サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

メルボルンの旅行ガイド情報

【2019年最新】メルボルンのバス利用ガイド(乗り方・料金・観光バス)

【オーストラリア・メルボルン在住者執筆】メルボルンの公共交通機関は、バス・電車・トラムと種類が豊富です。それぞれ利用方法が少し異なるので、事前にしっかり予習しておきましょう!
今回はメルボルンのバスについて、具体的な乗り方、ゾーンごとの料金、乗り換えアプリ、旅行者にお勧めの「ガイド付き観光バス」もご紹介します。

メルボルンのバス基本情報

オーストラリアは州によって公共交通機関の料金や乗車のルール、利用できる交通カードが異なります。
メルボルンで利用できる公共交通機関は「電車」「バス」「トラム」の3種類です。
市内に無料ゾーンがあるトラムや、所要時間が短い電車に比べると、バスは旅行者にとって利用頻度の低い交通機関かもしれません。
とはいえ電車が通っていない郊外の観光地に行く際はバス利用が必須ですし、市内にはガイド付きの観光バスも走っているので、乗車する機会はあるでしょう。
メルボルン旅行中は状況に合わせて自分にあった公共交通機関を選びたいですね。

公共交通機関の料金体系

メルボルンでは、初めて公共交通機関に乗車してから2時間以内は一定の料金で何度でも乗り降りすることができます。
バスからトラム、トラムから電車などほかの公共交通機関に乗り換えても料金は同額のままです。
料金は「ゾーン」によって設定されており、メルボルン市内中心エリアからの距離によって「ゾーン1」と「ゾーン2」に分けられています。
「ゾーン1の中だけ」「ゾーン1とゾーン2の間」を移動する際の料金は一律です。「ゾーン2の中だけ」を移動する際には料金が変わります。
また、同じ日の中で複数回にわたり公共交通機関を使用したとしても、1日料金以上の料金がチャージされることはありません。
留学生やシニア、障害者の方々用には割引価格も設定されていて、身分証明書を提示して専用の交通カードを購入できます。

ゾーンごとの料金表 ※2019年最新情報

2時間料金 ゾーン1+ゾーン2 ゾーン2のみ
通常料金 4.40ドル 3.00ドル
割引料金 2.20ドル 1.50ドル
1日料金 ゾーン1+ゾーン2 ゾーン2のみ
通常料金 8.80ドル 6.00ドル
割引料金 4.40ドル 3.00ドル

※この運賃は2019年1月に更新されたものです。
料金の改定は頻繁に行われるので、旅行前にはPTV(ヴィクトリア州公共交通機関)のウェブサイトで最新情報を確認されることをおすすめします。

  • 料金計算の例(通常料金でゾーン1+2を移動した場合)

例えば午前8時にバスに乗車したら、午前10時までは4.40ドルでバス・電車・トラムに乗り放題です。
その後また午前11時にトラムに乗ったら、また4.40ドルがチャージされ、今度は午後1時まで追加料金なしで乗り放題です。
その後、午後4時に電車に乗ったとしても、1日料金の8.80ドルをすでに支払っているので、今度は料金がチャージされません。

交通ICカード「マイキーカード」

メルボルンで公共交通機関を利用する際は、SUICAやPASMOのような交通ICカードで料金を支払うのが一般的です。
現金払いはほとんどできないので、短期の旅行者でも必ずカードを購入するようにしましょう
メルボルンのあるヴィクトリア州で利用できるのは「マイキーカード(Myki card)」というカードです。
オーストラリアの他の都市で発行されている交通ICカードは利用できないので注意しましょう。
マイキーカードはバスのみならずトラムや電車などすべての公共交通機関で利用できます。
19歳以上の旅行客には6ドル、5歳から18歳の旅行客には3ドルで販売されています。4歳以下のお子様は無料です。
カードへのチャージは電車の駅構内のみならず、街中にある各種コンビニエンスストアでも可能です。

