サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

マカオの旅行ガイド情報

マカオのタクシー乗り方ガイド~料金・ぼったくり対策

【2020最新情報】旅行中の移動にタクシーを検討している方や、早朝や深夜のタクシー移動に不安を感じている方必読です! タクシーの種類や乗り方、料金、支払い方法、配車アプリ、トラブルなど、乗る前に知っておきたいことをまとめました。
マカオのタクシーは日本よりも安くてお得ですし、バスなどの公共交通機関と比べて使い勝手がいいので、旅行中のちょっとした移動はタクシーを利用すると良いでしょう。


出典 : Instagram

マカオのタクシーの基本情報・種類

マカオのタクシーは「的士」や「計程車」といい、個人タクシーが主流となっています。
黒色の車体と黄色の車体のタクシーがありますが、色や乗車人数が変わっても料金は変わらず、一律料金となっています。

タクシーの料金

運賃の支払いはマカオ・パタカ、香港ドル両方使えます。以下に基本料金、チップ、料金相場についてご説明します。

初乗り料金・追加料金など

2017年7月より運賃が以下のように改定されました。1パタカ=14円で換算しています。

基本料金

運賃種類 料金(MOP) 日本円の目安
初乗り運賃(1.6kmまで) 19パタカ 約266円
追加運賃(240m毎) 2パタカ 約28円

その他の追加料金

種類 料金(MOP) 日本円の目安
待機時間料金(1分毎) 2パタカ 約28円
トランクに入れる荷物(1個あたり) 3パタカ 約42円
マカオ国際空港など特定の場所(※)から乗る場合 5パタカ 約70円
マカオ半島からコロアンへの乗車 5パタカ 約70円
タイパからコロアンへの乗車 2パタカ 約28円

※マカオ国際空港、タイパ・フェリー・ターミナル、マカオ大学、コタイ出入境ゲート、港珠澳大橋マカオ口岸

チップ

基本的にチップは必要ありません。
あげるとしても、お釣りの端数をとっておいてもらう程度で構いません。

メインエリアのタクシー料金の相場

マカオ空港からコタイ地区にあるホテルには無料のシャトルバスが出ています。タイパ地区へはシャトルバスが出ていないのでタクシーを利用しましょう。

エリア 料金(MOP) 日本円の目安
マカオ空港>マカオ中心部のホテル 約85パタカ 約1,190円
コタイ地区のホテル>タイパフェリーターミナル 約40パタカ 約560円
タイパ地区のホテル>セナド広場 約80パタカ 約1,120円

タクシーの乗り方


出典 : Instagram

続いてマカオのタクシーの乗り方についてご紹介します。基本的には日本のタクシーと変わりませんが、海外ならではの注意しなくてはならない点もあります。

1. 乗る

流しのタクシーを拾うこともできますが、場所によっては最寄りのホテルにあるタクシー乗り場から乗る方が確実です。
フロントの人にお願いして、タクシーを呼んでもらいましょう。
目的地や時間が書かれた配車カードをもらえるので、ピックアップにきたタクシー運転手に見せます。
配車カードがなくても、ホテルのドアマンがタクシーの運転手に目的地を通訳して伝えてくれるので、安心して目的地まで乗せてもらうことができます。

タクシーのドアは自動ドアではないので、自分で開け締めします。

そして、走り出すときに運転手がメーターをスタートするのを必ず確認してください。

2. 支払う

メーターに表示された金額+荷物代などを追加した料金を支払います。

マカオのタクシーはクレジットカードが使えません。高額紙幣だとお釣りがなくて断られる可能性があるため、あらかじめくずしておきましょう。
万が一忘れ物をしたときや何かトラブルがあったときに、後でタクシーを特定しやすいようにレシートをもらっておくと良いでしょう。

3. 降りる

車の通りがある場所で降りる場合は、後方から来る車に注意してドアを開けましょう。

旅行初心者の方は、車内で携帯・スマホなどを使っていて、うっかりそのまま忘れてしまうケースが多いです。車から出る前・出た後も車内をさっと見回して、忘れ物がないかどうか確認するようにしましょう。

乗る前に知っておきたい注意点

マカオのタクシー運転手は英語ができない人も多く、流しのタクシーを拾う場合、中国語(広東語)で行き先を伝えることができずに乗車拒否されることもあります。
行き先を中国語(漢字)でメモしておけば、それを見せるだけで良いので、不安な方は紙に書いておきましょう。

