サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

バンコクの旅行ガイド情報

【2019年版】タイ・バンコクの入国審査マニュアル

【バンコク在住者執筆】2018年から入国カードがリニューアルされました。渡航前にチェックしておけば安心!タイの入国審査の手続きを解説します。入国の流れや所要時間、入国カード・税関申告書の具体的な書き方をまとめました。
飛行機が着陸した後、空港を出るまでには意外と時間がかかります。特に、入国審査は入国カードの書き方が合っているのか不安になってしまうことはありませんか?今回は、スムーズに入国を済ませるために、タイの入国審査の手続きを解説します。入国の流れや所要時間、入国カード・税関申告書の具体的な書き方ををチェックして、安心してタイに旅立ってくださいね。

入国手続きの流れと所要時間

入国手続きの流れと所要時間を、4つの手順で簡単にご紹介していきます。

1.入国審査

タイの入国審査は、まずは「入国カード」の記入をします。着陸前に機内で配られますので、着陸前に記入しておきましょう。万が一、機内で配られなくても、入国審査の場所に、たくさんありますので心配する必要はありません。詳しい書き方については、下記にまとめてありますので、ご参照ください。
その後、外国人用カウンター(Foreign Passport)で「入国カード」と「パスポート」を持って、列に並びましょう。多い時には、ここで1時間以上待つ場合もあります。
入国審査官に、出入国カードとパスポートを提示した後、入国の目的を聞かれます。「Sightseeing(観光)」と答えましょう。そして、カウンターの小型のカメラで撮影をします。帽子やマスク、サングラスを外し、カメラをじっと見ましょう。あとは、入国スタンプが押されるのを待つだけです。帰国時に必要な出国カードを審査官が切り取って渡してくれるので、大切に保管しておきましょう。
基本的に入国審査で怪しまれる人は、短期間で出入国を繰り返している人や挙動や服装が不審な人です。サングラスやマスク、帽子は事前に外し、顔の表情が確認できるようにしておきましょう。また、無職の場合は何か聞かれるかもしれません。あらかじめ、回答を考えておきましょう。
乗り換えの場合は、空港外の場所へ行く場合は、入国審査を受ける必要があります。空港外へ出ないのであれば、入国審査は不要です。

2.手荷物受け取り

スワンナプーム国際空港の場合、イミグレーションを抜けると、預け荷物の受け取り場所になります。ベルトは1番から23番まであり、国内線が1〜6番です。国際線は7〜23番です。タイで不吉な数字とされている13番のベルトは存在しません。
ドンムアン国際空港の場合も、イミグレーションを抜けるとすぐに荷物の受け取り場所です。こちらの空港はスワンナプーム国際空港ほど大きくないので、すぐに荷物の受け取り場所が分かります。
もし、荷物が見つからなかったり、破損していた場合、近くの係員に状況を説明しましょう。空港のサービスカウンターに案内されます。
破損の場合、破損報告書を書いてもらい、旅行保険で対応しましょう。場合によっては、利用した航空会社からの保証があるかもしれません。
紛失の場合、自分の荷物は現在どこにあり、いつ現地に届くのかを確認しましょう。

3.手荷物検査・税関申告

手荷物検査の主な検査内容は、本人と手荷物のX線検査です。基本的に日本と同じです。100mlを超える液体物の持ち込みは禁止ですのでご注意ください。ノートパソコンはカバンから出しておきましょう。
また、税関申告については、タイでは廃止になりました。

4.到着ロビー

スワンナプーム 国際空港のマップになります。2階が到着フロアになります。バンコク都内への方向に進み、タクシーや電車で移動しましょう。

ドンムアン国際空港のマップになります。1階が到着フロアになります。タクシー乗り場やバス乗り場へ移動してバンコク都内へ行きましょう。

出入国カード・税関申告書の書き方

入国カードと税関申告書の書き方になります。現地で困らないよう、しっかりと予習しておきましょう。

入国カード

入国カードの書き方になります。下記の画像をご覧ください。
※2018年から入出国カードが新しくリニューアルされました。

JAPAN AIRLINE ホームページ:各国出入国書類の書き方

上記URLを参考にそれぞれ下記の通り記入してください。
1:姓
2:名
3:性別(男性:Male/女性:Female)
4:国籍
5:パスポート番号
6: 生年月日(日・月・西暦)
7: 到着便名
8: ビザ番号(※ビザ番号があれば記入)
9: 職業
10:出発国
11:滞在目的
12:滞在日数
13:居住都道府県
14:居住国
15:タイ滞在中の宿泊先住所(ホテル名)
16:電話番号
17:Eメールアドレス
18:署名(パスポートと同じ)

出国カード

出国カードの書き方になります。

JAPAN AIRLINE ホームページ:各国出入国書類の書き方

上記URLを参考にそれぞれ下記の通り記入してください。
1:姓
2:名
3:生年月日(日・月・西暦)
4:パスポート番号
5:国籍
6:出発便名
7:署名(パスポートと同じ)

税関申告書

タイで税関申告書の記入は必要ありません。なぜなら、その仕組みが廃止されたからです。
明らかに荷物の量がおかしければ税関に止められ、中身をチェックをされます。違反していれば提示された税金を払います。