▲このマークがあるコンビニエンスストアでマイキーカードへの入金が可能

マイキーカードの詳しい買い方やチャージ方法、ほかの公共交通機関に関する情報は、こちらの記事で解説しています。

旅行中に活用したい乗り換え・時刻表アプリ

メルボルンを含め、オーストラリアのバスは遅延が多いのが現状です。
時刻表は各バス停に掲示されていますが、その通りにバスが来ないことが頻繁にあります。
そこで役立つのが「Public Transport Victoria app」というアプリです。お使いのスマホや携帯端末で「PTV」と検索するとダウンロードができます。
次のバスの出発予定時間を分単位でお知らせしてくれるのはもちろん、電車やトラムへの乗り継ぎ案内もしてくれる優秀アプリです。

メルボルンでは公共交通機関がスケジュール通りに運航しないことが多々あるため、こちらのアプリで随時出発時間を確認するといいでしょう。

Public Transport Victoria appのダウンロード

Google Play で手に入れよう

ほかにも旅行中に重宝するのが、「グーグルマップ」のアプリです。
PTVのアプリはヴィクトリア州の公共交通機関のみに対応したアプリですが、、グーグルマップは世界中の乗り換え情報を調べられます。
オーストラリアの他の都市や、他の国へも旅行の予定がある方はあわせてダウンロードしておきましょう。
グーグルマップでは乗り換え案内や自分の現在地を調べることができますが、遅延があった場合の正しい出発予定時間をみることはできません。
メルボルンを旅行する際は、PTVアプリとグーグルマップの両方を使い分けるとスマートに移動できるでしょう。

グーグルマップのダウンロード

App Store
Google Play で手に入れよう

バスの時刻表はこちらからダウンロードできます。

メルボルン近郊バス路線図

バスの乗り方

1.乗車する

バスの停留所には必ずオレンジ色の看板があります。メルボルンでバスに乗る際は、運転中のバス運転手にしっかりと見える位置に立ってバスを待ちましょう。
バス停にいたのに運転手に見過ごされてしまいバスが目の前を通り過ぎてしまったということが頻繁に起こります。
乗車するときはバスの前方から乗ります。

2.料金を支払う

マイキーカードを機械にタッチすると、自動的に料金がチャージされます。

3.降車する

乗車中のバスが自分が降りたいバス停に近づいたら、停車ボタンを押して運転手に知らせる必要があります。
日本の様に車内アナウンスが無いので、グーグルマップで常に自分が今どこにいるかを確認しながらバスに乗るようにしましょう。
また、バスを降りる際は必ずマイキーカードを機械にタッチしましょう。
万が一タッチを忘れてしまった場合はバスを降りたとみなされず、余分な金額をチャージされてしまう場合があります。

旅行者におすすめ!ガイド付き観光バス

メルボルン市内を歩いていると、カラフルな2階建てバスを目にすることがあるでしょう。
こちらは展望デッキの付いた観光バスで、市内やメルボルン近郊の観光地を巡る、旅行者にも人気のアクティビティーです。
市内の主要な観光スポットを周ったり、自由に乗り降りできたり、動物園や水族館がセットになったツアーもあります。
また、各ツアーにはガイドの案内が付いていますが、英語のみです。

料金やツアーの詳細は、シティーサイトシーイング(City sightseeing)のウェブサイトをご覧いただくか、日本語の旅行サイトでもチケットが購入できます。

まとめ

いかがでしたか?メルボルンのバスは遅延が多く本数も少ないため、ほかの公共交通機関に比べるとすこし不便に感じることもあるかもしれません。
しかし遠方に行くときなどはバス移動が必須になって来るので、旅行前にバスの乗り方を知っておけると安心です。
初めてメルボルンに来られる方や、効率よく観光地を回りたい方には、展望デッキから市内を見渡しながらツアーができる「観光バス」もおすすめです。
チケットの購入方法がわからなかったり、英語ガイドの翻訳をしてほしい方には、ロコタビのサービスがおすすめ。
Q&Aは無料で利用できるので、公共交通機関に関する質問などはこちらで気軽に聞いてみて下さい。
みなさんのメルボルン旅行がさらに楽しいものとなりますように!