェではパソコン使用OKのカフェとNGのカフェがあります。

カフェによってはテーブルごとに仕切られている場合も。WiFi提供しているカフェであれば、コンセントを利用することができます。

ホテル

ホテルには必ずコンセント差し込み口があります。
ビジネスホテル系列であれば、ノートパソコン用のUSB差し込み口も用意されています。

電車

ICEなどの長距離電車に加え、近年では短距離の電車でも、コンセントやUSB差し込み口が備え付けられています。

スマホやパソコンを充電する

お使いのスマホやパソコンは変換プラグを使用するだけで基本的に充電可能です。スマホ、パソコン、デジカメなどは世界対応しているデバイスがほとんどです。

変換プラグや変圧器を忘れてしまったときは

ホテルの貸出サービスを利用

うっかり変換プラグを忘れてしまった時には、ホテルのロビーに貸出しているか聞いてみましょう。

コンセントが足りない場合は?

最近人気なのはUSBポート付きのたこ足コンセント。スマートフォンやデジカメなど同時に充電できて、変換プラグも1個で済むためとっても便利です。

現地で購入

ドイツ・ベルリンの電化製品店でも変換プラグや変圧器を扱っていますので、万が一忘れてしまった場合は現地で購入できます。値段も日本とそれほど変わらないでしょう。

SATURN BERLIN ALEXANDERPLATZ

  • 営業時間:月〜土曜日 10時〜21時 ※日曜定休日
  • 住所:Alexanderplatz 3 10178 Berlin

まとめ

ベルリンはEUのシリコンバレー的な存在でもあるので、変換プラグがなくてもUSBケーブルだけでスマートフォンの充電は宿泊施設によっては、可能です。変換プラグは持ち運びも簡単で値段も低いのでひとつあるとやはり安心です。いつもお使いの大切な電化製品をベルリンでも安心して使うために、事前に準備しておきましょう。