サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

ローマの旅行ガイド情報

イタリア・ローマのタクシーの乗り方~料金・カード払い・アプリ・注意点

【イタリア・ローマ在住者執筆】ローマのタクシーの乗り方を徹底解説! 料金、アプリ、呼び方、予約方法、タクシー乗り場、ぼったくりや悪質タクシーの注意点など、安全なタクシー利用に役立つ情報をまとめました。ローマ旅行中、重い荷物のある時や早朝・深夜の移動、徒歩やバス・地下鉄ではアクセスしにくい観光スポットへの移動には、タクシーが便利です。

イタリア・ローマのタクシー事情

イタリア・ローマのタクシーは、残念ながら、高い・悪質と言われあまり評判がよくありませんが、注意するべきポイントを事前に知っておいて気をつけることで、悪質なぼったくりにあわずに快適に利用することは十分可能です。
直径5kmほどのローマでは、市内観光でタクシーの料金がそれほど高くなることはありませんし、4人など複数の人数で利用すればさらにお得で、地下鉄やバスよりも速く快適に移動できます。また夜の外出などでも、行動範囲が広がります。観光や移動の際に、タクシーも移動手段として活用してみてください。

ローマの主なタクシー会社

ローマ市観光局のサイトで紹介されている主なタクシー会社です。電話またはサイトで予約もできます。

ChiamaTaxi ローマ市観光局タクシー予約サービス
電話番号:06 0609(自動音声)
Webサイト:http://turismoroma.it/en/node/18690

Cooperativa Pronto Taxi Roma
電話番号:06 6645
Webサイト:http://www.6645.it

Cooperativa Radio Taxi Samarcanda
電話番号:06 5551
Webサイト:http://www.samarcanda.it

Radio Taxi Tevere
電話番号:06 4157 - 06 4994
Webサイト:http://www.taxitevere.it

Radiotaxi 3570
電話番号:06 3570
Webサイト:http://www.3570.it

正規のタクシーの見分け方(色・市章・ライセンス番号)

タクシーは車体の色が白で、ドアにローマ市の市章とタクシーのライセンス番号、会社名がステッカーで掲示されています。
屋根にはTAXIという文字のサインも出ているので、これらを確認して正規のタクシーに乗るようにしましょう。

ローマ市制定・タクシーの料金

ローマ市が定めているタクシーの料金です。

初乗り・メーター料金

<初乗り料金>

曜日・時間帯 初乗り料金
平日6:00~22:00 3ユーロ
日・祝6:00~22:00 4.50ユーロ
夜間22:00~6:00 6.50ユーロ

<メーター料金>

料金種別 説明 メーター料金
T1 メーターが11ユーロに到達するまで 1kmあたり1.10ユーロ
T2 メーターが13ユーロに到達するまで 1kmあたり1.30ユーロ
T3 メーターが13ユーロを超える場合 1kmあたり1.60ユーロ

メーター料金は時速20km以上の場合です。それ以下の速度の場合、1時間あたり27ユーロの料金となります。(観光やショッピングなどで待ってもらう場合も)

<追加料金>

  • 1個目の荷物は無料、2個目以降で、35cmx25cmx50cmを超える大きさの荷物は、1個あたり1ユーロ加算。
  • 5人目以降の乗車は、1人あたり1ユーロ加算。(車両の最大乗車人数による)
  • 電話や無線などで呼ぶ場合は、3.50ユーロ加算。

<割引料金>

  • 急病やケガでローマ市内の病院まで利用する場合は10%割引。
  • 夜間(22:00~6:00)に女性が1人で利用する場合は10%割引。

フィウミチーノ空港~ローマ市内中心部は定額料金48ユーロ

フィウミチーノ空港(レオナルド・ダ・ヴィンチ空港)から、ローマ市内中心部(アウレリアヌスの城壁内:ムーラ・アウレリアーネ)までの料金は、定額48ユーロ、荷物込みです。曜日や時間に関係なく一律料金です。なお、定額料金の範囲では、メーターは作動させません。

フィウミチーノ空港からローマ市内のそれ以外のエリアまでは、メーター料金となり、50~70ユーロが相場です。ただしローマ市の規定により、70ユーロ以上は請求できないことになっています。

また、チャンピーノ空港からローマ市内中心部までの料金は、定額30ユーロ、荷物込みです。

ローマ市内中心部のおよその範囲は、テルミニ駅~メトロA線ヴァッレ・アウレリア駅~ヴァチカン市国~メトロB線ピラミデ駅~メトロA線・C線サン・ジョヴァンニ駅で囲まれたエリアです。

ローマ市のサイトで、タクシーの料金体系、ローマ市内中心部の範囲(4ページ目)を確認できます。
https://www.comune.roma.it/web-resources/cms/documents/tariffario_taxi_A.pdf

ローマ市内⇔空港の移動に、電車(レオナルドエクスプレス)は時間が読めるので便利ですが、ホテルからテルミニ駅まで荷物を運んで長いホームを歩いて移動して、しかも空港までの電車賃は14ユーロと結構なお値段になります。3人いれば42ユーロもかかるので、タクシーのほうがお得だと思います。朝晩の通勤ラッシュの時間でなければ、空港までの高速道路をものすごいスピードで飛ばしてくれるので、待ち時間や乗り換え時間などを考えると電車より早く着いてしまいます。

チップは必要?

