サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

バンコクの旅行ガイド情報

タイ・バンコクのコンセントは3種類!変換プラグは百均での購入がおすすめ

【バンコク在住者執筆】タイ・バンコク旅行中にiPhoneの充電や、ヘアアイロンの電源に必要なコンセントのタイプや、日本との電圧の違いについて徹底解説!
iPhoneなどのスマートフォンの充電をしたいときや日本で使っているヘアアイロンを使用したいときなど、そのままコンセントにプラグを差し込むと、火事や感電を起こす危険性もありますので、
正しい方法で日本から持ってきた電化製品をタイ・バンコクで使用するためにはどうすれば良いか、その使用方法についてご紹介します。

タイのプラグ形状と変換プラグ

タイのコンセントは3タイプあります。コンセントのタイプが1つで統一されている日本に住んでいると違和感を覚える人も多いでしょう。それでは、3種類のコンセントをご紹介していきます。

プラグの形状はA/B3/Cの3タイプ

まず、コンセントのタイプには、下記の写真の種類があります。

ちなみに、日本のコンセントタイプはAタイプになります。このAタイプはタイにもあり、殆どはこのAタイプの形状です。しかし、他の2つの形状もありますので、変換プラグの準備をしておきましょう。残りの2つは、B3タイプとCタイプです。挿入口が三箇所あるコンセントと挿入口が丸い形をしたコンセントになります。

変換プラグはダイソーやセリアでの購入がおすすめ

変換プラグは、ダイソーやセリアなどの百均に売っています。安価で購入できますので、そういった場所で購入しましょう。

あると便利なUSBつきタコ足コンセント

タコ足付きのUSBコンセントは、旅行で非常に役立ちます。まず、変換プラグがひとつで大丈夫というメリットがあります。その他にも、2つしかないコンセントが占領される問題を解消できます。

タイの電圧と変圧器

日本とタイでは電圧が違いますので、日本で使っている電化製品をそのままタイで使用するのは危険です。しかし、最近の電化製品の中には幅広い電圧に対応しているものもあります。事前に調べ、必要なら変圧器を準備しておきましょう。

タイの電圧は220V

タイのボルトは220V(ボルト)です。そして、日本の電圧は100Vです。つまり、普通に考えれば日本の電化製品は使えないということにあります。

変圧器が必要なものと必要ないもの

最近の電化製品には、適した電圧に変換するアダプタが付属しているため、外国で使用できる可能性が高いです。アダプタをよく見ると100V-240Vと表記されています。
しかし、電圧表記が100Vのみの場合はショートする危険性があります。ヘアアイロンはこの傾向がありますので、使用の際はしっかりと確認しましょう。

iPhoneの充電

iPhoneの公式の充電器は、適した電圧に変換する付属機能があります。アダプタをよく見ると100V-240Vと表記されています。そのため、問題なく使用できます。

デジカメの充電

iPhoneもそうですが、最近のデジカメも適した電圧に変換する付属機能があります。アダプタをよく見ると100V-240Vと表記されています。
もし、電圧表記が100Vのみの場合はショートする危険性はありますので、変圧器を利用しましょう。

ドライヤーやヘアアイロンの使用

ドライヤーやヘアアイロンは、100V-240V対応の製品が少ない傾向にあります。もし100Vにしか対応していなければ、変圧器が必要になります。

変圧器を使う前に消費電力を確認

変圧器を使う前に、消費電力を確認しておきましょう。主な電化製品の消費電力は下記の通りです。

電化製品 消費電力
携帯電話 10W
デジタルカメラ、シェーバー 20W
ノートパソコン 50W
ドライヤー 1,500W

変換プラグや変圧器を忘れてしまった時は

せっかく準備をしていたのに、忘れてしまうこともありますよね。変換プラグや変圧器を忘れてしまったらどうすればいいのかご紹介していきます。

ホテルの貸出サービス情報

例えば、シャングリラホテルなどの5つ星のホテルには、当然変換プラグや変圧器の貸し出しはあります。また、日本人の利用客が多いゲストハウスなどでは、変換プラグや変圧器の貸し出しはあります。しかし、一般的なホテルに貸し出しサービスがあるかは分かりませんので、なるべく忘れないようにしましょう。

現地でのフレーズをご紹介します。
日本語:変換プラグ/変圧器を貸してください。
タイ語:กรุณาให้ฉันแปลงปลั๊ก/หม้อแปลงไฟฟ้า
読み方:クルナー ハイチャン プランプラック/モープラング

現地調達してみよう

バンコクでの現地調達は、バンコク伊勢丹に行くのが一番です。変換プラグ、も変圧器も販売されています。その他にも、日本人向けのスーパーで販売されていることもあります。しかし、バンコク伊勢丹が確実で無難です。

バンコク伊勢丹の情報
住所:Pathum Wan, パトゥムワン バンコク 10330 タイ
住所(タイ語):แขวง ปทุมวัน เขต ปทุมวัน กรุงเทพมหานคร 10330
営業時間:10:30-21:30
公式HP:https://isetan.mistore.jp/store/world/com/en/thai/index.html

いかがでしたでしょうか?現地で困ることのないよう、海外へ行く時は事前に電圧やコンセントの形を調べて行きましょう。それでは、タイ旅行を楽しんでくださいね。