サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

ソウルの旅行ガイド情報

韓国・ソウルのタクシー乗り方ガイド~料金や配車アプリ、注意点を解説

【韓国・ソウル在住者執筆】タクシー料金が日本よりも安いことで知られているソウル。観光中の移動はもちろん、早朝や深夜に空港から移動するときもタクシーが便利です。
今回はソウルのタクシーについて、種類(色)や乗り方、料金、支払方法、便利な配車アプリ、よくあるトラブル&注意点など、旅行中に役立つ情報をまとめました。

ソウルのタクシー基本情報

韓国・ソウルのタクシーの車体は大きく分けて、セダン型ワゴン型があります。
韓国旅行中に乗車する機会が多いのはセダン型タクシーなので、ここではセダン型タクシーについて説明していきます。

※ソウル市街地のタクシー事情をご紹介しています。ソウル市郊外の場合、タクシー会社間で取り決められた営業区域があり、料金などに若干の違いがあります。
※韓国のタクシーは、車体上部に「ソウル」「仁川」「コール」「個人」等の印があリ、それで区別します。

一般タクシー

ソウルを走っている一般的なタクシーです。
一般タクシーにはオレンジ・シルバー・ホワイトの3色があります。

  1. オレンジ・シルバー = タクシー会社所属のタクシー
  2. ホワイト = 個人・その他
  3. ホワイト(個人)以外 = 会社が運営するタクシー

模範タクシー

模範タクシーは、無事故でドライバー歴10年以上のタクシーになります。

黒塗りの車体で、黄色(金色?)のラインが車体に入っており、【모법】(模範)の記載があります。

模範タクシーの初乗り料金はすこし高めですが、その分対応が一般タクシーよりも丁寧です。

10年以上のキャリアがある運転手さんなので、日本語などの外国語もOKなタクシーもあります。
個人タクシーが多いのが特徴です。

日本語対応OK!インターナショナルタクシー

車体に「International Taxi」と書かれているタクシーは、運転手が英語や日本語で対応してくれます。
料金のカード支払いも可能で、専用の案内デスクもあるため、外国人旅行者にも安心して利用できるタクシーです。
一般タクシーのインターナショナルタクシーは、ふつうの一般タクシーよりも基本料金がすこし高めです。
模範タクシーのインターナショナルタクシーは、普通の模範タクシーと同じ基本料金で利用できます。
また、空港とソウル市街地の間など、料金が定額の区間もあります。

インターナショナルタクシーは、原則的に電話(1644-2255)かホームページで予約します。
また、空港にある専用デスクからも、予約不要ですぐにタクシーを手配してもらえます。

ぼったくりタクシーに注意!

ソウルでタクシーに乗る際は、ぼったくりに注意しましょう。
特に観光地の一般タクシーはぼったくり率が高いです。
ボッタクリのタクシーは観光地(明洞・東大門・ソウルタワー)の周辺や、地下鉄の終電後によく出没します。
そのため、日中に観光地から移動する際は、タクシーよりも地下鉄やバスの利用をおすすめします。

また、「コールバン」と呼ばれる黒い大型のバンはメーターを使わない違法サービスです。
こちらも終電後などに観光客を目当てに出現することが多いです。
「VAN」「CALL VAN」「日本語可」などと記載されているバンには乗らないように注意しましょう。

ソウルのタクシー料金

続いて、タクシーの料金をご案内していきます。
ソウルのタクシーも日本と同じように、基本料金は初乗り料金+追加料金で構成されています。
また、一般タクシーのみ夜間の割増料金(0時~4時の間20%増)がかかります。

