サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

シドニーの旅行ガイド情報

オーストラリア・シドニーの年間の気候と旅行中におすすめの服装

【オーストラリア・シドニー在住者執筆】旅行が決まったら持ち物の準備です。オーストラリアと日本は季節が真逆なので、どんな服を持っていくべきか迷いますよね。ここでは、年間の気候の特徴や、旅行中におすすめの服装をまとめました。旅行中、体調を崩さないためにも現地の天候にあった服装で楽しめたらいいですね。

オーストラリア・シドニーの年間の気候

シドニーは年間通して晴れる日が多く、冬は寒すぎず、夏は暑すぎず、他の都市に比べて過ごしやすい気候です。ただし、日本と季節が真逆なので、旅行するにあたって、服装に困ってしまう人が多いようです。シドニーの年間の気候と服装について紹介します。

年間の気温と降水量

シドニーの過去2年間の年間洪水量と気温のグラフです。

夏(12月、1月、2月)シドニー

夏の間は、平均気温が最低気温18℃から最高気温27℃くらいで、夜には気温が下がるので、肌寒く感じることもあります。湿度は65%くらいで、日本の東京の夏よりはじめじめしておらず、暑すぎず、過ごしやすい夏です。水温は、21度から24度くらいまで上がり、ビーチで泳ぐには、快適な気温ですが、小さい子供がいると、昼間の気温の高い時間を避けてビーチに行く人が多いようです。

秋(3月、4月、5月)シドニー

平均最高気温は、3月は26℃から5月は20℃前後まで下がります。また、最低気温は、3月では18℃から5月10℃前後になります。気温が低くても、日中日差しが出てると暖かく感じます。旅行の際には、海で泳ぐのは寒いですが、ビーチ沿いを散歩するのは快適です。ウエットスーツを着てサーフィンをしている人はたくさんいます。5月になりますと、ザトウクジラがこちらの海にやってくるので、クジラウオッチングのツアーに参加してみるのもおもしろいですよ。

冬(6月、7月、8月)シドニー

シドニーで一番寒い季節です。平均最高気温は17℃、最低気温は7℃くらいになります。
シドニーと言ってもかなり大きいので、海側と陸側では気温も何度か変わってきます。
こちらに梅雨はありませんが、6月は一番雨が多い時期になり、7月は日中の平均気温が13℃とかなり寒くなります。シドニー市内で雪が降ることはありませんが、市内から車で2時間ほどの、ブルーマウンテンズに行くと、雪が降ることもまれにあります。こちらでは、雪を見たことないという人が多いので、雪が降ったと聞くと、大きな話題になっていました。

春(9月、10月、11月)シドニー

9月になると、だんだん暖かくなってきます。9月の平均最高気温は22℃、11月は25℃、最低気温は、9月で11℃、11月は16℃になります。と言っても、その年によって気候が違ったりするので、今年はいつもより寒い、暑いなどの会話はよくしますね。

旅行中におすすめの服装

シドニーに観光で遊びに来られる人に、どんな服装をしたらいいのかと、よく聞かれます。日本で、夏服、冬服の入れ替えをしている人は、前もってきちんと準備が必要になりますね。もちろん、こちらのファッションに興味があり、買い物を楽しみたい人は、たくさん着替えを持ってくる必要はありません。週末に各地で行われる、マーケットに行ってみると、手作りのものやおしゃれな古着を安く手に入れることもできます。

12月、1月、2月の服装

シドニーの夏、外は、Tシャツ、短パン、サンダルが快適ですが、室内に行くとエアコンがきいて寒く感じる場所もあるので、上着は持ち歩くことをおすすめします。子供のお土産に、甚平を頂き、大活躍でした。電車やバスの中もエアコンがかなりきいています。そして、オーストラリアは紫外線が日本の5倍と言われるほど強いので、つばさの大きめの帽子、日焼け止めクリームとサングラスは必需品です。

3月、4月、5月の服装

3月では、半袖で過ごせますが、4月、5月は長袖、夜はジャケットが必要になります。旅行の際には、海で泳ぐのは寒いですが、ビーチ沿いを散歩するのは快適です。左側の写真のように、時々、海沿いは風が強い時があり、帽子が飛んでいってしまうこともあります。

6月、7月、8月の服装

6月は、雨の日が多いので、折りたたみ傘とレインコートは必需品です。傘は、こちらで売っているのより、日本製のほうが丈夫です!朝晩10℃を下回る日が続くので、東京に住んでいる日本人が冬にするような格好と同じような、コート、ブーツで過ごします。子供にはフリースを着せて、冬を越しました。北海道の冬のような格好は暑すぎますので。

9月、10月、11月の服装

9月では、半袖は寒く、カーディガンなど常に重ね着できる格好がおすすめです。日中は暖かく、半袖で歩いている人もよく見かけます。クイーンズランドだと、年中サンダルの人もいるそうですが、シドニーではサンダルは夏しか見かけません。オーストラリア人は、年中半袖の人もいるので、道を歩いていると、人それぞれです。それも、異文化というのでしょうか。(笑)

まとめ

これらの情報で、少しは旅行の準備がしやすくなったでしょうか?また、シドニーに行きたい時期の参考になればと思います。旅行ですと、あまり荷物にならないように、服装を最低限におさえたいと思うので、寒くなった時の上着があれば、何とかしのげるでしょう。オーストラリア人は、年中半袖の人もいるので、道を歩いていると、人それぞれです。それも、異文化なのでしょうか。(笑)また、オシャレなレストランやバーに行く予定の方は、ドレスコードといって、短パンやサンダルでは入れないのでお気をつけ下さい。
普段、おしゃれな格好する機会のない人は、旅行を機会に、ドレスを持参して楽しむのもいいですね。私は、友人をクルーズパーティーに連れて行き、大変喜んでいました。