サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

フランクフルトの旅行ガイド情報

Light + Building 2020 で商談・交渉をサポートする通訳を探す方法

2020年3月08日 ~ 2020年3月13日に、ドイツのフランクフルトにて開催される「Light + Building 2020(ライトアンドビルディング 2020)」での商談・交渉をサポートする通訳を探す方法をご紹介します。Light + Building 2020 では各国から展示会に人が集まるため、英語での交渉が必須です。


出典 : Instagram


Light + Building 2020 では英語での商談・交渉が必要なの?

ライト・アンド・ビルディング 2020の開催地は、ドイツのフランクフルトですが、実際の出展企業は半数が海外からの出展になります。今回はライト・アンド・ビルディング 2020での商談・交渉に必要な言語について紹介します。

Light + Building 2020 では英語での商談・交渉が必須

上記で言ったとおり、出展企業の半数以上が海外からの出展なので、言語の優先度としては英語は必須となります。また、開催地がドイツということもあり、実際にドイツ語を話して商談・交渉にあたることは好評価にも繋がりますし、ビジネスとしてのチャンスも広がるので、英語は必ず・できればドイツ語も話せると有利でしょう。

Light +Building 2020 には英語版の名刺も持参すべき

基本的に、海外での見本市に参加する場合は、英語での名刺も作成して持っていくのがマナーです。出展者も訪問者も、相手に名刺を渡す機会はいくらでもあるので、この機会にしっかり渡していきましょう。その際、なんの印象もなく渡してしまうと意味がないので、英語・またはドイツ語でしっかりとコミュニケーションをとることが鍵となってきます。

とはいえ、初めての見本市で不安な方や、展示会の通訳や商談時のサポートなど経験豊富なアテンドを受けたい方は、ロコタビでフランクフルト在住の日本人に依頼しましょう。


Light + Building 2020 での商談・交渉を成立させるコツ


出典 : Instagram

コツ①:英語が堪能な現地通訳にアテンドしてもらう

今回の見本市では、当然英語が主流となっていくでしょうが、ドイツの出展企業の方と話す際にドイツ語で商談・交渉ができると、話がスムーズに進みますし、ビジネスチャンスも一気に広がるでしょう。英語にあわせドイツ語も堪能な現地通訳の方にアテンドを頼めば、こういった不安は一気に解消されます。

ロコタビではこういった展示会の経験が豊富なフランクフルト在住の日本人にアテンドを頼むことも可能です。


コツ②:英語が堪能な社員を参加メンバーに加える

英語が堪能な社員がいる場合は、積極的にメンバーに加え、現地で活躍してもらいましょう。
実際に会社の方針や、商品を深く理解している社員が直に商談・交渉できるというのは、かなり魅力的です。社員が直に現地で交渉をする場合は、事前に現地ドイツの商習慣などを学び、現地の商談や交渉の方法を把握するためにも、下調べや事前準備をしっかりとして備えることが大切です。


Light + Building 2020 で商談・交渉をサポートする通訳を探す方法

商談や交渉を成功させるために必要なのは、やはり巧みな言語力。経験豊富な通訳の方にアテンドを頼むことにより、実際にビジネスの場にて商談や交渉がうまくいく可能性が格段にあがります。
現地での展示会でのアテンドができる日本人通訳の方を探すのが1番いい方法でしょう。

ロコタビ(LOCO TABI)を利用する

ロコタビでは、そんな見本市での通訳・交渉人・スタッフとして現地在住者にサービスを依頼することが可能です。サービス提供者の中には、そういった見本市での仕事の依頼を何度も受けているベテランの方もおり、ドイツでの商習慣はもちろん、他国からのバイヤーとのやり取りや、紹介、そこから繋げるための話術など、ドイツ語や英語で取引することが可能な人を探すこともできます。

また、バイヤーとして行く場合でも、サービス次第では現地でのホテルの予約や、会場まで同行・商品説明の翻訳や取引の交渉、イベント時の通訳をしてもらうことも可能なので、折角の見本市での経験を無駄にすることなく味わうことができます。

フランクフルト在住日本人が展示会・見本市の視察をサポート |ロコタビ


まとめ

ライト・アンド・ビルディング 2020は、世界各地から照明と建築における最新技術を駆使した企業の数々が出展する大きな展示会になります。
2年に1回という開催頻度なこともあり、開催年はフランクフルト市内でもライトパフォーマンスが開催されたりと盛り上がりをみせます。

海外での展示会ということもあり、慣れない環境でも、現地在住者のサポートがあることで不安は解消されるのではと思います。ぜひビジネスレベルの英語・ドイツ語を話す経験豊富なアテンドを探してみてはいかがでしょうか。