サービス停止のお知らせ:2024年6月17日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

シャンハイ(上海)の旅行ガイド情報

上海でのお得な両替!「円→人民元」おすすめの替え方を現地在住者が紹介します

【2019年最新情報】上海で両替をする方法としては、日本国内・中国国内の空港・市内・ATMなどさまざまな種類があります。
今回は、現地在住者が一番レートよく両替ができて、お得に旅行を楽しめる両替方法や情報を解説します。
クレジットカード事情、よくあるQ&Aも案内していますので、是非最後までご覧ください。

中国・上海の通貨の種類と為替レート

上海で使用できる通貨は中国人民元(人民币、RMB、CNH、中国元)。
人民元は、米ドルの動きとほぼ連動しているため(諸説あります)、円高になると日本人的は安さが増し、円安になると現地の物価が高く感じられます。

<人民元の紙幣>

人民元の紙幣は、1元、5元、10元、20元、50元、100元の6種類あります。補助通貨として、1・2・5角札もあります(10角=1元)。
元の紙幣に描かれている肖像画は中国建国の父と言われている、毛沢東です。全ての元紙幣に毛沢東の肖像画が使用されており、金額によって紙幣の色が変わります。

<人民元の硬貨>

人民元の硬貨は、1角、5角、1元が主に流通しています。現在では見ることはほとんどありませんが、1分硬貨もありました(10分=1角)。
硬貨はお釣りなどで使用される程度で、ほとんどは紙幣が利用されていると考えてOKです。

<人民元の為替レート>

中国の人民元への両替で注意したいのは、数年で大幅に為替レートが変わること。
2012年ごろは1元≒約12円だったのが、急激に円安が進んだ2014年には約19元円になっています!

1200円で買えた100元の商品が、2年後には1900円になってしまったことになります。

2019年9月現在は1元≒15〜16円で推移中。「以前上海に行ったときの物価」はひとまず考えず、今現在のレートを見て旅の予算を決めましょう。

その日のレートは両替所に掲示されます。日本円は「日元」と呼ばれています。
さっと調べたい場合はこちらで確認してみましょう。

上海でお得に両替できる場所と方法

続いて、上海で両替を行うことのできる場所と、両替方法について解説していきます。
基本的には、上海浦東国際空港、上海虹橋国際空港、銀行窓口、ホテルのフロント、ショッピングモール内などが両替できる場所となります。

結論からお伝えすると、国内で少額両替を行い、現地では市内の銀行で両替するのがベストです。

【空港の両替所】

到着してすぐ両替するなら空港で両替を行いましょう。

日本から上海を訪れる際は基本的に、「上海浦東国際空港」と「上海虹橋国際空港」を利用することになります。荷物受け取りフロアや到着口を出たところにすぐ窓口が見つかります。

ただし、空港内での両替時には1回につき50〜60元(1000円前後)の手数料が引かれてしまうため、出張者、在住者、中国慣れしている外国人は空港の両替所を使いません(そのため、空港の両替所はどこもガラガラ)。
日本国内で小額(市内への交通費、一日目の食事代程度)を両替しておき、市内の銀行で改めて両替するのがポピュラーな方法です。

空港で両替をする人は少数派。メリットは並ばなくてよいこと。

合わせて読みたい記事:上海浦東国際空港からの市内への移動アクセス方法・手段ガイド

合わせて読みたい記事:上海虹橋国際空港からの市内への移動アクセス方法・手段ガイド

【銀行で両替する】

上海市内の銀行の軒数はコンビニと同等だと言われるほどで、どこでもすぐ見つかるので安心です。
入り口に「Exchange」のプレートのある銀行ならどこでも両替可能。平日の午前中はやや混み合うため、夕方4時以降の利用をお勧めします。
また、土日も営業しているので便利。係員は英語で対応してくれます。

<両替できる主要銀行>

  • 中国銀行
  • 中国工商銀行
  • 招商銀行
  • 浦発銀行
  • 上海銀行

<一般的な銀行の営業時間>
平日 8:30〜17:00 
土日 9:00〜16:00 
祝日(春節など) 10:00〜16:00

<両替までの流れ>

  1. 入り口で順番待ちのカードを受け取る。
  2. 番号を呼ばれたら窓口へ。
  3. 両替したい日本円とパスポートを渡す。
  4. レートを確認し指定の用紙にサインなどを記入。
  5. 人民元を受け取る。

※日本円に再両替する際、領収書やサインした用紙が必要になるのでとっておきましょう。

おすすめは中国銀行です。

【その他の方法】

一定ランク以上のホテルに滞在する場合は、ホテルのフロントで両替するのが1番おすすめです。ストレスフリーでスムーズに両替できます。

外国人の多い商業施設(上海亜太新陽服飾礼品市場、虹橋国際珍珠城など)にも、両替カウンターがあります。また、中級クラスのホテルのロビーにはATMのような自動両替機が。日本語のタッチパネルで操作できます。

一方、避けたいのは闇両替。銀行や正規のカウンター、両替機以外での両替には関わらないでおきましょう。
「いつもこの人に両替を頼むから大丈夫」「銀行はレートが悪い」などと言ってくる人がいますが、トラブルがあったときの保証はありません。友人や同僚の勧めでも絶対ダメです。

安心安全、サービスも文句ナシなのはホテルでの両替。

上海のクレジットカード事情

VISA、Master、JCBなどのクレジットカードは、ホテル、主要デパート、ショッピングモール、外資系レストラン、観光客の多いショップや飲食店で使用できます。
そのため、「地元の人目線で旅したい」「ローカル店でB級グルメを食べたい」「市場で値切りながら買い物したい」という場合は、クレジットカードを持っていてもあまり役立ちません。どんな場所で買い物、食事をしたいかで、カードで支払いするか現金にするかが変わってきます。

中国旅行をした記念に、「銀聯カード」を作ってしまうのも手です。(主要銀行にてパスポートの提出で作れます)
国内(市内)のほとんどの店舗で利用でき、使い切れなかったカード内の人民元は、帰国後セブン銀行などのATMで日本円に替えて引き出すことができます。もちろん、日本でもクレジットカードとしてお買い物に使えます。

カードが便利に使える上海ですが、まれに高級店でもカード読み取り機が壊れていることがあります。「今日だけ現金のみの対応です」と言われてしまうことも。現金も困らない程度に用意しておきましょう。

上級編:WeChat Pay(微信支付)アプリで支払えるのか?

