サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

クアラルンプールの旅行ガイド情報

【2019】クアラルンプールの治安・安全対策ガイド〜危険な地区・エリア、トラブルと対策

【クアラルンプール在住者執筆】LCCが就航し、お得な海外旅行先のひとつであるクアラルンプール。日本人の移住先としても人気ですが、実際の治安はどうなんでしょうか。今回は治安があまり良くないエリア・実際にトラブルにあった際の対処法をまとめました。事前に情報を把握し、最後まで安全で楽しい旅行にしましょう。

クアラルンプールの現在の治安は?

2019年度に発表された世界平和度指数ランキングを見るとマレーシアは16位です。日本は9位、上位国はヨーロッパがほとんどですので、世界の中ではマレーシアは治安が良い国と言えるでしょう。ですが、安全な日本と比べると注意が必要です。

クアラルンプールの治安が悪いエリアと注意点

中心部ではブキビンタンやKLCCは人も多く、治安が良いエリアとなってます。中心部で治安が悪いのが、チャイナタウンとチョーキット地区です。どちらも麻薬常習者がいるエリアといわれてます。

クアラルンプール全域で注意したいこと

全域で多いのはスリや置き引きなどになります。手回り品には十分に気をつけましょう。被害にあった場合は、警察署に行き、ポリスレポートを作成してもらいましょう。海外保険にご加入の方で補償を請求する場合はこのポリスレポートの提出が必須となります。

ひったくりに注意!

クアラルンプールでメジャーな犯罪がひったくりです。
ひったくりはバイクに乗った2人組が歩行者に後ろから近づき、すれ違いや追い抜くときにカバンやスマホを奪い去ります。
背後からのバイクには十分に注意してください。
また旅行中に写真や動画撮影に夢中になっていると、ひったくりにあう可能性もあります。
高価なカメラや、スマホなど貴重品の露出はさけたほうがいいです。
レストランでもテーブルの上に貴重品を置くのやめましょう。

タクシーに注意!

中にはメーターを使用しない「交渉性」のタクシーが存在します。
目的地についたら法外な値段を請求してきたり、チップをねだってきたりします。
また、マナーの意識が低いドライバーが多く、スピードの出しすぎなどで怖い思いをすることもあります。
安心出来ておすすめなのはメーターを使用するタクシーを利用するか、または配車アプリの「Grab」を利用することです。

あわせて読みたい記事:クアラルンプールのタクシーの乗り方ガイド〜料金・便利な配車アプリ〜

スリ・ひったくりに注意!「コイン・ドロップ」

混雑した場所ではスリに注意です!
特に注意したいのはコイン・ドロップというスリやひったくりがあります。
人混みや街中ですれ違う際に複数枚のコインをまき散らして、ターゲットがそれらに気をとられている、または一緒に拾ってあげているうちにバッグの中の貴重品をあさったり、そのまま荷物をひったくるというものです。
親切心につけ込んだ犯罪で、困った人がいれば助けてあげたくなるのですが、コインがまき散らされたときには注意して下さい。

チャイナタウンで多いトラブルと安全対策

日中はそこまで心配する必要はありませんが、夜遅くにひとりで歩くのは避けましょう。歩くときは大通りを歩き、細い路地には入らないようにしましょう。タクシーはGrabの利用が安全です。見知らぬタクシーに乗らないようにしましょう。

チョーキット地区で多いトラブルと安全対策

昔ながらの市場があり、ローカルの暮らしが味わえる地域ですが、クアラルンプールで一番治安が悪いとも言われてます。市場の中を歩く際は、手回り品には十分に気をつけましょう。治安は以前より改善されてるようですが、貧困層が住むエリアでもあります。トラブルに巻き込まれないためにも、むやみに歩きまわるのは控えましょう。

女性が気をつけたいトラブルと対策

女性が一番気をつけてほしいのが、タクシーです。道端で声をかけられ、タクシーではない普通の車に乗るのは絶対やめましょう。おすすめなのが配車アプリのGrabです。値段交渉をする必要もなく、車種とナンバーを確認後に乗車できるので安全です。怪しい人や酔っ払いに声をかけれた無視し、出来るだけかかわらないようにしましょう。

クアラルンプールでトラブルにあった時の対処法

緊急時になると動揺し、どの電話番号に連絡するとよいかわからなくなりますよね。下記に緊急時の連絡先をまとめました。

パトカー・救急車・消防車を呼ぶとき

パトカー・救急車・消防車を呼ぶときは、いずれのときも999に番号に電話ををかけましょう。999の救急車は国・公立病院専属のため、国・公立病院に搬送されます。

パスポートのトラブルは日本大使館へ

まずは最寄りの警察署に届出を出し、ポリスレポートを入手しましょう。その後、日本大使館で「旅券」か帰国するためだけの渡航文書「帰国のための渡航書」の発給を受ける必要があります。

現地での緊急連絡先

事件や事故にあった場合は在マレーシア日本国大使館に連絡しましょう。

電話番号:03-2170-2760(月曜日~金曜日 8:30~12:30/13:30~17:15)
大使館代表電話番号:03-2177-2600(夜間及び休館日)

盗難にあった場合はまずツーリストポリスに相談しましょう。

ツーリストポリス(観光警察署)
マレーシアツーリストインフォメーションセンター内
Jalan Ampang, Kuala Lumpur.
電話番号:03-2163-4422

いかさま賭博にあった場合は警察署に被害届を出しましょう。
警察本部電話番号:2141-5522(KLとセラ ンゴール州以外から掛ける場合は03-2141-5522)

クレジットカード紛失時

まずはクレジットカード会社に連絡し、カードの使用停止をしてもらいましょう。その次にツーリストポリス(観光警察署)に被害届を出し、電話で日本大使館に相談しましょう。

ツーリストポリス(観光警察署)
マレーシアツーリストインフォメーションセンター内
Jalan Ampang, Kuala Lumpur.
電話番号: 03-2163-4422

まとめ

クアラルンプールの治安についてご説明しましたが、いかがでしょうか?比較的安全な都市ですので、注意をしていただければ楽しく安全な旅行ができます。治安について不安なことがあればロコに質問してみましょう。