チップは必ずしも必要ではありませんが、払いたい場合はメーター料金の10%位を目安に、お釣りの端数を渡すくらいで大丈夫です。

ローマのタクシーの乗り方

ローマでは流しのタクシーは一般的ではありません。悪質タクシーに引っかからないためにも、安全で確実な乗り方をご紹介します。

1. タクシーに乗る

①タクシー乗り場から乗る

一番確実なのは、タクシー乗り場から乗る方法です。主要駅や主要観光スポットの近くに、オレンジ色の看板が目印のタクシー乗り場があり、タクシーが待機しています。
ローマ市内中心部の主なタクシー乗り場は、トッレ・アルジェンティーナ広場(パンテオンとトラステヴェレの間)、フィウメ広場(ボルゲーゼ美術館)、ヴェネツィア広場、G. ベッリ広場(トラステヴェレ)、オスティエンセ広場、S. シルヴェストロ広場(トレヴィの泉)、チンクエチェント広場(テルミニ駅)、ティブルティーナ駅、メトロA線アナニーナ駅、リド駅(オスティア)、リソルジメント広場(ヴァチカン市国)です。

ローマ市Webサイト・タクシー乗り場リスト


出典 : Instagram


出典 : Instagram

②電話で呼ぶ

近くにタクシー乗り場がない場合は、ローマ市観光局タクシー予約サービス(060609)や、タクシー会社に電話して呼びます。ディナーの後などはお店で呼んでもらってもよいでしょう。ただし電話で呼ぶと追加料金が3.50ユーロかかり、呼んだ時点からメーター料金が加算されます。

2. ドアは手動

日本と違って、ドアは手動で、乗客が開け閉めします。

3. 行き先を伝える

行き先をメモに書いたり、スマホで目的地を表示させたり、地図を見せたりして、運転手に行き先を伝えましょう。

4. メーターが作動しているかチェック

ぼったくりを防ぐためにも、メーターを使っているか必ず確認しましょう。

5. 支払う

目的地に到着したら、料金を支払います。クレジットカード払いを希望する場合は、乗る前に一言クレジットカードが使えるか聞いておきましょう。また、タクシー会社名・タクシーライセンス番号・運転手のサインの入った領収証の発行は義務なので、必ずもらってください。

6. 降りる

後方からの自転車やバイクなどに注意してドアを開けて降ります。車内やトランクに忘れ物がないか確認しましょう。

アプリから利用できるタクシー

最近ではタクシーの世界にも、スマートフォンのアプリケーションを使ったサービスが増えてきました。
アプリで先に大体の料金を知ることができ、かつアプリ上でのお金の取引(クレジットカード払い)になり直接のお金のやり取りがなく、日本語版のアプリなら言葉の問題もないので、お財布を出すのに抵抗のある人や、言葉が心配な人に、安心できるとてもいいサービスだと思います。(希望であれば現金でのやり取りを選択することができる場合もあります。)

利用者のレビューが厳しいため、悪質なケースはまれですが、認可を受けた正規のタクシーではなく、あくまでも白タクの一種です。

ローマの街中でよく見るアプリタクシーは、FREE NOW(MY TAXI)とUBERの2社です。FREE NOW(MY TAXI)の方が、UBERより若干安く感じます。

FREE NOW(MY TAXI)

街中でよく見る、白い車体にFREE NOW/MY TAXIと大きく車体に書かれたタクシーです。

FREE NOW(MY TAXI)のダウンロード

UBER

黒い車体のメルセデスベンツが多く走っています。こちらはホテルの受付で手配してもらう場合や、UBERのアプリを使うと高い確率で利用できます。

Uberのダウンロード

ローマのタクシー利用時の注意点

白タクには乗らない

タクシー乗り場で待機していたり、電話で呼ぶ正規のタクシーを利用しましょう。正規のタクシーは屋根にTAXIのサインがあり、白い車体で、ドアにローマ市の市章とタクシーライセンス番号、会社名があります。また正規のタクシードライバーが声をかけて客引きすることはありません。客引きをする白タクでは、料金をぼったくられてしまう可能性が高いです。

ぼったくり対策

乗る前に、目的地を伝えて大体の料金を聞いておきましょう。悪質な運転手は個人を特定されることを嫌うので、車内に掲示されたタクシー運転手やタクシー会社の名前、ライセンス番号などを読み上げながら(日本語読みで構いません)メモを取ったりスマホのカメラで撮影して、不当な行為をさせにくくします。またこうしておけば、万が一車内に忘れ物をした時にも役立ちます。発車したらメーターを作動させているか確認し、スマホのGoogleマップなどで目的地までの道順をたどりましょう。また、メーターと違う金額を言われてもメーター分のみ払うこと。夜間料金や祝日料金は、メーター料金にすでに含まれています。

ぼったくりにあってしまったら

それでもぼったくりにあってしまったら、ローマ市タクシー監査局に電話(0667104282)するか、メール(tutela.consumatori@comune.roma.it)で被害を報告しましょう。目的地がホテルの場合、料金を払わずに一旦降りて、ホテルのスタッフに事情を説明し、運転手と話してもらうという方法もあります。

タクシーの中に忘れ物をしたら

領収証などを参照してタクシー会社名・運転手名・ライセンス番号を確認し、利用したタクシー会社に連絡を取りましょう。

出典 : Instagram


まとめ

いかがでしたか? この記事を参考に、ローマで安全にタクシーを利用して楽しい快適な旅にしてくださいね♪

タクシー利用が不安な方や、トラブルにあってしまった時などには、ロコタビのサービスを利用して、ローマ在住の日本人に同行や通訳をお願いすることもできます。Q&Aは無料ですので、疑問点などもお気軽に相談してみてください。