サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

シドニーの旅行ガイド情報

シドニーのコンセントはO/O2タイプ! 変換プラグは日本や100均での購入がおすすめ

【シドニー在住者執筆】シドニー旅行中にiPhoneの充電や、日本との電圧の違いについて徹底解説!
iPhoneなどのスマートフォンの充電をしたいときや日本で使っているヘアアイロンを使用したいときなど、そのままコンセントにプラグを差し込むと、火事や感電を起こす危険性もありますので、正しい方法で日本から持ってきた電化製品をシドニーで使用するためにはどうすれば良いか、その使用方法についてご紹介します。

オーストラリア・シドニーの電源プラグ

プラグの形はOタイプ

電圧は220/240V、周波数は50Hz。 プラグのタイプは八の字型のOタイプ。コンセントの差し込み口は3つ穴が開いたO2タイプなので、O2タイプのプラグも使用できます。
高圧のため、コンセントに付いているスイッチを入れないと電気は流れません。 日本の電気製品を利用する場合、その製品の電圧範囲を調べ240Vまで対応していなければ変圧器を用意する必要があります。

変換プラグは国内のダイソーで購入するとお得!


▲こちらが、日本製品を使う場合の変換プラグ用


▲こちらが、パソコンや携帯のプラグ用(USB形式)

シドニー市内には、ダイソー(全品$2.80)があるので変換プラグは簡単に購入できますが、日本の100均、ダイソーやセリエなどで1つ購入しておくと
安心です。空港に到着して、携帯の充電が必要な際に、Oタイプのプラグの変換プラグがあればすぐに充電できるので便利です。

シドニーの電圧・変圧器

シドニーの電圧は240V

オーストラリアの電圧は240V、日本の電圧は100V~110Vと2倍以上もあります。

こちらはパソコンの表記で、INPUT:100V-240Vが電圧表記で、オーストラリアでもOタイプのプラグのついた変換アダプタがあれば利用可能ということです。

最近のスマートフォンやデジカメなども海外対応になっているので、変換プラグ
があれば利用できますが、日本のヘアードライヤーなどワット数が高いものは、変圧器が必要になります。

変圧器は必要ない? 

ヘアードライヤーやヘアーアイロンなど、大量に電気を消耗する製品には大型の変圧器が必要です。変圧器を日本から持ってくるとなると荷物になりますね。ヘアードライヤーはほとんどの宿泊先に用意されてあります。私の友人は、日本の両親から炊飯器をプレゼントされましたが、変圧器が必要ということで、結局使わずに売ったそうです。

もし変圧器を購入する際にはダウントランスと呼ばれる降圧タイプの商品を選びましょう。

iPhoneの充電

Appleの製品は全世界対応タイプなので変圧器なしで使用できます。

カメラ・デジカメの充電

全世界対応タイプのものがほとんどですが、製品に記載されている対応電圧を確認しておくと安心です。100-240Vのものであれば変圧器なしで使用できます。

ドライヤーやヘアアイロンの使用

こだわりのある方は、電圧を切り替えることのできる海外対応のヘアドライヤーやヘアアイロンも売っていますので事前に購入しておくことをおすすめします。特にドライヤーは消費電力(ワット数)が大きいので、変圧器を使っても安全に使用できない場合があります。

外出先で電源を使う

シドニー空港

Oタイプの変換アダプタがあれば、どこでも充電可能です。
※国際線、国内線共に、ターミナル1の出発ロビー、ターミナル2の出発ロビーと到着ロビーで、日本からの携帯でも“-FREE SYD WiFi-”につなげられます。

カフェ

スターバックスやFree WiFiと書いてあるカフェでは大体使えます。

ホテル

ベットの近くや洗面所に必ずあります。ドライヤーが洗面所に設置されてる所も多いです。

よくあるトラブルや対処法・注意点

変換プラグや変圧器を忘れてしまったときは?

現地調達できます。変換プラグはスーパーマーケットでも気軽に購入できます。ホテルによっては貸出サービスがあるので、フロントで聞いてみましょう。

オールインワンユニバーサルアダプタが便利!

海外旅行によく行く方は、ヨーロッパ、アジア、アメリカなどこれ1つでどの国でも使えるので便利です。シドニーで購入する際は、$20くらいしますが、日本でもオンラインで安く購入できます。

コンセントが足りない場合は?

旅行中、カメラとスマホを同時に充電したいときなどに重宝するのがタコ足コンセントです。日本のタコ足コンセント+Oタイプの変換プラグが1セットあれば、変換プラグをたくさん購入しなくて良いので便利です。USBや変圧器が付属したものもあるので、お手持ちの電化製品の数をみて決めるとよいでしょう。

消費電力って?

消費電力は、その電化製品を使用するために必要な電力の量です。ワット数とも呼ばれ、各製品には『100W』のように記載されています。

電化製品 消費電力
スマートフォン(充電) 15W
ノートパソコン 50W~120W
ヘアドライヤー 600W~1200W
電気シェーバー 10W

まとめ

海外旅行するにあたって、まず携帯やカメラの充電器や充電コードは絶対に忘れないように、持ち物リストに書いておきましょう。変換プラグやアダプタはこちらでも手に入りますが、日本では100円で購入できるので持参したほうがお得ですね。小さいものなので、失くさないように充電コードとポーチに入れておくとよいです。