サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

バリ島の旅行ガイド情報

バリ島のタクシーの乗り方ガイド〜料金・カード払い・便利なアプリ〜

【インドネシア・バリ島在住者執筆】バリ島の交通機関の中でも、外国人観光客が一番利用しやすい交通手段であるタクシー。電車が通っておらず、バスによる移動も不便なバリ島では、タクシーを利用する機会が多いでしょう。「バリ島でタクシーに乗るなんて不安だ」という方のために、タクシーの種類(色)や乗り方、料金、支払方法、トラブルなど、乗る前に知っておきたいことをまとめました。

公共交通機関がほとんど発達していないバリ島を観光する場合、タクシー移動かカーチャーターでの移動が旅行者の主な移動手段になります。バリ島の主な観光地やホテルからであれば簡単につかまえることができるタクシーですが、外国でタクシーに乗ることに不安を覚える方もいらっしゃるでしょう。

楽しい旅行にするためにも、トラブルなくタクシーを利用したいですよね。そこで今回は、タクシーの種類や料金から乗り方、トラブルにあった場合の対処法などをまとめました。被害に合わないように注意して、バリ島の旅を楽しんでください。

タクシーの基本種類

バリ島のタクシーは水色の車体のものが多いため、どれも同じに見えてしまうことがあります。これは評判の良いブルーバードタクシーの人気にあやかろうと、他のローカルタクシーも同じような水色の車体をしているから。バリ島内を走っているタクシーの会社と種類をご紹介します。

ブルーバードタクシー/バリタクシー

バリ島でもっとも評判の良いタクシーといえば、メーター制を採用している「ブルーバードタクシー」です。ローカルタクシーのほとんどは料金交渉制ですから、安心してタクシーを利用したいのであれば、ブルーバードタクシーか同じブルーバードグループである「バリタクシー」の利用をおすすめします。ブルーバードタクシーおよびバリタクシーを見分けるには、ライトブルーの車体で、フロントガラスに「ブルーバードグループ」という白いステッカーが貼ってあるかどうかに注目しましょう。

「My Blue Bird」というブルーバードタクシーの配車アプリに登録しておけば、事前に運賃の目安や運行ルートを知ることができますし、必ずブルーバードタクシーを呼ぶことができるので安心です。ただし、国際空港をはじめ、観光エリアによっては利権の関係でブルーバードタクシーを呼ぶことができない場合があるので注意しましょう。

<ブルーバードタクシー>
電話番号:0361-728200

<ブルーバードグループ>
電話番号:0361-701111

その他のタクシー

インドネシア・バリ島には、ブルーバードタクシー以外にもラジャワリタクシーやングラライタクシーといったローカルタクシーがたくさん存在しています。ブルーバードタクシーやオンライン配車サービスのタクシーには、利用禁止エリアがあるため、やむを得ずローカルタクシーを利用しなければいけない場合もあるかもしれません。

そのような場合には、乗車前にしっかり料金交渉をしておきましょう。法外な料金を請求してくる悪徳ドライバーも中にはいますが、決してローカルタクシーのドライバーすべてが悪いドライバーだという訳ではありません。話好きで面白いドライバーに当たれば、きっと旅の良い思い出になるはずですよ。

タクシーの料金

初乗り料金・追加料金

料金
初乗り Rp.7,000(約55円)
追加料金※100mごと Rp.650(約5円)

ブルーバードタクシーの初乗り料金はRp.7,000です。その後、100mごとにRp.650の追加料金が加算されます。メーター制を使用していないタクシーの場合には、乗り込む前にドライバーに行先を伝えて料金交渉を行いましょう。

チップ

旅行者の間には「バリ島にはチップの習慣がない」と思っている人も少なくありませんが、最近ではチップを渡す習慣が広まりつつあります。もちろん、必ずチップを渡さないといけない訳ではありませんから、タクシーのドライバーからチップを渡すよう強要されたなら拒否することも可能です。

しかし、バリ島ではレストランやショッピングモールをはじめ、路上駐車をした際などに駐車料金を支払わなければなりません。その際、ドライバーが駐車料金を負担してくれている場合がほとんどですから、できるだけチップを渡すようにしたほうが良いでしょう。チップの目安としては、Rp.10,000からRp.50,000(約80円~380円)の間が一般的です。

タクシー料金の相場〜メインエリア〜

道路の渋滞状況によっても料金は変動しますが、バリ島の観光地メインエリアのおよそのタクシー料金の相場は下記の通りです。

区間 所要時間 料金
クタ ⇔ 空港  10分ほど 約Rp.50,000(約380円)
スミニャック ⇔ 空港 20分ほど 約Rp.60,000(約460円)
ジンバラン ⇔ 空港  30分ほど 約Rp.70,000(約530円)
ヌサドゥア ⇔ 空港  40分ほど 約Rp.90,000(約690円)
サヌール ⇔ 空港  40分ほど 約Rp.90,000(約690円)
ウブド ⇔ 空港  1時間30分ほど 約Rp.200,000(約1500円)
クタ ⇔ ウブド 1時間20分ほど 約Rp.180,000(約1380円)
クタ ⇔ サヌール 35分ほど 約Rp.80,000(約610円)

タクシーの乗り方

1.乗る

タクシーに乗りたいときには、手を挙げて走行中の空車タクシーを拾ったり、道端に停車中のタクシーに近づいたりすることができます。また、ホテルのスタッフにタクシーを呼んでもらう方法や電話でタクシー会社に連絡して配車をお願いする方法、さらには専用アプリから呼ぶ方法があります。ホテルのスタッフにタクシーを呼んでもらいたいときには、「Permisi,Boleh minta tolong memanggil taksi buat kami?(すみません、わたしたちのためにタクシーを呼んでもらってもいいでしょうか?)」といえるでしょう。

