サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

シンガポールの旅行ガイド情報

シンガポールでチリクラブを満喫!観光者におすすめの人気店TOP3を紹介

【シンガポール在住者執筆】シンガポール名物として人気の蟹料理といえば「チリクラブ」!
たっぷりの甘辛ソースに蟹をまるごと絡めて楽しむ、シーフード好きにはたまらない一品です。
今回は、シンガポール観光者におすすめ!地元でも人気の「チリクラブの名店」レストランを3つご紹介します。
値段や食べ方、お店の予約方法など、気になる情報もまとめました。

チリクラブってどんな料理?

チリクラブ(Chilli Crab)は、蟹(Crab)に、チリ・トマト(トマトケチャップ)・ニンニク・玉子などで作った甘辛いチリソースを、たっぷり絡めたシンガポール料理です。

チリクラブに使用される蟹の種類は「スリランカクラブ」や「ドウマンガニ」など。
蟹のランクによって値段が変わるので、メニューには時価(Market price)と表記されていることが多いです。
一皿あたりの値段は大体一皿50ドル~が目安なので、複数人でシェアして食べるのをおすすめします。

チリクラブは、蟹を豪快に丸ごと食べられる贅沢さや、蟹の旨味が染み込んだチリソースに病みつきになる人が多く、シンガポールの名物としても大人気。
そのため、観光地からアクセスしやすい場所にも名店が多く、観光の後にレストランに立ち寄りやすいのも嬉しいポイントですね。
辛さの中にも甘みを感じるソースは日本人好みの味付けなので、日本人観光客からも人気を集めています。

チリクラブの名店!おすすめレストランTOP3

チリクラブが食べられるレストランはシンガポール内にたくさんありますが、
今回は

  • 地元でも美味しいと評判が良い
  • 観光客にもアクセスしやすい

の2つのポイントを元に選んだレストランを3つご紹介します。
シンガポール国内に支店のあるお店ばかりなので、宿泊先のホテルや観光地から近い店舗に、ぜひ足を運んでみてください。

ジャンボ・シーフード(Jumbo Seafood)


出典 : Instagram

ジャンボ・シーフード(Jumbo Seafood)は、シンガポール国内に支店が6店舗あり、旅行者から特に人気のシーフードレストラン。

まろやかな甘味の中にピリッとチリの効いたソースは、辛いものがあまり得意でない方にも挑戦しやすい味付けです。

観光スポットして有名なシンガポール・リバー沿いや、2019年にオープンしたジュエル(Jewel)内にも支店があります!
「どこに行こうか迷ったら、とりあえずジャンボ」と言えるとような、定番とも言える人気店です。

あわせて読みたい記事:「シンガポール空港の新名所「ジュエル」おすすめのお土産&人気のグルメ情報

店舗情報

  • 公式ウェブサイトhttp://www.jumboseafood.com.sg/

  • 支店一覧

    • East Coast Seafood Centre
    • Riverside Point
    • The Riverwalk
    • Ion Orchard
    • Dempsey Hill
    • Jewel Changi airport

レッドハウス・シーフードレストラン(Red House Seafood Restaurant)


出典 : Instagram

レッドハウス・シーフードレストラン(Red House Seafood Restauraは、シンガポール内に支店が3店舗あります。

チリクラブ以外の料理も充実しているので、大人数でたくさんの料理をシェアしたい方に特におすすめです。

レッドハウスという名前の通り、チリソースは辛さがよく効いた味付け。辛い物好きな方にはたまらないでしょう。

店舗情報

ロングビーチ(Long Beach)


出典 : Instagram

ロングビーチ(Long Beach)は、シンガポール国内に支店が5店舗あります。
オープンエアの店舗もあるので、暑さの和らぐ日没後は、雰囲気の良いオープンエアで食べるのもおすすめです。

ロングビーチは、チリクラブと並んで人気のカニ料理「ブラックペッパークラブ」の名店としても有名。
色んなカニ料理を満喫したい!という時にぜひ訪れたいシーフードレストランです。