また、お昼ご飯時や夕方の17時~19時頃は流しのタクシーを捕まえにくくなります。どうしても捕まらない場合は近くのホテルでタクシーを呼んでもらいましょう。

早朝や深夜に空港やフェリーターミナルから乗る場合は、割増料金として通常の2~3倍の料金を請求されます。割り切って大人しく払うか、それが嫌なら粘り強く交渉しましょう。ホテルに行くのであれば、無料シャトルバスを利用しましょう。

よくあるタクシートラブルと対処法


出典 : Instagram

マカオでタクシーを利用する際によくあるトラブルとその対処方法についてご紹介します。以下を事前によく読んで、トラブルに巻き込まれないように(巻き込まれてもスムーズに対処できるように)準備しておきましょう。

乗車拒否されたら……?

上記の通り、中国語(広東語)で行き先を伝えられなければ、乗車拒否される可能性があります。
目的地を漢字で書いた紙を見せるのが一番手っ取り早いですが、Googleマップで目的地を見せるのも一つの手です(文字表示を中国語に変更しておくと尚良し)。

また、Googleマップを使用していることを見せれば、わざと遠回りして高い料金を請求してくるドライバーを牽制することができます。

料金をぼったくられたら……?

マカオのタクシーは基本はメーター制ですが、運転手によってはぼったくりしてくる人もいます。
降りる際に多額の請求をされるのではなく、乗り込んだ際に値段を口頭で言われることが多いです。上記の料金相場よりも高い値段をふっかけてきたら、正規の料金を伝えたり、他のタクシーを拾うなどの対応をすると良いでしょう。

また、メーターをスタートしない場合は、以下を参考に運転手にお願いしましょう。

「メーターを倒す」の言い方

  • 広東語:「落錶」(lok6 biu1)
  • 中国語:「打表」(da3 biao3)
  • 英語:turn on the meter/start the meter

⇒【関連記事】マカオ旅行で役立つ広東語の挨拶・会話フレーズ・翻訳アプリ

タクシーに忘れ物をしたら……?

以下の電話番号に問い合わせましょう。

TEL: 2893-9939、2828-3283

もし、パスポートを紛失してしまった場合は日本大使館・領事館に相談しましょう。マカオには総領事館がないため、香港の総領事館が窓口となります。(参考:OTOA 都市別安全情報「マカオ 紛失物」

支払いの際にレシートをもらっていないと、タクシーを特定することができず、忘れ物が返ってくる可能性は極めて低くなります。
忘れ物をしないように降車時に確認することはもちろん、万が一に備えて支払いの際にレシートを必ずもらうようにしましょう。

タクシーの配車アプリ・貸し切りサービス

最後にマカオでのタクシーの配車・貸切サービスについてご紹介します。

配車アプリ「Uber(ウーバー)」は使えない

残念ながら、マカオではUber(ウーバー)やGrab(グラブ)などの配車アプリは使えません。
ウーバーは2015年に一度マカオに進出しましたが、翌年にはマカオ政府によって違法な白タク行為として取り締まりが強化され、現在は完全に撤退しています。

ちなみに香港ではウーバー(一部サービス)やその他ローカルの配車アプリが使えます。

⇒【関連記事】香港のタクシーの乗り方ガイド〜料金やカード払い、便利なUberアプリなど

貸切・チャーター

マカオ観光局のサイトで紹介されているタクシー予約電話番号は以下の通り。

  • +853 8500 0000
  • +853 2828 3283

また特別無線タクシーのサービスもあります。詳しくはMacao Taxi ウェブサイトをご参照ください。

まとめ

マカオでは長年タクシーの供給不足の問題や、一部のドライバーによるぼったくりや乗車拒否などの問題が悩みの種でしたが、その状況は少しずつ改善されてきています。
昨年2019年には、そういった悪徳ドライバーに対する罰則強化を盛り込んだ改正タクシー法が施行されました。施行後は違反摘発数が大幅に減少しているようですので、安心してタクシーをご利用ください。

マカオのタクシー事情についてもっと詳しく知りたい方は、現地在住の日本人(ロコ)に無料で質問・相談してみましょう!