サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

タカオ(高雄)の旅行ガイド情報

台湾・高雄の年間の気候と旅行中におすすめの服装

【台湾・高雄在住者執筆】旅行が決まったら持ち物の準備です。台湾と日本は近いですが、気候は日本とは異なり年間を通して暑い日が多いのが特徴です。しかし、そんな台湾にも肌寒い日や雨の多い時期があります。気候が分からないとどんな服を持っていくべきか迷いますよね。ここでは、年間の気候の特徴や、旅行中におすすめの服装をまとめました。あなたが旅行へ行く時期の最適な服装をチェックして、旅行準備を万全に整え、台湾旅行を楽しみましょう。

台湾・高雄の年間の気候

台湾・高雄への旅行が決まったら、天気を確認して持っていく服を準備しましょう。台湾は小さな国ですが北部が亜熱帯地域、南部が熱帯地域に属しており、南北で気温差が大きいのが特徴です。南部の熱帯地域に属する高雄は台北に比べても気温が高く、台北との気温差が10度近くなることもあります。

年間の気温と降水量

高雄には日本のようにはっきりした四季がなく、長い夏(4~11月)と短い冬(12~3月)、そして雨季(5月~9月)があります。夏は湿度が高くじめじめとしているため気温以上に蒸し暑く感じます。冬は昼夜の気温差が激しく、昼間は過ごしやすい気候ですが、朝晩は上着が必要な気候が続きます。
また、高雄は1年が乾季(10~4月)と雨季(5~9月)に分かれています。雨季には、台風やスコールなど雨が多い日が続きます。

1月 2月 3月 4月 5月 6月
高雄平均気温(℃) 19.3 20.3 22.6 25.4 27.5 28.5
高雄降水量(mm) 16.0 20.5 38.8 69.8 197.4 415.3
7月 8月 9月 10月 11月 12月
高雄平均気温(℃) 29.2 28.7 28.1 26.7 24.0 20.6
高雄降水量(mm) 390.9 416.7 241.9 42.7 18.7 16.2

出典:交通部中央氣象局
]

夏・雨季(4月後半、5月、6月)の高雄

4月半ばになると高雄は夏に入ります。湿度が高いのでじめじめとした日が続き気温以上に汗ばみます。日差しが強いので観光の際には帽子や日傘が必須です。
また、5月には雨季に入り、スコールのような雨が増えます。直前まで太陽が出ていたのに急に雨が降ってくるという事がありますので常に傘を持参するといいでしょう。
この時期の台湾では美味しいライチが食べごろです。台湾はマンゴーだけでなくライチもとても美味しいです。食べられる期間がとても限られているのでこの時期に台湾にお越しの際にはライチをぜひ食べてみてくださいね。
 

夏・雨季(7月、8月、9月)の高雄

この時期に気を付けなくてはいけないのが台風です。台湾は台風が多い国で、この時期の高雄は降水量が年間で1番多くなります。台風でお店が閉まったり、飛行機が飛ばなくなったりすることもありますので、この時期の観光は注意が必要です。
雨が多いものの気温は非常に高くじめじめとまとわりつくような暑さがあります。
この時期はマンゴーが1番美味しい季節です。台湾といえばマンゴーというイメージがありますが、生のマンゴーが食べられるのは6~10月頃まで。1番旬の時期は7~9月です。

夏(10月、11月)の高雄

10月11月になるとほんの少し気温が下がりますがまだまだ暑いです。雨季が終わり高雄では雨が降る日が一気に減ります。そのため気温自体は下がっていても、天気が良く日差しが強い日が多いので暑く感じます。

冬(12月、1月、2月)の高雄

年の中で日中も長袖を着てられるのはこの短い期間だけです。気温は日本の春秋とあまり変わりませんが、湿度が高い分、寒く感じやすいようです。
この時期になるとマンゴーはほとんど見ることができず、観光地で売られているマンゴーは冷凍のものがほとんどです。高雄ではイチゴが旬を迎え、イチゴのかき氷やスムージーを楽しむことができます。日中であれば冬であってもかき氷を食べることができるくらいの気候なのも高雄の魅力の1つでしょう。

冬(3月、4月前半)の高雄

3月になると気温が少し上がり、1年の中で1番過ごしやすい気候の時期がやってきます。日中外を出歩いてもあまり汗ばむことがなく、非常に観光に向いているのがこの時期です。
外を歩いて見て回るような観光をするなら、この時期に台湾を訪れるといろいろな所に行くことができるかもしれません。

旅行中におすすめの服装

高雄の季節を理解して次に気になるのは実際の服装だと思います。日本に比べて湿度が高い台湾。日本と同じ気温でも体感温度は台湾の方がずっと高いなんてこともあります。
高雄旅行の際に参考となる季節ごとの服装や、持っていくと便利なものを紹介していきます。

夏・雨季(4月後半〜9月)の服装

日中最高気温は30度を上回ることが多く、最低気温も27度以上の日がほとんどです。現地の高雄の人の鉄板スタイルは「Tシャツ短パンサンダル」と非常にカジュアルで、暑さをしのぐことが第一です。
日中は雨が降っているとき以外は日差しが非常に強いので、帽子やサングラス、日傘などを持ち歩くといいかもしれません。
5~9月は特に雨の多い季節なので傘をお忘れなく!
また、高雄では電車や建物内の冷房がとても強いです。屋内用に何か羽織れるものを持っていくと安心でしょう。

夏(10〜11月)の服装

この時期は昼夜の寒暖差がとても激しいのが特徴です。日中は30度近く上がることも多い一方で、最低気温は25度以下になることもしばしばです。日中は半袖、夜用に何か羽織れるものを持っていくと便利です。

冬(11~2月)の服装

高雄で年間を通して1番寒い時期です。特に年明け旧正月頃が1番寒く上着が必要になります。最高気温が25度以下の日も多く、日中もトレーナーやセーターを着用している人が多くなります。最低気温は16度程度まで下がることも多く、日本の春秋用のコートが必要なくらいの気候になります。
また、この時期は高雄全体の空気が非常に悪くなります。気になる場合はマスクを持っていくといいでしょう。

冬(3~4月前半)の服装

3月4月は年間を通して1番過ごしやすい時期です。
日中の最高気温は28度近くまで上がることも多いですが、昼間は半袖か薄手の長袖シャツを着て過ごす事ができる非常に心地よい気候です。ただ、この時期は昼夜の寒暖差がとても激しく、最低気温は20度近いです。なので夜用に軽い上着を1枚持っておくと安心でしょう。

まとめ

常夏の国というイメージがある高雄ですが、気温が下がる時期もあります。雨季や台風の時期も長いので、その時期に旅行を予定されている場合は対策をしっかりする必要があります。高雄の天気は日によってや1日の中でも変わりやすいので調節しやすい服装で行くことがとても大切です。
しっかり準備をして快適な服装で高雄旅行をお楽しみください!