サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

シドニーの旅行ガイド情報

【2019年最新版】シドニー旅行の持ち物リスト!旅の必需品やおすすめアイテム

【オーストラリア・シドニー在住者執筆】シドニー旅行の必需品はこれ!旅の持ち物チェックリストをまとめました。
基本の持ち物に加え、季節ごとのおすすめアイテム、日本から準備してくる必要のないものもご紹介します。
荷造りのポイントや、オーストラリアに持ち込みできないアイテムも合わせて確認しておきましょう。

オーストラリア・シドニー旅行の持ち物チェックリスト

旅行の必需品 おすすめ度:★★★★★

持ち物 説明
パスポート 期限は帰国時までか、乗り継ぎの場合は3か月以上あると良いです。
ETASビザ(観光ビザ) オーストラリアに1日~3ヶ月滞在できるビザです。
日本出国前に申請しておく必要があります。
現金 小さいお店やレストランはカードが使えない場所もあります。
余ったお金は空港か、市内の両替所でも両替できます。
航空券    スマホや携帯に保存しておきましょう。
着替え    現地の気温や天気を参考に、最低限の下着と服を用意しましょう。
スマートフォンと充電器 シドニーでは無料でWiFiが使える場所も多いので便利です。
クレジットカード オーストラリアではカード払いが主流です
Amexは使えない所もあるので、VisaかMasterをおおすすめします。

合わせて読みたい記事:

忘れずにもっておきたいアイテム おすすめ度:★★★★☆

持ち物 説明
変換プラグ     日本とオーストラリアではコンセントの形状と電圧が異なります。
海外旅行保険証   オーストラリアは医療費が高いので、日本で加入しておきましょう。
クレジットカードに付属の保険でも。
パスポートのコピー 万が一紛失した時に役立つので準備しておきましょう。
歩きやすい靴/サンダル 街歩きなどたくさん観光する方は履きなれた靴がいいでしょう。
シドニーの地図   スマートフォンでグーグルマップをダウンロードしておくと便利です。
日本の薬      決まった薬のあるかた、英語が不得意な方は特に持参しましょう。
オーストラリアの薬は日本と比べて強力なものが多いです。
日本の化粧品    日本の化粧品は手に入りにくいです。

合わせて読みたい記事: 「シドニーのコンセントはO/O2タイプ! 変換プラグは日本や100均での購入がおすすめ」

日本で準備していきたいアイテム おすすめ度:★★★☆☆

持ち物 説明
折り畳み傘 日本製のほうがかなり丈夫です。
日焼け止めクリーム オーストラリアでは、UV50の強力なものが主流です。
サングラス     オーストラリアは日差しが強いので、年中使う事のあるアイテムです。
帽子        子連れの方に特におすすめ。つばの大きいもが良いでしょう。
エコバック     オーストラリアのスーパーではビニール袋が有料です。
ポケットティッシュ 日本ほど普及していなので、あると便利です。

旅行がより楽しくなるアイテム おすすめ度:★★☆☆☆

持ち物 説明
カメラ・デジカメ オーストラリア旅行の思い出を残すために。
洗濯ネット 現地でコインランドリーを利用する予定がある場合。
電子辞書 スマホに辞書アプリを入れておいても。
ガイドブック 小さいものや電子書籍がおすすめです。
アイマスク・耳栓 飛行機やホテルでの防音対策・安眠用に。

現地調達可能!持ってくる必要のないアイテム

  • シャンプーやリンスなどの洗面用具  荷物になりますし、現地のスーパーや薬局で旅行サイズの小さいサイズの物を購入できます。
  • 日本食  日本食はアジア系の食料品店でだいたい手に入ります。日本食レストランもたくさんあります。
  • ドライヤー 日本のドライヤーは壊れてしまうことがあるのでおすすめしません。 海外対応のものを準備するか、現地のホテルで借りる・安いものを購入しても良いでしょう。

季節ごとのおすすめアイテムリスト

オーストラリアにも四季があり、夏は暑く冬は日本と同じくらいの寒さになる日も多いです。
南半球にあるオーストラリアの季節は日本と真逆なので、特に夏や冬に旅行する際は気温の差に注意しましょう。
シドニーは年間を通して晴れる日が多く、冬は寒すぎず、夏は暑すぎず、オーストラリアの他の都市に比べても過ごしやすいです。
ここでは季節に合わせて準備したい、おすすめアイテムを紹介します。

合わせて読みたい記事:「オーストラリア・シドニーの年間の天気と旅行中におすすめの服装」

春(9月、10月、11月)のおすすめアイテム

  • おすすめの服装:長袖、長ズボン

  • おすすめアイテム:カーディガンなど薄手の上着があると便利です。

夏 (12月、1月、2月)のおすすめアイテム

  • おすすめの服装:Tシャツ、短パン、サンダル

  • おすすめアイテム:水着(ビキニが主流)、日焼け止め、サングラス、帽子は必需品。
    室内と外で気温差が激しいことも多いので、長袖の上着もあると便利です。
    ウォーターボトルを準備して、公園やビーチで水を補充するのもおすすめ。

秋(3月、4月、5月)のおすすめアイテム

  • おすすめの服装:夏の服装+長袖の羽織りもの

  • おすすめアイテム:夏と同様に日焼け止め、サングラス、帽子は必需品です。
    夜は気温が下がるので、長袖のジャケットも準備しておきましょう。

冬(6月、7月、8月)のおすすめアイテム

  • おすすめの服装:長袖、長ズボン、コートなど厚手の上着

  • おすすめアイテム:雨の日が多いので、折り畳み傘やレインジャケットを準備しましょう。
    オーストラリアも冬はかなり気温が下がるので、ニット小物や厚手の靴下もあると便利です。

オーストラリアに持ち込み禁止・免税対象のアイテム

オーストラリアは検疫の厳しい国としても有名です。
旅の準備をする際には、荷物の中に持ち込み禁止アイテムが含まれていないかよく確認しましょう。
また、オーストラリア入国の際に渡される「入国カード」も正しく記入するようにしてください。
万が一禁止されるアイテムを持っていたとしても、カードに正しく記入されていれば重い罪にならない場合もあるからです。

合わせて読みたい記事:「シドニー入国審査・出国手続き〜出入国カード、イミグレーション」

オーストラリアへの持ち込み禁止アイテム

卵製品、乳製品、肉製品、魚、ナッツ、野菜、果物、植物などは、
持ち込みが禁止されていたり、量に制限が設けられています。
詳しい情報はオーストラリア大使館のホームページをご覧ください。

免税対象のアイテム

  • 現金 10,000(AUドル)以上を持ち込む場合には申告が必要
  • タバコ 50本まで免税
  • アルコール 2.25ℓまで免税

まとめ

シドニーは、オーストラリアの中でも日本人在住者が多く、日本のアイテムが手に入りやすい都市です。
例えば、日本の100円ショップ「ダイソー(DAISO)」もいくつかあります。ただ、全品$2.80と日本に比べて少し値段は高めです。
「旅行は最低限の荷物でいきたい!」という方は、必需品だけを日本から持ってきて、あとは現地のお店で調達してもいいかと思います。
万全の準備で旅することも大事ですが、旅先での買い物や、現地のアイテムを使ってみることも是非楽しんでみて下さい。
持ち物や荷造りに関して疑問がある方や、旅行される時期の詳しい天気・気温が気になる方は、ロコタビの無料Q&Aを利用してシドニー現地在住の日本人ロコに質問してみて下さい。
現地の最新情報を仕入れることで、旅の準備がぐんと楽になりますよ!