サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

ロサンゼルスの旅行ガイド情報

ロサンゼルスのバスの乗り方攻略ガイド~路線図・料金・アプリ

【ロサンゼルス在住者執筆】移動費用を安く抑えたいならバスでの移動がおすすめ! ロサンゼルスはバスの本数も多いので、ダウンタウンやハリウッドを観光する際に便利です。今回はロサンゼルスのバスの乗り方や路線図、料金、アプリなどを分かりやすくご説明します。
本記事でご紹介するアプリやタップカードを使えば、より快適に観光スポットをまわることができますよ!

ロサンゼルスのバス事情

「アメリカの交通機関は時間通りに来ない!」なんて話はよく聞きますが、あながち嘘でもありません。ただ、本数の多いロサンゼルスでは10-15分おきにバスが来るところが多いので、急いでいない限りそこまで気にならないのが現状です。
また電車などではアクセスの悪い場所でも、バスならより近くまでいけることが多いので、使いこなせると大変便利です。

当たり前ですが、最も便利な移動方法はタクシーや配車サービスなので、「費用がかかってもスムーズに移動したい」という方はタクシーを利用しましょう。

⇒【関連記事】ロサンゼルスのタクシー乗り方ガイド(Uber・Lyft・料金・アプリ)

ロサンゼルスのバスの種類(路線図・料金など)

ロサンゼルス市内には、いろいろな会社のバスが運行しています。特定のエリアのみ運行しているバスもありますが、今回はロサンゼルス観光で最も使われる2種類のバス「メトロバス」と「DASH」をご紹介します。

メトロバス・メトロラピッドバス

メトロバスはLAMCA(LA郡都市交通局)が運行している路線バスです。”メトロ”はロサンゼルス内で最も主要な交通機関で、バスだけでなく地下鉄のメトロレイルも有名です。
上の写真のようなオレンジの車体が通常の”メトロバス”で、赤い車体に「Rapit」と書かれているのが急行の”メトロラピッドバス”です。

メトロバスの路線図

ロサンゼルス内はこのメトロによってほとんど網羅されており、以下の路線図の通りどこへでもアクセスできるようになっています。

出典:LA Metro

メトロバス・メトロラピッドバスの路線の種類

路線番号 ルート・特徴
1-99番 主にダウンタウンの中心を運行する路線。年中無休。
100-299番 ダウンタウン以外を運行する路線。
300-399番 主要なバス停にのみ停まる快速バス。
400-599番 ダウンタウンから出発し、ハイウェイを走るエクスプレス・バス。
700-799番 メトロラピッドバス。快速バスより停車駅が少ない長距離移動

メトロバスのルート検索サイト・アプリ

メトロのサイト内にある『Trip Planner』を使えば簡単にルート検索ができます。
現在地と目的地を入力するだけで、早く到着する順に行き方をリストアップしてくれます。[Bus(バス)]のみを選択して検索もできるし、[Rail(地下鉄)]も加えて選択すると、より多くの選択肢から可能なアクセス方法を提示してくれます。

また、メトロから同じような機能が使えるアプリがリリースされています。移動中にスマホでもルートを調べたい方は、ぜひダウンロードをしてみてください。

Go Metro LACMA のダウンロード

メトロバスの料金

メトロバスの料金は以下のようになっています。日本とは異なり、距離に関わらず一回分を乗車する際に支払います。お釣りが出ないため、現金でお支払いの場合はぴったりの金額を準備する必要があります。

種類 料金
通常料金(現金/tap card) 1.75ドル
1日券(1-dayパス) 7ドル
1週間券(7-dayパス) 25ドル

参照元:Metro Fares

※tap card(タップカード)については、後の項目でご説明します。

DASH

次にご紹介する"DASH"は、メトロほど路線は多くないものの、より安い運賃で乗れる路線バスです。運行ルートが環状になっているので初めての方でも乗りやすいシステムとなっています。
下の写真の看板がDASHのバス停です。メトロのバス停と同じ場所にあることが多いので、利用する際には乗り間違えのないようご注意ください。

DASHの路線図

ダウンダウンは主にルートA・B・D・E・Fの5本が走っています。

DASHの路線の種類

路線 ルート・特徴
Downtown A ウォルト・ディズニー・コンサート・ホール、リトルトーキョー、メトロレイルのターミナル駅7th St./Metro Center駅など
Downtown B チャイナタウン、Union駅、7th St./Metro Center駅まで
Downtown D Union駅、メトロレイルのブルーラインGrand駅まで
Downtown E ファッションディストリクト、メトロレイルのブルーラインSan Pedro駅まで
Downtown F ダウンタウン中心から南側のエクスポジションパーク、USCまで
Hollywood メトロレイルのHollywood/Highland駅、Vermont/Santa Monica駅など

