サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

シンガポールの旅行ガイド情報

シンガポールの終電時間をチェックして、安全に夜遊びを楽しもう!

【シンガポール在住者執筆】夜遅くまでやっているナイトスポットの多いシンガポールへ、旅行に行く際に気になるのが各終電の情報ですよね。
地下鉄・バス・タクシーの終電の時間や、シンガポールの夜の様子、ナイトスポットを簡単に紹介しますので、是非ご旅行の参考にどうぞ。

眠らない街・シンガポールとは言っても交通機関には終電もあるし、観光スポットも深夜には閉まるところがほとんどです。
シンガポールに深夜発着する人にも、ぜひ知っておいてほしい情報を集めました。

シンガポールのナイトスポットと各スポットの最終時間

日中とても暑い日でも、日没後に過ごしやすくなることも多く、日没後の時間も有効に使いたいところ。
シンガポールには24時間オープンのカフェやスーパーも多く、深夜どこも開いていないということはありません。MRTやバスの交通機関は最終時間がありますが、数は少なくなるもののタクシーは24時間走っています。
深夜の治安は近隣諸国に比べると安全と言えますが、人通りもかなり少なくなるので必要以上に一人で外出するのは避けた方がよいでしょう。

G-max Reverse Bungy/GX-5 Extreme Swing


出典 : Instagram

リバーサイドで深夜までオープンのアトラクション。周辺を通ると「キャ~~」という叫び声がよく聞こえます。
G-max Reverse Bungyは逆バンジーのアトラクションで時速200kmのスピードが出ます。一方のGX-5 Extreme Swingは空中ブランコのフリーフォール。ストレス解消にもどうぞ!

3E River Valley Rd, #01-G-X5, Clarke Quay Blk E, Singapore 179024

公式サイト:G-max Reverse Bungy・GX-5 Extreme Swing
営業時間:16時30分-23時30分

ナイトサファリ


出典 : Instagram

名前の通り、夜にオープンするサファリ。ここで遊んでから空港へ直行するツアーも多いです。
昼間のオープンしている動物園とは一味違うナイトサファリ。世界初の夜行性動物のためにオープンしたナイトサファリ、一度は訪れたいスポットです。

80 Mandai Lake Rd, シンガポール 729826

公式サイト:Night Safari
営業時間:19時30分-0時

シンガポールフライヤー


出典 : Instagram

昼間遠くまで見える景色を一望するのもいいけど、日没後にライトアップされたマリーナ地区を見るのもステキです。世界最大の観覧車にのって360度シンガポールを見渡してみましょう。

30 Raffles Ave, シンガポール 039803

公式サイト:Singapore Flyer
営業時間:8時30分-22時30分

カジノ

眠らない街、シンガポールにふさわしく24時間オープン。深夜発着のフライトがある場合に利用できそうです。
現在、シンガポールにはセントーサ島とマリーナ・ベイ・サンズにそれぞれあります。身分証明として提示が必要になるのでパスポート持参でお出かけください。

<セントーサ島>
8 Sentosa Gateway, シンガポール 098269

公式サイト:Resorts World Sentosa Casino

<マリーナ・ベイ・サンズ>
10 Bayfront Ave, シンガポール 018956

公式サイト:Marina Bay Sands Casino

ムスタファ・センター

リトル・インディアにある24時間オープンのお店。別名シンガポールのドン・キホーテと呼ぶ人もいるくらい、ありとあらゆるものが揃います。24時間オープンなので好きな時間、都合のいい時間にお買い物に行けます。
ここにはレートのよい両替所もあるので便利です。

145 Syed Alwi Rd, シンガポール 207704

公式サイト:Mustafa Centre

瑞春点心餐厅


出典 : Instagram

リトル・インディアにある飲茶のお店。18:00から翌日の06:00までオープンという完全夜型のお店。
安くて美味しいということで行列が絶えませんが深夜発着のフライトがある人にはとてもありがたいお店です。

183/185/187/189, Jln Besar, 191/193, シンガポール 208882

公式サイト:Swee Choon Tim Sum Restaurant
営業時間:11時-14時30分、18時-6時

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ


出典 : Instagram

シンガポールへ旅行にいくなら必ず行ってほしい観光スポットとしておすすめの巨大植物園。
一部エリア以外は入園無料なので、散歩がてらに歩くのもいいですね。近年のシンガポールならではの近未来的なデザインと植物の雰囲気がとても素敵。
夜になると、巨大なツリー「スーパーツリー・グローブ」で、光と音を使った幻想的なショー「OCBCガーデン・ラプソディ」が開催されます。
毎日19:45と20:45の2回開催され、10分間ショーが行われます。滞在中はその時間帯に行くことをおすすめします。

