サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

ソウルの旅行ガイド情報

ソウルの両替所レートランキング!お得な両替とカード大国の決済事情

【ソウル在住者執筆】ソウルへ旅行に行く際に気になるのが両替事情ですよね。
両替の方法も、日本国内・空港・市内・ATMなどさまざまな種類があります。
今回は、現地在住者が一番レートよく両替ができて、お得に旅行を楽しめる両替方法を解説します。

海外旅行で必ず必要になってくる、外貨両替。韓国も例外ではありません。
韓国旅行の場合は、現地に到着してから両替した方がお得です。最近では、現地ATMで引き出せる外貨両替サービスもあります。

韓国・ソウルの通貨の種類

韓国の通貨は、「₩(ウォン)」
コインは、10ウォン(約1円)~500ウォン(約50円)、紙幣は、1,000ウォン(100円)~50,000ウォン(約5,000円)まであります。

為替レートは2019年10月時点で1000ウォン=91.9円です。
ドルが高くなるとウォンも高くなる傾向にありますが、現在は円高の影響もあり5年前に比べてレートは大分安くなりました。

為替レートは日々更新されるので、レートも変動しますが、簡単に計算する方法は、表示金額から「0」を1つ取るとだいたい日本円になります。
₩2,000と表示があれば、約200円になります。

ソウルで両替できる場所

両替は、空港・市内の銀行・両替所・ホテル・デパートなどで可能です。レートは、場所によって微妙に異なります。

レートがいい順番は、両替所>市内の銀行>空港>ホテル=デパートです。
両替所は、手数料無料のところが多いです。

同じ地域の両替所でも、店舗ごとにレートが違いますので、2-3件まわってみて、一番レートがいい両替所で両替しましょう。

観光客が多い明洞、外国人が多い梨泰院、南大門、東大門市場がある東大門には外貨両替所がたくさんあります。

空港

到着してすぐの場合、空港内に韓国内の大手銀行のブースが等間隔であります。
空港内で両替する場合は、どの銀行ブースでも、ほぼレートは変わりません。

仁川空港の場合は、朝の4時~夜の23時くらいまでオープンしています。(銀行によっては、営業時間が異なります。)

空港内の銀行での両替は、ソウル市内の両替所と比べると、レートはよくありません。
ソウル市内までの交通費程度を空港で両替して、明洞などで改めて両替するのが、一般的な方法です。

銀行

できるだけ両替所などで両替することをおすすめしますが、江南地区は両替所が少ないので、両替できる場所は銀行しかありません。

ソウルの銀行は、土日祝日はお休みです。営業時間は、朝9時~16時まで。パスポートは念のため持参しましょう。
「EXCHANGE」「両替」「환전」の看板があれば、時間内であれば両替は可能です。おすすめの銀行はウリ銀行、KEBハナ銀行、新韓銀行などです。

特に、KEBハナ銀行はWebなどで配布されているクーポンを見せることで、手数料が60%割引になります。使用の際は印刷したクーポンを見せるか、クーポン画面を見せればれば使えます。
※仁川国際空港の視点では30%になるのでお気をつけください。

その他の方法

最近では、LINE Payの外貨両替を利用して、ウォンへ両替する方も増えています。宅配で自宅まで届けてくれる方法もあります。

他にも、LINEPayの「韓国ATM両替」を使って、韓国の新韓銀行のATMでウォンを引き出す方法もあります。
レートも、明洞や東大門とほぼ同じくらいです。これは、韓国旅行中でも、LINEアプリから操作ができるので、両替所が見つからない場合はとても便利です。
ソウル市内には、24時間稼働中のATMが結構ありますので、覚えておくととても便利です。ATMも「Language」「언어」ボタンで、日本語に切り替えて操作すれば、日本のATMとほぼ変わりません。

ソウルの両替所のレートランキング

第一位 南大門(ナンデムン)・ミウ両替

ここは有名所だと思いますが、レートがいいことで有名な南大門の「ミウ両替」です。日本語が通じることもあり、両替する際にも安心してできるのではないでしょうか。
レートや手数料ももちろんよく、南大門に用事がある場合はここで間違いないでしょう。

  • 場所 ソウル特別市 中区 退渓路 37/地下鉄4号線会賢(フェヒョン)駅すぐ。
  • 営業時間 月~金曜8:00~19:00、土曜8:00~18:00、日曜定休

第二位 明洞・テバッナラ両替所

明洞といえばここか、下記のロサ公認両替所が有名ですね。
どちらもレートは同じなので、近い方に行けばいいでしょう。

  • 場所 ソウル特別市 中区 明洞1街 10-5, 2F
  • 営業時間 月~日7:30~19:00

第二位(同列) 明洞・ロサ公認両替所

上記に同じで、レートが同じなので近い方に寄りましょう。南大門に用事がなければ明洞で換えてしまうのが一番です。

  • 場所 ソウル特別市 中区 三一大路 305
  • 営業時間 月~金曜9:00~19:30、土曜10:00~18:00、日曜定休

ソウルでは空港と市内どちらで両替すべきか?【結論】

両替1万円以下のあなたには【空港】がおすすめ

現金は最小にして、あとはクレジット払いにするという人は、空港で両替してしまったほうが後々楽かもしれません。
金額が少なければ損をする額もそこまでなく、わざわざレートのいい場所へいくほうがかえって高くつく場合もあります。
1万円以下の両替を希望する方は空港がおすすめです!

両替1万円以上のあなたには【市内】がおすすめ

反対に、両替1万円以上したいという人は市内までの支払いをクレジットカードで払ってしまい、市内についたら両替するほうがおすすめです。
空港は基本的にレートが悪いため、まとまったお金を両替する場合は損をする額が大きくなってしまいます。
異万円以上の両替を希望する方は市内がおすすめです!

