サービス停止のお知らせ:2024年6月17日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

シャンハイ(上海)の旅行ガイド情報

上海の地下鉄ガイド〜路線図、料金、交通カードや乗り換えアプリ

【中国・上海(シャンハイ)在住者執筆】渋滞の心配がなく料金も安い地下鉄は、上海旅行に欠かせない交通手段。中国語が話せなくても乗りやすいので、観光地への移動にもおすすめです!
今回は、上海市内の地下鉄について、乗り方・路線図・ルート検索アプリ・交通カードの買い方をまとめました。より自由な上海旅行を楽しむための参考にしてください。

上海地下鉄の基本情報(路線図・料金・時刻表)

上海地下鉄の路線図

まずは見ておきたい路線図から!2019年の最新版がこちらです。

※ 路線図は各駅のホームにも掲示されています。

各路線は色分けされており、ホームや乗り場番号もこのカラーで統一されています。

上海の東にある上海浦東空港から、西の上海虹橋空港まで、約60kmを繋ぐ地下鉄2号線は、電車の本数も多く、主な観光スポットへのアクセスにも便利な路線です。
観光の際はこの地下鉄2号線をメインに移動の計画をたてるとスムーズでしょう。

上海地下鉄の料金

上海地下鉄の料金は、行き先によって3元〜9元ほど。身長130cm以下の子どもは無料です。
また、交通カード(上海公共交通卡)という日本のSuicaのように利用できるICカードもあります。
きっぷを買う手間が省けるほか、バスやリニア、タクシーの乗車にも使えて、旅行中の移動に役立つこと間違いなし!
ぜひもっておきたいおすすめのカードです。

上海地下鉄の時刻表

上海地下鉄と日本の鉄道で大きく異るポイントは、時刻表が無いということ。
始発、最終の時間は決まっていますが、路線によって異なります。
始発の時刻は5〜6時、最終の時刻は22〜23時くらいです。祝日や年末年始も変更はありません。
始発と最終の時間は各駅に掲示されているので、観光地やホテル近くの駅はチェックしておきましょう。

上海地下鉄の乗り方

上海の地下鉄も、基本的な乗り方は日本とほぼ同じです。
ここでは上海地下鉄の具体的な乗り方を、ステップごとにまとめました。
乗車の際の注意点や、ルート検索に役立つアプリも合わせてご確認ください!

1. 駅を探す

上海地下鉄の駅は、市街地であれば徒歩15分に一駅の間隔で見つかります。
大型モールの地下に直結しているパターンも多いので見つけやすいはず。
駅のマークはメトロの「M」をベースにしたデザインです。

2. 切符を購入・交通ICカードをチャージする

まずは切符の購入方法から。券売機はタッチパネル式です。

切符購入の流れ

  1. 乗る路線をタッチ
  2. 下りる駅をタッチ
  3. 購入する枚数をタッチ
  4. 表示された料金を投入
  5. 切符が出てくる

※釣り銭が出ないことがあるため1元硬貨、5元札、10元札を多めに用意しましょう。

交通ICカードのチャージは駅の窓口で行います。
窓口でお金とカードを手渡し、「充值(チョンジー)」と伝えます。

3. 手荷物検査を受ける

切符を買ったらホームへ。改札に入る前に簡単な荷物検査があります。
買い物バッグ程度ならそのまま改札を通ってしまっても大丈夫ですが、スーツケースやバックパックは必ずX線検査が必要です。

4. 改札を通り乗車する

改札は、購入した切符やICカードをタッチして、バーを押して入るスタイルです。
ホームに下り、路線と行き先を確認して列車に乗ります。

5. 降車して改札を出る

電車を降車後、改札を出る際は切符を改札に入れてバーを押します。切符は戻ってきません。
ICカードはタッチします。

上海地下鉄の乗換案内におすすめのアプリ「百度地図」

中国ではグーグルマップが使用できません。
観光地や空港までのルート検索におすすめなのが、この百度地図というアプリです。
利用方法はグーグルマップとほぼ同じ。オフラインやストリートビューで地図を見ることもできます。
慣れない土地での移動に、地図アプリは必須です。
ぜひ旅行前にインストールしておきましょう!

  • 百度地図のインストール

App Store

Google Play で手に入れよう

上海地下鉄を利用するときの注意点

  • 同じ路線でも終点付近で枝分かれする路線がある(終点を確認して乗車しましょう)
  • 浦東空港から乗った際に通過する2号線の「広蘭路」駅、「唐鎮」駅では、車両数の少ない列車に乗り換える必要がある(ホームの反対側の列車に移動します)
  • 時刻表がない(路線によって5〜10分に1本のペースで運行しています)
  • 春節、国慶節などの祝日は、地下鉄2、10号線「南京東路」駅が封鎖されることがある
  • 改札を通る前に手荷物検査を受けることがある

交通カード「上海交通卡」を使ってみよう

上海旅行中の移動をスムーズに行うためにも、交通カードは必須です。
このカードが1枚あれば地下鉄だけでなく、バス、タクシー、駐車場、渡し船、リニアモーターカーなどの運賃や使用料金も支払うことができます。
観光スポットへの移動にも役立つ便利な交通カードは、上海についたらぜひ購入しておきましょう。
ここでは交通カードの具体的な購入方法や、使い方、返却方法、お得な特典をまとめてみました。

交通カードの購入方法

交通カードは地下鉄の各駅やリニアモーターカー乗り場、銀行、郵便局など、市内の約2000ヵ所で販売されています。
購入にかかる金額は、チャージしたい額+デポジット20元。デポジットは返金可能です。
例えば100元で購入した場合、実際に運賃として利用できるのは80元です。
100元ほどチャージしておけば、近距離のタクシー代2〜3回と地下鉄2〜3日分くらいになります。
チャージは、各地下鉄の駅にある窓口や、郵便局、一部のコンビニでできます。

交通カードの使い方

地下鉄に乗るときは、日本のSuica、PasmoといったICカードと同じように改札にタッチして入り、タッチして出ます。
リニアに乗るときも使い方は同じです。
タクシーに乗るときは、運転手に渡してタッチ、バスは乗るときに運転席脇の読み取り機にタッチします。

交通カードの返却方法

旅行中に使った交通カードは、返却して返金を受けることができます。
返却に対応してもらえる窓口は、数路線が乗り入れている大型駅の指定窓口です。
購入時のデポジット20元と、カード内の残額(10元以上は手数料5%を引いた額)が返却されます。

交通カードのお得な特典

交通カードにはお得な利用法がいっぱい!
たとえば、地下鉄を降りて120分以内にまた改札を入ると運賃が1元引きになります。
リニアモーターカーは片道50元のところ40元で乗車可能です。
観光の際にフル活用すれば、かなりお得に移動できますね!

まとめ

駅や車内もきれいで、運賃も安い上海地下鉄は、旅行中の移動に欠かせない交通手段です。
タクシーのように中国語でやり取りをしなくても良く、バスのようにバス停を見逃す心配もないので、観光地への移動は地下鉄をぜひ活用してみてください!アクティブな上海旅行が楽しめますよ。

上海地下鉄の乗り方や観光地へのおすすめのアクセス方法など、上海旅行中の移動について疑問がある方には、
ロコタビの無料Q&Aがおすすめです。
上海に住んでいるロコ達が、あなたの疑問をリアルタイムに解決します!
慣れない中国語で観光地へ行くのが心配だな、という方は、上海ロコにガイドを頼んでみても良いですね。
ロラべロコにはその他にも海外旅行に役立つサービスがたくさん。
あなたの上海旅行をより楽しく、充実したものにするためにご活用ください!