※2019年10月現在の情報です。

一般タクシーの料金

一般タクシーの基本料金表

料金の種類 金額
初乗り料金 3,800ウォン
追加料金(距離料金) 100ウォン/132m
追加料金(時間料金) 100ウォン/31秒

一般タクシーの割増料金

午前0時から4時のあいだは、深夜割増として20%プラスになります。

模範タクシーの料金

模範タクシーの基本料金表

料金の種類 金額
初乗り料金 6,500ウォン
追加料金(距離料金) 200ウォン/151m
追加料金(時間料金) 200ウォン/36秒

模範タクシーの割増料金

模範タクシーには割増料金がありません。

タクシーの乗り方

ソウルでタクシーに乗る場合も、乗車方法は基本的に日本のタクシーと同じです。

1. 乗車する

街中でタクシーを止めたい場合、

【빈차】(空車)
【예약】(予約)
【회차】(回送)

と表示がされていますので、【빈차】(空車)を目印に手を上げてタクシーを止めます。
大きなホテルや駅の近くには、タクシー乗り場がありますので、そこを使うとスムーズです。

韓国のタクシーは、基本的に手動でドアの開閉を行います。
タクシーが自分の前に止まったら、すかさずドアを開けて乗り込みましょう。

日本と同じ感覚でドアが開くまで待っていると、乗らない客と勘違いされて出発されてしまいます。
韓国人のタクシー運転手はせっかちな人が多いです。
タクシーがつかまりにくい状況の場合は、近くにいる韓国人に横取りされてしまうことも。

2. 行先を伝える

無事にタクシーに乗り込んだら、行先を伝えましょう。
基本的には、文字として行先を見せた方が間違いがありません。
年齢が高い運転手さんなどは、スマホ画面を見せても読んでくれない場合がありますので、
紙とペンなどを用意しておきましょう。

口頭で伝える場合、大きいなホテルは、ホテル名を言えばだいたいわかってくれます。
施設名や地域名で行先を伝える場合、日本人のカタカナ発音では、どうしても運転手さんが聞き取ってくれないこともあります。

なので、「地域名+施設名」「地域名+最寄りの地下鉄駅名」など、複数キーワードで行先を伝えることをおススメいたします。

それでも、運転手さんが理解してくれないときは、「FREE INTERPRETATION(無料通訳)」を利用しましょう。
こちらのサービスは、ソウル内を走るほとんどのタクシーで利用可能です。
運転手に「フリーインタープリテーション」と言えば、無料で携帯電話を通した通訳サービスが利用できるそうです。

タクシーが走り出したら、メーターを作動させたかどうかの確認をしてください。

3. 支払いをする

タクシー料金の支払いには、以下の決済方法が使えます。

  • 現金
  • クレジットカード
  • T-Moneyカード(交通カード)

現金で支払いをした場合、端数の小銭のおつりをくれない場合がありますので、タクシー料金の支払いは、T-Moneyカード(交通カード)での決済がおススメです。

T-moneyカードについてはこちらの記事「【2019年最新】韓国・ソウルの地下鉄ガイド(路線図、料金、交通カード)」で、詳しくご紹介しています。

運転手さんにもよりますが、料金を受け取ってから、メーターを止める方もいらっしゃいます。
ささっと精算をするためにも、T-Moneyカード(交通カード)での精算がおススメです。
専用の支払い端末機タッチするだけで精算が可能なので、とても便利です。

4.降車する

忘れものがないか確認をして、タクシーをおります。
クレジットカードやT-Moneyカード(交通カード)で精算をした場合、必ずレシートもらい保管しましょう。
後で忘れ物に気づいたときやトラブルがあった時に、証拠として提示できます。
現金で料金を支払うとレシートがもらえない場合が多いので、ご注意ください。

タクシーを降りたら、ドアも忘れずにしめましょう。

旅行中に便利なタクシー配車アプリ「KAKAOタクシー」

タクシー手配アプリとして有名なのは「Uber」だと思うのですが、韓国国内で「Uber」を利用している人はほとんどいません。
なので、韓国旅行中に「Uber」を利用することはおススメできません。