「銀聯カード」を作ったら、スマホに「微信支付(WeChat Pay)」のダウンロードを。中国ではLINEやTwitterが使えないため、中国旅行中は「微信」のアプリをダウンロードするのが外国人の間でも近年常識化しています。
微信には「ウォレット」なる機能が。自分の銀聯カードの情報を入力すると、スマホでお買い物ができてしまうんです。これさえあれば、一般的な商業施設はもちろんローカルなショップや飲食店、八百屋さんなどでも使用できます。クレジット払いよりも便利かもしれません。

もう一つ、銀聯カードとiPhoneを持ってさえいれば使えるのが2016年春に始動した「Apple Pay」。コンビニやチェーン店舗などを中心にすでに定着しています。
日本よりも電子商取引が格段に進んでいる中国ですが、近いうちに「とりあえず銀聯カードとスマホがあれば、空港や銀行での両替なんて考えなくてOK」な時代になるのかもしれません。

このように中国ではさまざまなアプリでお買い物ができます。

上海のATMでキャッシングをする方法

続いて、上海のATMで海外キャッシングをする方法をご紹介していきます。

おすすめのATMは中国銀行

上海浦東国際空港、上海虹橋国際空港にATMが設置してある中国銀行では、簡単に海外キャッシングすることができます。
レートも悪くないため、繰り上げ返済できるクレジットカードなどをお持ちの方や、ピンポイントでお金が必要!という方にはおすすめです。

実際のATMでのキャッシングの方法

ATMでキャッシングする手順は以下です。

  1. ATMにカードを挿入
  2. 言語選択で「日本語」を選択
  3. 暗証番号を入力
  4. クレジット口座を選択
  5. お引き出しを選択
  6. 金額(人民元)を入力
  7. 利用明細票の印刷有無を選択
  8. カード受取を選択
  9. カードと人民元を取り出す

以上がATMで海外キャッシングを行う方法です。

基本的には、海外キャッシング時には2つの手数料がかかります。

①現地ATM手数料(ATMのオーナー)
②海外ATM手数料(カード会社)

上記にプラスして、「日本円→人民元」への為替レート(例えばVISAならVISAの所定レートがあります)を計算した金額がかかります。

クレジットカードの種類によって、①がかからないものがあるので、一度お手持ちのクレジットカード情報をお確かめください。

上海での両替時によくある質問【Q&A】

Q. 両替時に必要なものを教えてください。

A. 基本的に、パスポートがあれば両替可能です。

Q. 深夜便で行く予定なのですが市内の両替所・銀行はやっていますか?

A. 市内の両替スポット(銀行など)は夕方までの営業となっています。
夜に到着した場合は、空港で翌日まで使う分のお金を両替するか、海外キャッシングをして現金を確保しましょう。

Q. 両替レートの見方を教えてください。

A. 日本円→人民元に両替する場合、両替所の「BUY(Buying)」という表示をチェックしてください。
「BUY」は銀行が、あなたの日本円を買うという意味になります。
例えば、「5.54」と表示されている場合は、1円=5.54人民元で両替できます。

Q. 余った人民元はどうすればいいですか?

A. 余った人民元は、次回の旅行に備えて保管しておくと良いでしょう。

Q. 両替所は休日や祝日でもやっていますか?

A. 基本的に銀行は営業しています。

Q. 銀行とATMどちらがお得に両替できますか?

A. 金額にもよりますが、銀行の為替レートとクレジットカード会社の為替レートでは、クレジットカード会社の為替レートの方が良い場合が多いです。
ただし、クレジットカード利用の場合、ATM手数料、海外キャッシング利率を計算しないといけないので、その時々でご自身でチェックすることをおすすめいたします。

上海での両替時の注意点3つ【在住者目線で解説】

最後に、上海での両替時の注意点をご紹介していきます。

注意点①:闇両替は絶対に利用しない。
一つ目は、闇両替は絶対に利用しないことです。

中国では、100元札の偽札が多く出回っており、両替された後に騙されたことに気づくケースがあります。
友人に勧められても絶対に利用しないようにしましょう。

注意点②:まとめて両替をする。
二つ目は、まとめて両替をすることです。

いちいち銀行での両替手数料がかかるのは、正直にもったいないです。
複数人で旅行に行く際は、誰か一人がまとめて両替を行うようにしましょう。

注意点③:両替後は金額が正しいか必ず確認する。
銀行の方も入念にチェックしてくれますが、最後はご自身の目でしっかりと紙幣や硬貨の枚数を確認しましょう。

上海の両替の情報まとめ

両替のおすすめスポットや銀聯カードやアプリでの支払い方法など、2019年現在の最新事情をまとめてみました。
得するコツは、年々便利な支払い方法が増えているので、最新事情を知ること!

また、空港からの送迎やホテルの手配、ツアーなどロコタビではさまざまなサービスを提供する現地在住者「ロコ」とコミュニケーションを取ることが出来ます。
分からないこと、知りたいことがあれば無料Q&Aで質問もできますのでぜひ利用してみてくださいね! 

以上中国・上海の両替事情についてでした。