サービス停止のお知らせ:2024年6月17日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

クアラルンプールの旅行ガイド情報

クアラルンプールの国内・国際電話のかけ方ガイド〜公衆・携帯電話・スマホ利用

【クアラルンプール在住者執筆】日本からマレーシア、マレーシア国内、マレーシアから日本への国際電話のかけ方を解説します。国番号などの具体的なかけ方と気になる料金の目安、お得に国際電話をかける方法もご紹介します。旅行前に日本から現地のホテル等に電話をしたいときや、現地から日本へ電話をかけたいときにご活用ください。

マレーシア・クアラルンプールへの旅行や出張が決まったら、電話のかけ方を確認しましょう。今はLINEなどで連絡をすることが多いですが、緊急の事態で日本への電話、日本からの電話が必要な場合もあります。またマレーシア国内にいるときに、人気のレストランやマッサージ店への予約を電話ですることもあるかもしれません。電話の使い方についてわかりやすくご説明いたします。

クアラルンプールの電話事情

携帯電話の普及に伴い、公衆電話の数は少なくなってます。また残念ながら故障中の公衆電話もあります。71パーセントのマレーシア人がスマホを持ち、この数字は大人のほぼ全員がスマホを持ってることを証明します。街中でポケモンGOをするために、スマホを2、3台持ってウロウロする姿も見ます。wifiの普及率も高く、カフェやレストラン、ショッピングモールではwifiを使える場所も多くなってます。

関連記事:マレーシア・クアラルンプール旅行中のインターネット・Wi-Fi利用方法

携帯電話・スマートフォン

国際ローミングか現地でSIMカードを購入することで、国際電話が利用できます。

マレーシアから日本へ電話をかける場合は00(国際電話識番号)+81(日本の国番号)+0を取った市街局番+相手の番号となります。

例)0081-312345678

国際ローミングは高額になることもありますし、事前の登録が必要な場合もあります。SIMフリーのスマホをお持ちの方は、現地でSIMカードのご購入をおすすめします。1カ月で1,000円ほどの値段でご購入頂けます。詳しくは下記の記事をご参照ください。

関連記事:マレーシア・クアラルンプール旅行中のインターネット・Wi-Fi利用方法

ホテルの客室に設置されている一般電話

一般の電話と同様に国内・国外にかけることができます。ホテルの客室に設置させている一般電話から日本へ国際電話をかける場合も上記の方法となります。
清算はチェックアウトの時にフロントでおこないます。
割高になることも。

公衆電話

日本と同じ要領でコイン式で電話を利用できます。10セント、20セント、50セントを使用し、1通話の基本料金は10セントです。テレフォンカードはコンビニやショッピングモール、ガソリンスタンドで購入できます。空港ではクレジットカードを使える公衆電話もあります。

日本からクアラルンプールへの国際電話のかけ方

マレーシアの国番号は60です。
最初の数字はご利用の電話会社・携帯会社によって変わります。

【通信会社の識別番号】

  • 001(KDDI)
  • 0033(NTTコミュニケーションズ)
  • 0061(ソフトバンクテレコム)
  • 005345(au携帯)
  • 0046(ソフトバンク携帯)なくても良い
  • 009130(ドコモ携帯)なくても良い

通信会社の識別番号

010(国際電話識別番号※auの場合は不要)

60(国番号)

相手の番号※市外局番の0は省く

例)KDDIで011-1234-5678にかけたい場合

001-60-1112345678

クアラルンプールの国内電話のかけ方

マレーシアは日本と同じく市外局番があります。国番号などは入力せずに、市外局番0からの数字をそのままダイヤルすると通話ができます。

クアラルンプールから日本への国際電話のかけ方

マレーシアから日本へ電話をかける場合

00(国際電話識番号)

81(日本の国番号)

0を取った市外局番

相手の番号となります。

例)03-1234-5678にかけたい場合
0081-312345678

インターネット経由での国際電話のかけ方

インターネットを利用して電話をするともっとお得に通話ができます。料金がかかるものと無料のものをご案内します。

格安国際電話サービス

様々な会社がありますが、最も有名なのがTELINKです。工事は不要でお申込みからすぐ利用でき、24時間均一料金なので安心です。
マレーシアは1分15円~

無料インターネット電話

LINEやWhatsApp、Skype、FacebookMessengerを利用するれば、無料に会話ができます。ビデオ機能もあるので、お互いの顔を見れば距離も近く感じます。
Wifi環境があればすぐに使えるので便利です。

関連記事:マレーシア・クアラルンプール旅行中のインターネット・Wi-Fi利用方法

SIMカード不要?! 話題のクラウドSIM

インターネット経由で国際電話をかける場合はもちろんネットへの接続が必要ですよね。
海外でネットを使う手段のひとつに、今話題の「クラウドSIM」というサービスがあります。
なんとこちらはSIMカードが不要で、全世界100ヶ国以上で使用可能です。
このサービスはレンタルではなくクラウドSIM搭載の機種の事前購入が必要ですが、海外に着いたらスイッチひとつでインターネットへの接続が可能です。
旅行から帰ってきてからも日本国内でも利用可能なので、WiFiサービスはこれ一台でOKです。

特に一度に複数の国に行かれる方には断然おすすめなサービスです。

おすすめはグローカルネット
こちら初期費用として、機種代、月額基本料金プラス海外利用料が780円(300MB)/日~で利用可能です。

まとめ

マレーシアは日本との時差も1時間しかないため、日本への電話のタイミングも見つかりやすくなってます。マレーシアを訪れる際はこの記事を参考に電話をしてみてくださいね。