ドライバーに行き先を伝えるときには、「Kami mau pergi ke ~(わたしたちは~へ行きたいです)」もしくは、「Tolong antar kami ke alamat ini(この住所にわたしたちを送ってください)」と伝えることができます。メーターが作動しているか確認したいときには、ドライバーに直接「Permisi,Tolong pakai meteran ya,Pak.(すみません、メーターを使ってくださいね)」といってみましょう。

2.支払う

基本的に、バリ島でのタクシーの支払いには現金を用意しておくことをおすすめします。おつりのないよう、高額紙幣よりも少額紙幣を多めに用意しておいたほうが良いでしょう。ブルーバードタクシーの専用アプリを使ってタクシーを呼んだ場合、事前に運賃の目安が表示されるので乗車前に料金を用意しておくことができます。また、配車アプリでの予約時には、現金による支払いかクレジットカード決済かを選ぶことが可能です。

3.降りる

タクシーを降りる際には、事故を避けるためにも、後ろから車やバイクがきていないかをよく確認してから降車しましょう。バリ島の交通ルールはあってないようなもの。少しでも隙間を見つけたならば、右も左も関係なくどんどん突っ込んできます。タクシーのドアは自動の場合でも壊れている場合がありますから、ドライバーに「Ini pintu otomatis?(これって自動ドアですか?)」と尋ねてみましょう。

乗る前に知っておきたい注意点

比較的流暢な英語を話すドライバーもいれば、まったく英語が通じないドライバーも。英語が通じないときのためにも、タクシーに乗る前には行き先や滞在先ホテルの住所や電話番号を書いた用紙を用意しておくと安心です。バリ島でタクシーに乗る際には、少額紙幣をできるだけ多く準備しておき、おつりがでないようにしておきましょう。もしもおつりがRp.10,000ほどの額なのであれば、チップとして全額渡すこともできます。

料金交渉をしてお互いに気持ちよく取り引きができれば問題はありませんが、旅行者が値切り過ぎてしまった場合や交渉中に言い合いにまで発展した場合などには、途中でタクシーから降ろされてしまう場合も。ドライバーとのトラブルを避けるためにも、ドライバーの機嫌を損ねるような仕方での料金交渉は控えるようにしましょう。

よくあるタクシートラブルと対処法

タクシー料金をボッタクられたら

もしもタクシー料金をボッタクられたなら、タクシー会社に連絡をしましょう。クレームを入れるときに詳細を伝えられるよう、ドライバーの氏名とナンバープレートの番号を覚えておくことをおすすめします。返金を期待することは難しいかもしれませんが、少なくとも厳重注意もしくはドライバーにペナルティが課せられるはずです。ボッタクり被害にあわないためにも、メーター使用の確認や乗車前に料金交渉をしっかり行っておきましょう。

頼んでもいない店に連れていかれたら

タクシーのドライバーにお願いしてもいないのにお土産物屋などに連れていかれたなら、「Maaf,Kami tidak ada waktu singgah di toko ini.(ごめんなさい、この店に立ち寄る時間はありません)」と断ることができます。

タクシーに忘れ物をしたら

タクシー内に忘れ物をしてしまった場合には、タクシー会社に連絡を取ることができます。その際に、ドライバーの氏名とナンバープレートの番号を伝えると忘れ物が見つかる確率が高くなります。忘れ物が見つかったなら、滞在先まで届けてもらえるか尋ねることもできますし、会社まで自ら出向いて忘れ物を取りにいくこともできるでしょう。

タクシーの配車アプリ・貸切サービス

配車アプリ

バリ島で利用できる配車アプリは、ブルーバードタクシーの「My Blue Bird」のほか、「Grab」と「GO-JEK」があります。これらの配車アプリは料金が安くて使いやすいため、インドネシアの人々の間で人気があります。しかし、ほとんどのドライバーは英語や日本語が通じず、クタやウブドなどバリ島の主な観光地ではアプリ利用を禁止されています。

そのため、配車アプリを利用してウブド方面まで行ったは良いものの、帰りの移動手段がなくて困ってしまうということも。もしも、バリ島観光であちこち立ち寄りたい場所がある場合には、配車アプリ等を利用するよりも、貸切・チャーターサービスを利用したほうがはるかに安全・安心でしょう。

貸切・チャーター

見どころいっぱいのバリ島を観光するなら、タクシーや配車アプリサービスを利用するよりも、貸切・チャーターサービスを利用するほうがトラブルも少なく、安全に旅をすることができます。貸切・チャターなら、配車アプリやブルーバードタクシーの乗り入れ禁止エリアも問題なく通ることができます。

また、貸切・チャーターサービスを提供しているドライバーはガイドも兼ねており、英語のほか、日本語を話す人も多いので困ったことがあったらなんでも相談できるという点も大きなメリットです。

<バリ島の貸切・チャーターサービスの連絡先>

電話番号:081-353-222-607(日本語可)
メールアドレス:avaronrusty20@gmail.com

まとめ

バリ島観光の主な移動手段は貸切・チャーターサービスですが、「ちょっとそこのレストランまで」というときや、空港・ホテル間といった短距離の移動の際にはタクシーを利用することもあるはず。バリ島でタクシーに乗るときには、安全のためにもメーター制のタクシーを拾うようにすること、メーター制のタクシーでない場合には乗車前に料金交渉をすることを心掛けましょう。