フォアグラ、パテ、セレクション | ブダペスト在住ケイさんのおすすめお土産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Email

フォアグラ、パテ、セレクション

現地語表記:Libamaj, pastetom, valogatas

【オススメ度】

★★★★★ by ケイ (5個満点)

フォアグラ、パテ、セレクション

基本情報

ハンガリーのドナウ川西岸(ドゥナーントゥール(英語版)、Dunántúl)でも昔からフォアグラの生産が行われており、フランスなどへ輸出も盛んである[注釈 2]。フォアグラ(肝臓※わが国では、フォアグラとは肝臓のことと受けとめられていることが多いが、フランス語のFoie(フォア)は肝臓で、gras(グラ)が脂肪である。すなわち、フォアグラとは、強制給餌により肥大させた”脂肪肝”である)を取る前のアヒルやカモを数週間フランスで飼育するとフランス産と表示でき、フランス産と記されたフォアグラの半分以上がハンガリーで飼育されたガチョウやカモであることにより、ハンガリーは世界一のフォアグラの生産国だという者もある[27]。

2006年に欧州に鳥インフルエンザが流行した際、日本など各国がフランス産からハンガリー産に切り替え、これが世界にアピールする機会になったという[19]。ハンガリーでは、年間2500-2600トンのフォアグラ(ガチョウとアヒル)が生産され、約20億フォリントの売上げがあり、これは鶏肉生産高の約1割を占める[28]。また、約5,000人分の雇用を提供する産業でもある[28]

おすすめする理由と説明

フランスと並びハンガリーもフォアグラの名産地です。レストランでお召し上がりになってもいいですが、お土産に缶詰めやパテをお勧めいたします。

ブダペスト在住のロコ、ケイさん
情報の提供者(ロコ):

ケイ

ブダペスト在住14年、国家ガイド資格有、旅行会社に合計約10年勤務後、今年6月よりフリーランスとして働いております。日本の大学を出て、東京にて7年間サラリーマン生活の後、渡英、ロンドンにて3年間、英語を学びながら飲食業などを経験。「ドナウ川の真珠」ブダペストとハンガリーをご案内いたします。昼夜問わず24時間、オールマイティでご対応可能です。なんでもご相談ください。ブダペスト以外の都市もご一緒...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Email