サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

ロサンゼルスの旅行ガイド情報

ロサンゼルスの美術館「The Broad (ザ・ブロード)」の見どころ~予約・アクセス方法

【ロサンゼルス在住者執筆】ロサンゼルス・ダウンタウンにある超人気アートスポット「The Broad(ザ・ブロード)」! 待ち列にあまり並ばずスムーズに行きたい方は先行予約がおすすめ。今回はザ・ブロードの基本情報やアクセス方法、見どころをご紹介します。
建築や展示作品も素晴らしいうえに入場料無料のザ・ブロードは、写真やアート好きの方は必見ですよ!


出典 : Instagram

The Broad(ザ・ブロード)ってどんなところ?


出典 : Instagram

The Broad(ザ・ブロード)は、2015年9月にロサンゼルス・ダウンタウンにオープンした現代アート美術館です。
「ブロード」という名前は、この美術館の建築費用に約1億4000万ドルを出資したブロード夫妻の名前からきています。

ダウンタウンのウォルト・ディズニー・コンサートホールに隣接した3階建てのモダンな建物が目印。
このハニカム構造のような外壁は、建物の強度を保ちながら屋内に外光を取り入れる工夫がされており、建築家が「ベール」と呼ぶ特徴的なファサード(正面部分)が毎日多くの来館者を出迎えています。

館内には、アメリカを代表するポップアートの有名画家「ロイ・リキテンスタイン」や「アンディ・ウォーホル」、日本の「草間彌生」といった個性的な200名のアーティストの作品2,000点以上が展示されています。

アートに詳しくない人でも思わず見入ってしまい、インスタ映えするような写真が撮れる作品が充実しているため、オープンから数年たった今でも地元の市民や多くの観光客で賑わっています。

The Broad(ザ・ブロード)の基本情報・アクセス方法


出典 : Instagram

開館スケジュール・おすすめの時間帯

土日のお昼過ぎが最も混雑するので、人混みをなるべく避けたい方は先行予約(後述)をして開館直後に行くか、もしくは夜まで開いている木金土の18時以降がおすすめです。

滞在時間は長くても1時間から1時間半といったところです。

開館スケジュール

  • 月:休み
  • 火:11:00 - 17:00
  • 水:11:00 - 17:00
  • 木:11:00 - 20:00
  • 金:11:00 - 20:00
  • 土:10:00 - 20:00
  • 日:10:00 - 18:00

入場料金・チケット予約

ザ・ブロードは入場料も予約もなんと無料! 素晴らしい作品が観られて、しかも無料とくれば当然待ち時間が発生します。
以前までは予約一般チケット12ドルとなっており、2年前に筆者が当日チケットで行ったときは、オープンの30分前に列に並び始めて、中に入れたのは1時間後くらいでした……。

並ぶのが嫌という方は、必ずチケットを予約しておきましょう。

先行チケット予約

先行チケットを入手する方法は以下の通り。

ザブロード 先行チケット予約方法

  1. 公式ウェブサイトのVISITにアクセス
  2. [GET TICKETS]をクリック
  3. 「General Admission(一般入場)」の人数を選択して、[FIND AVAILABLE TICKETS]をクリック
  4. 予約可能日が表示されるので、日にちと入場時間を選んで[ADD TICKETS TO CART]をクリック
  5. 内容を確認して、間違いが無ければ[CONFIRM TICKETS]をクリック
  6. 初めて利用する場合は[Create Account]をクリックして登録(メールアドレス・パスワードなど)

これで登録が完了され、前日に入場用のQRコードがメールで送られてきます。当日は印刷したものかスマホのQRコードを見せて入場します。

インフィニティミラールームの予約・入場

ザ・ブロードの一番人気の注目作品である草間彌生の「Infinity Mirrored Room(インフィニティミラールーム)」(後述)は、一般・予約チケットとは別に、当日予約する必要があります

予約・入場方法は以下の通り。

インフィニティミラールーム 予約・入場方法

  1. 美術館に入場後、1階ロビー中央にあるiPadに氏名と携帯電話番号を入力
  2. 待ち時間が表示されるのでそれまで館内を観てまわる
  3. 入場可能10分前にテキストで連絡がくる
  4. 作品のところへ移動して待機、順番が来たら入場

インフィニティミラールームは非常に人気で、予約するのにも待ち時間が発生する可能性が高いです。入場したらすぐに予約を取るようにしましょう!