店舗情報

チリクラブの美味しい食べ方

チリクラブは、手づかみで大胆に食べるのが一番!
ハサミを使って殻を割り、身を取り出して、チリソースに絡めて食べましょう。
日本でカニ料理を食べるときと同じような手順です。

服を保護するために使い捨てのエプロンを用意しているレストランも多いですが、
チリソースが飛び散ることもあるので、なるべく汚れの目立たない服装で行くのがおすすめ。

チリソースで汚れてしまった手は、フィンガーボールやウエットティッシュを使って綺麗にします。
トイレとは別に手洗い場が備え付けてあるレストランが多いので、食事の後はしっかり手を洗うこともできます。

また、チリクラブはかなり大皿なので、できるだけ大人数で食べるのがおすすめです。
人が多ければ多いほどチリクラブ以外の料理も注文でき、いろんな料理が少量ずつ楽しめます。
野菜炒めやカニ以外の海鮮の揚げ物など、ビールに合う料理も多いので、大勢でワイワイ食べると楽しいですよ!


出典 : Instagram

そしてチリクラブのお供として欠かせないのが、マントウ(饅頭)というパンです。
蒸し・揚げの2タイプがありますが、おすすめは揚げマントウ
サクッとした外側と、ふんわりと甘みのある内側が、素朴ながら病みつきになる美味しさです。
値段は1つ$1以下と安いので、ひとり1~2つづつ注文しておきましょう。

少し甘みのあるマントウで、蟹の旨みたっぷりのチリソースをすくって食べると絶品!
「蟹よりもマントウでたべるチリソースのほうが好き」という方もいるくらい、ファンの多い食べ方です。

他にはチャーハンの上にチリソースをかけて、蟹チャーハンにして食べるのもおすすめです。

チリクラブを食べに行く時、レストランの予約は必要?

チリクラブが食べられるシーフードレストランは、大きな円テーブルをガヤガヤ囲むようなイメージ。
家族でゆっくり食事を楽しむ方が多いので、席数は多くても混雑していることがほとんどです。
週末やディナータイムにチリクラブを食べにいく際は、予約をしていくのをおすすめします。

予約は電話のほか、レストランのウェブサイトからオンライン予約ができるお店が多いです。
ウェブサイトで人数と日時、連絡先などを入力するだけなので簡単。
電話での予約が不安な方は、オンライン予約を活用してみてください。

ウェブサイトとはいえ予約の際は英語が必須なので、不安な方も多いと思います。
そんなときはロコタビのサービスを利用して、予約の代行をしてもらいましょう!
「アレルギーがある」「お祝いのサプライズをしたい」といった要望を伝えたいときも、
地元に住んでいるロコに代行してもらえば安心です。

まとめ

シンガポール旅行中に1度は食べておきたい「チリクラブ」。
蟹を丸ごと使うだけあって少し値段の張る料理なので、食べに行くなら美味しい名店を選びたいですよね。
今回は、観光者におすすめの「チリクラブの名店」を3つご紹介したので、ぜひお店選びの参考にしてみてください。

チリクラブを食べる時は、手づかみで豪快に食べるのが美味しい楽しみ方です。
付け合せにマントウ(饅頭)やチャーハンを頼むのも忘れずに!
蟹の旨味がたっぷり染み込んだソースを絡めて、最後まで美味しく食べきりましょう。

また、チリクラブは一皿あたりのボリュームが大きいので、大人数で食べに行くのがおすすめです。
ブラックペッパークラブなど、他のカニ料理と食べ比べを楽しんでも良いですね。

「シンガポールのグルメ情報がもっと知りたい!」
「ひとりで旅行するから、誰かと一緒にチリクラブを食べに行きたい」
「レストランの予約を代行して欲しい」

という方にはロコタビのサービスがおすすめです。
ロコタビでは、現地在住の日本人ロコたちに、予約の代行や観光案内などのサポートを依頼することができます。
無料で質問できる無料Q&Aもあるので、ちょっとした疑問を解決したいときにもピッタリです。