その代わりにおすすめなのが「KAKAOタクシー(KAKAO T)」というアプリ。
韓国で配車サービスと言ったらこの「KAKAOタクシー」が主流です。
「KAKAOタクシー」は、カカオトーク(LINEのようなメッセージアプリ)が提供している、タクシーの手配に便利なアプリです。

KAKAOタクシーでもUberのように、自分の現在地と目的地を入力すればタクシーを手配することができます。
料金も事前に確認できるため、ボッタクリの心配もありません。
また、ドライバーにも親切な人が多い印象です。

KAKAOタクシーを利用する場合の注意点は、韓国の携帯電話番号が必要だという点です。
2019年10月現在、日本の携帯電話番号では認証不可なので利用できません。

そのため現地でSIMカードを購入する予定がある方にはおすすめのアプリです。

KAKAO タクシー(T)のダウンロード

iPhoneをお使いの方はこちらから

Androidをお使いの方はこちらから

タクシーのよくあるトラブル・注意点

乗車拒否

タクシーを止めても、たまに乗車拒否されることがあります。
特に金曜・土曜の終電後のタクシーは、乗車拒否率高めです。
運転手の個人的な判断で拒否ということではなく、仕方なく乗車拒否される場合もあります。
韓国では市エリア単位でタクシー業者が存在し、そのエリア内でしか営業ができないというルールがあります。
そのため、ソウル市のタクシー業者はソウル市内から外に出る場合は、市外割増が適用となります。
ただし、金浦空港・仁川空港・光明市の3地域は、タクシー協同事業区域となります。
タクシー乗車拒否が存在することを注意点として理解しておきましょう。

ぼったくり・不必要な遠回り

タクシー配車アプリの影響なのかもしれませんが、近年ソウルでのタクシーでのぼったくり被害は少なくなっています。
でも、完全にボッタクリがなくなったわけではないので、注意しましょう。

韓国人で、日本語が異常に上手な人は疑っていいでしょう。
「1人〇〇ウォン!」と1人単位で客引きしているタクシーは、やめておいた方が賢明です。

  • 大規模なコンサート会場
  • スポーツイベントの会場
  • 地下鉄の駅から遠い会場
  • 地下鉄の終電後に終わるイベント

などに行く場合は注意が必要です。

明らかに高い金額を請求されているなと感じたら、レシートをもらうようにしましょう。
レシートをもらっておけば、トラブルを申告することもできます。

相談先は、下記になります。

トラブル時の連絡先(ソウル市総合電話案内・相談センター)

【タサンコールセンター】

外国人専用窓口は年中無休、9:00~22:00の間、利用可能です。
観光から、トラブル、電話通訳も可能。費用は通話料のみ。
旅行中、トラブルにあった時はまずこちらで相談してみましょう。

利用方法

  1. 局番なし120(ソウル市外から:02-120、日本から:+82-2-120、+82-2-731-2120)にかける

  2. 韓国語の案内放送が流れたら案内を希望する番号をプッシュ
    ※外国語サービス9番

  3. 外国語サービス内で案内を希望する言語をプッシュ
    ※日本語3番

  4. 各相談員につながる。

まとめ

深夜に空港から市内のホテルに移動するとき、雨の日に観光地まで移動するときなど、旅行者にも重宝するソウルのタクシー。
ぼったくりなどトラブルも多いので、利用するまでにしっかりと料金の相場やぼったくりタクシーの見分け方など、確認しておきましょう。
日本語でタクシーの手配から運転手とのやり取りもできる「インターナショナルタクシー」もおすすめです。
また、昼間の移動には地下鉄の利用もぜひ検討してみてください。

合わせて読みたい記事:「【2019年最新】韓国・ソウルの地下鉄ガイド(路線図、料金、交通カード)」

旅行中の移動手段やタクシーの利用方法についてもっと詳しく知りたい方は、ロコタビの無料Q&Aもぜひご活用ください。
ソウル在住の日本人ロコから、現地のリアルタイムな情報を聞くことができます!