サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

メキシコシティの旅行ガイド情報

メキシコシティー国際空港での乗り継ぎ(トランジット): 空港での過ごし方or空港を出る


中南米でも最大の国際空港であるメキシコシティー国際空港を乗り継ぎに利用される方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は6~10時間のメキシコシティー国際空港での乗り継ぎ滞在時間を想定して、空港内で楽しむ方法、または、時間内でシティーを楽しむ方法をご紹介したいと思います。

メキシコシティー国際空港

メキシコシティー国際空港(Aeropuerto Internacional de México)はメキシコシティー唯一の国際空港で、ベニート・フアレス国際空港とも呼ばれ、メキシコシティーの中心からは約8キロメートル離れています。世界各国から多数の航空会社が乗り入れており、メキシコ国内、カリブ海沿岸諸国、ヨーロッパ諸国、南北アメリカ、アジア諸国等への便があり、24時間体制で運営しています。ターミナルは第1ターミナルと第2ターミナルの2つに分かれており、空港ターミナルに直結したホテルや多くのカフェやレストランも営業しています。

ターミナル間の移動

メキシコシティー国際空港には第1ターミナルと第2ターミナルに分かれています。第2ターミナルは2007年に開港されており、比較的建物も新しいです。第1ターミナル発着となる航空会社はJALやMexicana de Aviación 等であり、日本からの直行便のある全日本空輪(ANA)の発着もここになります。一方でデルタ航空、日本からの直行便もあるアエロメキシコ航空等のスカイチーム(Sky Team)グループの航空会社は第2ターミナル発着となっています。メキシコシティー国際空港のオフィシャルサイトにアクセスすると、さらに詳しい各ターミナルの情報、マップ等を見ることができます(英語のページです)→ https://www.aicm.com.mx/en/

ターミナル間の移動はバスかAerotrén と呼ばれるモノレール(無料)を使います。所要時間は共に約4分ですが、モノレールの利用はトランジットの乗客専用であり、乗車の際にチケットが必要です。第1ターミナルから出発は6番口(Puerta 6)から、第2ターミナルからの出発は4番口(Puerta 4)となっており、365日、午前5時から午前1時まで利用できます。また、ターミナル間バスは乗車客でなくても誰でも利用でき、料金は1人約1ドルでそれぞれのターミナルから約7分おきに発着しています。こちらを利用する場合、運賃は直接ドライバーに渡します。

空港での過ごし方

メキシコの場合、国内線、国際線に関わらず、トランジットの場合でも、入国審査が必要になります。流れとしては、到着→入国審査→荷物の受け取り→ゲートを抜ける、となります。乗り継ぎをする場合は再び荷物を預けます。この際、その先にチェックインバゲッジを預ける場所に向かい、ベルトコンベアーに乗せます。このように、メキシコに入国した後に、2階の出国ゲートに向かい、再び手荷物検査を受け、搭乗ゲートに行きます。また、乗り継ぎをするターミナルが異なる場合は、モノレール、またはバスで搭乗するターミナルへ移動します。

ここで、時間が余った場合は空港内にある飲食店で食事をしたり、免税店等でショッピングを楽しんだり、各航空会社のラウンジでゆっくり過ごすのも良いでしょう。

飲食店やカフェは日本でもお馴染みのスターバックスやクリスピークリームドーナツ、飲み物等を買うのに便利なセブン・イレブンがあり、第2ターミナルには有名なフランスのカフェ、メゾン・カイザーもあります。また、メキシコ料理を扱う店もあるので、トランジットの際に是非食べてみてください。

免税店も両ターミナルに入っており、香水、化粧品、食品、アルコール(テキーラもあります)、腕時計、アクセサリー、タバコ等の商品が売られており、シャネルやディオールなどの有名ブランドの品々も扱っているので見逃せません。

主な免税店は次の通りです:

第1ターミナル

DUFRY MEXICO (月~土 6:00~22:00)
LATINOAMERICANA DUTY FREE (24時間営業)

第2ターミナル

LA RIVERA(月~土 5:00~22:00)

乗り継ぎに必要な時間

メキシコシティーの空港では移動時間を含み、乗り換え時間が国内線の場合、最低2時間程度、国際線の場合、最低3時間程度必要になります。

空港を出る

空港を出る場合は乗り継ぎに必要な時間を考え、余裕を持った計画を立てましょう。空港からタクシーでシティーの中心部に行くには40分~50分かかります。さらに、交通渋滞の町メキシコシティーでは常にどこかが渋滞しており、かなり余裕を持って行動をしないと遅刻してしまいます。それを踏まえて、10時間前後のトランジットでない限り空港で待機した方が良いかと思います。

観光スポットの集まる中心部に移動する手段としては、チケット制のタクシー(空港の外で勧誘してくるタクシーには絶対に乗らないでください)、地下鉄、メトロバスがありますが、シティー初心者が限られた時間で行動するにはタクシーが一番手っ取り早いかと思います。また、UBER等のドライバーサービスのアプリをダウンロードし、登録しておくと中心部から空港に戻る時に便利です。

大きな荷物がある場合は、空港内にロッカーのサービスや荷物置き場のサービスがあるので利用することができます。

それでは、長時間だと退屈に感じがちなトランジット時間ですが、ベニート・フアレス国際空港やメキシコシティーで有意義に活用することができればと思います。