18 Marina Gardens Dr, シンガポール 018953

公式サイト:Gardens by the Bay
営業時間:5時-2時

シンガポール・リバー・クルーズ


出典 : Instagram

リバークルーズは中型の船で、マリーナの湾内↔シンガポール川沿いにある埠頭クラークキーを、40分程かけてゆっくり周遊します。
昼間の乗船はもちろん、夜は夜景も楽しめるので、シンガポールの夜を楽しむなら乗って損はありません!

30 Merchant Rd, シンガポール 058282

公式サイト:Singapore River Cruise
営業時間:9時-23時

エスプラネード・シアター・オン・ザ・ベイ


出典 : Instagram

コンサートホールから、オペラ鑑賞をするシアター、ドラマセンター、ショップ、レストランなどが集まった文化複合施設です。
無料で鑑賞できる公演もあるので、事前に公演情報を調べて行ってみましょう。
周辺にレストランなども多く、人も多いので夜遅くてもそこまで危険は感じません。

1 Esplanade Dr, シンガポール 038981

公式サイト:Esplanade - Theatres on the Bay, Singapore
営業時間:(日-水)6時-2時、(木-土)6時-3時

シンガポールの各交通機関の最終時間

【MRT(地下鉄)】

地下鉄は、23時台の終電がほとんど。MRTチャンギ空港駅の終電は23:18です。

【バス】

バスはMRTよりも少し遅くまで運行されていて、ルートにもよりますが24:00や01:00台まで運行しているものもあります。

【タクシー】

深夜料金がかかりますが24時間対応可能。台数が減るため夜中は流しのタクシーは捕まえにくくなります。確実に乗りたい場合は予約をお勧めします。

深夜・早朝のチャンギ空港発着について

深夜・早朝にシンガポールに着く場合

深夜に到着して宿泊先に行く場合はタクシーがおすすめ。
MRTは23:18がチャンギ空港からの最終で、途中乗換えがある場合、目的地までMRTでたどり着けない可能性があります。タクシーは深夜料金が発生しますが少しでも早く確実に宿泊先に着くにはタクシーでどうぞ!

かなり早朝に着いて、早すぎて宿泊先にチェックインできない場合は、空港内のローカルコーヒーショップでシンガポールの朝ごはんを楽しんでみるのはどうでしょうか。
MRTは5時台から運行が始まるのでMRTに乗って市内まで行き、地元の人に交じってホーカーで朝ごはんを食べるのもよさそうです。

深夜・早朝にシンガポールを発つ場合

深夜や早朝のフライトに乗る予定の人は、レイトチェックインを申し込んでいない限りはお昼にはチェックインをしている状態。
大きな荷物は宿泊先に預けて、出発までシンガポールを思う存分楽しみましょう。上記でご紹介した夜遅くまで開いているスポットにお出かけもおすすめ。
時間を忘れて楽しんでしまいそうですが、フライトに間に合うように空港に着いてくださいね。早めに空港に着いて空港でのんびり過ごすのもアリです。

早朝のフライトに乗る予定で、早めに起きて宿泊先から直接タクシーで空港に向かう人も多いでしょう。確実にタクシーに乗るために、タクシーの予約をお勧めします。
空港は24時間オープンしていますが、免税店などは24時間オープンしていないところもあるのでご注意ください。

まとめ

シンガポールにはナイトスポットも多く、朝から夜まで楽しめます。
終電も比較的遅くまであるので、そこまで気にする必要もありませんし、ホテルの近くにナイトスポットがあることも多いので、ぜひ夜のシンガポールも満喫してくださいね。

また、ロコタビでは現地在住者「ロコ」が提供するサービスを受けることができます。
「シンガポールの情報についてもっと詳しく聞きたい!」、「シンガポールのおすすめが知りたい!」と思ったら、無料Q&Aもありますので、お気軽に質問どうぞ。
また、シンガポール旅行のツアーや空港送迎、翻訳ガイドやホテル・レストランの予約など、依頼したい場合も是非ご利用ください。

以上、シンガポールの終電とナイトスポットについてでした。