ソウルのATMでキャッシングをする方法

韓国では、コンビニで100円未満のもの1個でもカードで支払いするほどのカード大国。
筆者も、屋台や市場の買い物以外はすべてカードで支払いますので、ほぼキャッシュレスで生活しています。現地の人から見ると、現金で支払いする人は、ほぼ観光客に見えるそうです。

使用できるカードも、VISA・マスターカード・JCB・アメックスは問題なく利用できます。
たまに、海外発行のVISAやJCBカードを読み取れないカード決済端末があるお店がありますので、クレジットカードは最低でも2-3枚は準備してほしいところです。

カード決済でほぼ大丈夫なので、基本的に交通費と屋台と市場での買い物用以外は、現金はあまり必要はありません。

ソウル市内のコンビニには、ATMがほぼあります。数は日本と同じくらいです。
現金が少なくなった時は、カードのキャッシングサービスを利用して、ウォンを引き出すことが可能です。

ただしキャッシングする場合は、海外キャッシング機能のあるカードが必要です。利用にATM手数料と利息はかかりますが、比較的お得にウォンを入手できます。

ATMのキャッシング方法

  1. クレジットカードを入れる

  2. 「日本語」もしくは「International」ボタンを押して言語を選択・変更

  3. 「国内発行カード」か「海外発行カード」かを選択

  4. 「普通預金」「当座預金」「クレジットカード」を選択する

  5. 「引き出し」ボタンを選択

  6. 暗証番号を入力

  7. 引き出し金額を入力

  8. 現金、明細書、カードを受け取ること!

  9. 操作終了を確認する(受け取りが完了しない場合操作も終了しません)

以上です。操作自体はとても簡単なので、是非試してみてくださいね。

ソウルでの両替時によくある質問【Q&A】

Q. 両替時に必要なものを教えてください。

パスポートはかならず用意してください。あとは両替するお金です。

Q. 深夜便で行く予定なのですが市内の両替所はやっていますか?

市内の両替所はしまっている可能性があるので、空港の両替所へいくか、ATMでキャッシングしましょう。

Q. LINE Payに対応しているATMは仁川空港にありますか?

新韓銀行のATMでウォンを引き出すことができます。

Q. 両替レートの見方を教えてください。

両替レートには「We buy」と「We sell」の2通りがあり、日本円を韓国ウォンに変えたい場合はWe buyのレートを見て、韓国ウォンを日本円に変えたい場合はWe sellのレートを見ます。

Q. 余ったウォンはどうすればいいですか?

そこまで大金で余っていない場合は、次の旅行に回すといいでしょう。
どうしても交換したい場合は、銀行もしくは、両替所で交換しましょう。ですが、もちろん損することになるので、日本円からウォンに換える際にいくら使う予定なのか計算して、換えすぎないようにするのがベストです。
また、両替所を探す場合は円→ウォンのレートが良い両替所で大丈夫です。手数料が安いところであれば、ウォン→日本円の際もいいレートで受け取れるでしょう。

Q. 両替所は休日や祝日でもやっていますか?

公認両替所は年中無休のところが多いです。ですが、秋夕(チュソク)や旧正月(ソルラル)などの連休中は休業するところもあるので注意しましょう。

Q. 両替所とATMどちらがお得に両替できますか?

どこで両替するかによります。空港で両替をするのなら、ATMでキャッシングしてしまったほうがかえって安い場合もありますし、市内でまとめて両替するのならそちらのほうがお得な場合もあります。

Q. 交通カードってどこで使えるの?

交通カード(T-Moneyカード)は、バスや地下鉄だけでなく、タクシーやコンビニでの決済にも使用することができます。
余計な小銭を増やしたくないという方は、旅行で訪れた際にカードを作って、お金をチャージして使うといいでしょう。

Q.韓国の自動両替機「WOW EXCHANGE」って何?

韓国にできた自動両替機「WOW EXCHANGE」は、オレンジ色をした両替機で、明洞や東大門、一部ホテル、Nソウルタワーなどの観光地や、地下鉄の光化門駅や金浦空港駅、空港鉄道の仁川空港・第1ターミナル駅など旅行者が利用する施設に置かれています。

空港や市内の銀行よりも良いレートで外貨からウォンに両替することができ、日本語での操作が可能なため、かなりおすすめの両替機です。
利用にはパスポートのスキャンが必要ですが、両替するときは持ち歩いていると思いますので問題ないでしょう。

ソウルでの両替時の注意点【在住者目線で解説】

注意点①:パスポートは持参する。
パスポートがなければ両替ができなかったり、免税を受けることができません。また、何かあったときのための証明にもなるので、旅行中はホテルに置いておかずに、失くさないよう持ち歩きましょう。

注意点②:まとめて両替をする。
両替する際には手数料が発生します。また、端数は切り捨てられてしまうので、できるだけまとめて両替することを心がけましょう。

注意点③:両替後は金額が正しいか必ず確認する。
あとで金額やレートが間違っていた場合でも、返してくれることはありません。その場で確認してその場で言いましょう。

まとめ

ソウルでの両替は、

  • 空港では1万円程度でとどめて、明洞や南大門・東大門などで改めて両替する。
  • クレジットカード決済を上手に利用する。
  • 韓国旅行中でもOKな、LINEPayの「韓国ATM両替」を上手に利用する。

こちらをぜひ参考にして、是非韓国旅行を楽しんでくださいね。

また、ロコタビでは現地在住者「ロコ」が提供するサービスを受けることができます。
旅行のツアーや空港送迎、翻訳ガイドやホテルの予約など、依頼したい場合は是非ご利用ください。また、無料Q&Aもありますので、お気軽に質問どうぞ!

以上、ソウルの両替事情についてでした。