サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

オアフ島(ハワイ)の旅行ガイド情報

ハワイ・ホノルル(オアフ島)のダニエル・K・イノウエ国際空港から市内の移動アクセス方法・手段ガイド

【ハワイ・ホノルル(オアフ島)在住者執筆】
今回は2017年にホノルル国際空港から名称が変更された、ダニエル・K・イノウエ国際空港からホノルル市内へのアクセス方法(バス・タクシー・レンタカーなど)をご紹介していきます。

ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)空港到着後の流れ

飛行機着陸後、Wikiwikiトローリーというバスに乗って到着ロビーに向かいます。

その後、入国審査が行われ1階へ移動しますが、団体用と個人用では出口が異なります。

荷物受け取り場所を背にして左の出口が団体用、右の出口が個人用です。出口に迎えが来ているはずなのに見当たらない!ということにならないように注意しましょう。


写真の上部が団体用出口を出た写真で、色々なツアー会社のカウンターがあり、到着時には案内役の方が迎えてくれます。
下部が個人用出口でレンタカーやシャトルバスなどに向かうための案内掲示板などが並んでいます。

団体用出口はターミナルの1番西側の端にあります。個人の方が間違って出てしまっても、ターミナル東側に少し戻れば大丈夫です。

空港での両替方法

ダニエル・K・イノウエ国際空港のフロアマップより、「Service(サービス)」→「Currency Exchange(両替)」を選んでいただくと両替所の位置と営業時間が分かります。

複数ありますが、1番使いやすい両替所は団体用出口隣にあるエスカレーターから2階に上がったところにあります。

営業時間は午前6時から正午までですが、日本からの便は、ほぼ午前中に到着するので問題ないでしょう。

ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)からホノルル市内(ワイキキ)までのアクセス手段

まずは様々ある交通手段の比較(空港〜ワイキキ間)を一覧にしてみました。それぞれ詳細はこの後ご紹介します!

交通手段 所要時間 料金(チップ含まず)
シャトルバス 約40分 約17ドル
タクシー 約30分 約35ドル
Uber 約30分 約35ドル
市内バス 約45分 2ドル50セント
レンタカー 約30分 車種などによる

シャトルバス

大手ツアー会社から送迎専門の会社まで幅広い選択肢がありますが料金には大差なく、料金設定が分かりやすいところが多いです。

2名以上の場合は、タクシーよりも割高になってしまうため、ひとり旅やカップルにオススメです。

飛行機の到着時間に合わせたり、30分毎に運行したりなど待ち時間も少なそうですが、ワイキキの主要ホテルを経由するため、停車順によって到着までの所用時間が変わりそうです。

オススメのシャトルバス


(写真: 個人用出口近くにあるロバーツハワイのお迎え場所。黄色いシャツを着たスタッフが近くにいらっしゃいます。)

タクシー

4人乗車することができるため、2〜4人での旅にオススメです。

乗車料金にプラス15%のチップと、荷物の上げ下ろし1つにつき1ドルのチップが必要なため割高な印象です。現金しか使えない場合もあるため、手持ちが少ない場合は乗る前にクレジットカードが使えるかどうか確認をしましょう。

また、基本は英語で会話することになるため英語に自信がある方向けです。
こちらの記事「ハワイ・ホノルル(オアフ島)旅行で役立つ英語/ハワイ語の挨拶・会話フレーズ集、翻訳アプリ」 ではよく使う英会話とオススメの英会話アプリを紹介していますのであわせてご覧ください!

タクシー乗り場には常時数台のタクシーが待機しているため、待ち時間少なくホテルまで行けることが最大のメリットでしょう。

オススメのタクシー


(写真: タクシー乗り場。個人用出口から信号を渡り、正面の通路に乗り場があります。)

参考記事:「ハワイ・ホノルル(オアフ島)のタクシーの乗り方ガイド〜料金・カード払い・便利なアプリ〜」

Uber

スマートフォンのアプリをダウンロードしてさえおけば、行き先の指定も、支払いもスマホ上でできるためタクシーよりもやりとりが簡単で安心して利用できます。

金額はタクシーと同等、チップは支払いの画面上で何%支払いたいかを選択することができます。

注意すべき点は、アメリカでは8歳未満までの子どもはチャイルドシートが義務付けられているため、チャイルドシートが必要な旨をメッセージ等で知らせておく必要があります。知らせていない場合は、乗車拒否されてしまいますので気をつけましょう。

ちなみに、タクシーではチャイルドシートは必要ありませんのでご安心ください。

ダニエル・K・イノウエ国際空港では混雑を避けるために2階の出発ロビーに乗り場があります。出口のある1階から、エスカレーター等で2階に移動しましょう。青い「RIDE SHARE」の掲示があるところがピックアップ場所です。


(写真: Uberの乗り場。青い案内が目印です。)

Uberのダウンロード

市内バス

片道2ドル50セントと圧倒的にお得な手段がバスですが、手荷物は膝の上にのるものに限り、大きなキャリーケースでは乗車することができません。国内旅行者やローカル向けの手段と言えそうです。

バスの乗り場はUberと同じく、出発ロビーのある2階で信号を渡った道にあります。

参考記事:「ハワイ・ホノルル(オアフ島)のバスの乗り方ガイド(料金・アプリ・乗り方)」

レンタカー

費用は車種や期間にもよりますが、最も自由度があり便利です。ハワイの道などに慣れている、もしくはハワイが数回目の方やファミリー、アクティブに活動する方にオススメです。

個人用出口から信号を渡ったところに「CAR RENTAL CENTER」という場所があり、ADVANTAGE、AVIS、Budget、Hertz、Nationalの5社から車を借りることができます。

National社の中にはニッポンレンタカーの日本語カウンターがあります。

それ以外の会社はこのセンターの中にはないため、レンタカー専用のシャトルバスに乗り、レンタカーの営業所に行き、そちらで車を借りる流れになっています。


(写真: レンタカーの案内掲示。空港に複数掲示されています。)

まとめ

それぞれにメリットとデメリットがありましたが、2名以下ならシャトルバス、2名〜4名ならタクシーまたはUber、子連れやワイキキ以外にも移動する予定が多い場合はレンタカーが使いやすいかと思います。皆さんにピッタリの手段がみつかりますように!