電話番号・住所・マップ

  • 電話番号:+1 213-232-6250
  • 住所:221 S Grand Ave, Los Angeles, CA 90012

行き方・アクセス方法

車で行く場合

駐車場は美術館の地下にあります。(3時間15ドル~)

もしくは、美術館の前の交差点にパブリック駐車場があるので、美術館をゆっくり回りたい方は、こちらに停めたほうが安くあがるかもしれません。

電車またはバス(メトロ)で行く場合

  • メトロレール(地下鉄)の最寄り駅:Civic Center/Grand Park Station
  • メトロバスの最寄りバス停:1st & Grand、Grand/3rd

電車で行く場合、olive/ 1st St Olive Streetを1ブロック歩き、West 1st Street を右に曲がると美術館が見えてきます。駅からは徒歩5分ほどです。

The Broad(ザ・ブロード)の見どころ・展示作品

Yayoi Kusama『Infinity Mirrored Room』


出典 : Instagram

あの「前衛の女王」と呼ばれた草間彌生の作品で、ザ・ブロードが一躍有名になったきっかけを作ったと言っても過言ではない超人気作品。

LEDライトと鏡を利用して、無限に拡がる空間と独特な世界観を創り出すというもので、写真の通り信じられないほど綺麗で不思議なプライベート空間です。

この部屋には人数制限があり一人(一組)45秒間しかいることができませんが、訪れた人たちは皆いろいろな角度・ポーズで写真を撮ってインスタグラムにアップしています。

写真で見るだけでも幻想的ですが、実際に入ってみると感動すること間違いなしですよ!

Jeff Koons『Jim Beam - J.B. Turner Train』

ジムビーム・ターナーの列車はジェフ・クーンズのギャラリーデビューの目玉作品。

7両からなるこの列車は、外観の素材や輝きからも伺える豪華さを放っています。この列車とバックの絵がちょうどよく重なり、列車が走っている背景のように見えるのでワクワク感が広がります。
見る人によって絵の解釈が異なるというのはこのようなことも含まれるのでしょう。

ぜひ実際に目で見て、作品の雰囲気を肌で感じてみてください。

Anselm Kiefer『Deutschlands Geisteshelden』

こちらは第二次世界大戦の頃に描かれた作品で、作家のアンセルム・キーファーはドイツの帝国神話や排外主義を批評していた人物です。

彼の絵は壮大なスケールと野心で、当時のドイツ・ナショナリズムの衝動や歴史への影響に対して、愛と憎しみなどの相反する感情を表しています。

絵から伝わる圧倒的なスケールと、使われている色彩の濃さから一種の虚無を感じてしまいます。

サイズがとても大きいので、自分がタイムスリップしたかのような写真が撮れますよ。

Andy Warhol『Campbell's Soup Can』


出典 : Instagram

アメリカンポップアートの旗手アンディ・ウォーホルの作品。ニューヨーク近代美術館(MOMA)でも有名です。

Roy Lichtenstein『I...I'm Sorry!』


出典 : Instagram

アンディ・ウォーホルと並ぶポップアートの巨匠ロイ・リキテンスタインの作品。こちらも本や雑誌で見たことがある人が多いのでは?

Robert Therrien『Under the Table』


出典 : Instagram

著名な作品だけでなく、こういった記念写真の撮影にぴったりのインスタ映えスポットも。

Jeff Koons『Balloon Dog (Blue)』


出典 : Instagram

ザ・ブロードはジェフ・クーンズのコレクションが充実しています。

Takashi Murakami『In the Land of the Dead, Stepping on the Tail of a Rainbow』


出典 : Instagram

村上隆のこちらの作品はなんと82フィート(約25メートル)もある超巨大アート作品!

Jean‐Michel Basquiat『Untitled』


出典 : Instagram

オークションで1億ドル超えで落札されたバスキアの作品も……!

まとめ

以上、ロサンゼルスの人気美術館「The Broad(ザ・ブロード)」の紹介でした。

引用画像はすべてザ・ブロード インスタグラム公式アカウントに掲載されているものです。他にもたくさんの写真がアップされているので、美術館の雰囲気を知りたい方は見に行ってみてください。

ロサンゼルスは他にもたくさんの美術館があり、アートが好きな人にはおすすめの都市です。ビーチやショッピングもいいですが、ロサンゼルス旅行に来たらぜひ美術館にも行ってみてくださいね。

⇒【関連記事】ロサンゼルスのおすすめ美術館・博物館10選!アート好き必見観光スポット

ザ・ブロードについてもっと詳しく知りたい方や、アテンドをお願いしたい方は現地在住の日本人(ロコ)にお願いしてみましょう!