DASHの運行状況確認サイト

メトロバスのようにルート検索サイトやアプリはありませんが、DASHのサイトにある『LIVE MAP』で、運行ルートや現在の運行状況が分かります。
これから利用する路線のバスが現在どこにいるのか、あと何分でこのバス停に来るのかを詳細に掲載しているので、時間に余裕を持って利用することができます。

DASHの料金

料金は以下のように定められています。

種類 料金(現金) 料金(tap card)
通常料金 50セント 35セント
子ども料金(4歳以下) 無料 -
シニア/身体障害者/メディケア料金 25セント 15セント

tap card(タップカード)

タップカードは日本のPASMOのように一度購入すればチャージして繰り返し使える交通系ICカードです。
メトロ・DASHどちらの乗車の際にも利用でき、メトロにおいてはメトロバス・メトロレイルの両方で使用できます。メトロの場合は、現金とカードで料金は変わりませんが、DASHの利用時はカードを使うと安くなります。

タップカードの料金・買える場所

メトロレイル各駅の窓口や自動券売機などで購入できます。
メトロレイルで購入する場合は、タップカードのみで購入することはできません。

  • メトロレイルで購入する場合:タップカード料金1ドル+乗車運賃
  • メトロレイル以外で購入する場合:2ドル

詳しくはtap card公式サイトをご参照ください。

バスの乗り方

続いてバスの乗り方についてご説明します。
日本のバスと大きく変わらないと思いますが、いくつか異なるところもありますので、ご利用の際はご注意ください。こちらでは使用シーンが多いメトロバスの乗り方をご紹介します。

バス停で看板を確認

まずは乗りたい路線のバスがこのバス停に止まるのかどうかを、看板の表示と照らし合わせて確認しましょう。
大抵の場合反対方向へ向かうバス停が近くにあるので、バスの行き先が目的地に向かう方向になっているかを、看板やアプリで確認しておくと安心です。

バスの運行情報をチェック

バスが予定通りに来ていない時などは、本当に来るのか、いつ来るのか不安になりますよね。
そういうときは以下の写真の看板に書いてある方法で、バスの運行情報をチェックしましょう。

3種類の方法が書かれていますが、一番手っ取り早いのは”41411”にテキストメッセージを送る方法です。
以下は実際にメッセージを送ったときのやりとりです。

バスの位置情報確認方法(上のバス停の場合)

  1. スマホのメッセージアプリから41411宛てにバス停の名前を送する(「metro 786」)
  2. 相手からa~eのルートを選ぶように指示されるので返信する(「e」)
  3. 相手から「次のバスは2分後と10分後」という内容が返ってくる

支払い・乗る

アメリカのバスは料金が距離に比例しないため、前払いが一般的です。

バスが近づいてきたら支払いの準備をしましょう。現金で支払いの場合はお釣りが出ないので、ぴったり1.75ドルを準備しておきましょう。タップカードを利用する場合は、事前に1.75ドル以上をチャージしておいてください。

写真のようにドライバーの横に支払機が設置されているので、現金なら右の投入口に入れ、タップカードなら音がなるまでタッチをします。

降りる

アメリカ・ロサンゼルスのバス停の名称は、道の名前が組み合わさったものになっています。目的地のバス停の名前を覚えておいて、車内前方に表示されるバス停名を確認しておきましょう。
マップアプリなどを利用している場合は、自分の現在地を確認しておくと安心です。

降りる合図(意思表示)としては、日本のバスのようなボタン式と、黄色い紐がバスの壁に沿って張られているタイプがあります。紐の場合は十分な力で引っ張り、車内前方の表示に「Stop Requested「と表示されたことを確認しましょう。

まとめ

異国の地でバスに乗るのは最初は不安かもしれませんが、慣れれば簡単です。バスを使いこなせば、移動範囲が広がり、ロサンゼルス観光をより楽しむことができます。
まっすぐ目的地へ向かえるタクシーもいいですが、バスに乗ってのんびり街の風景を楽しみながら移動するのもなかなか楽しいですよ。

ロサンゼルスのバス事情についてもっと詳しく知りたい方は、現地在住の日本人(ロコ)に無料相談してみましょう!