オスロ満喫1日観光プラン | オスロ在住たかさんのおすすめ1日観光モデルコース&プラン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Email

オスロ満喫1日観光プラン

現地語表記:One day plan

【オススメ度】

★★★★★ by たか (5個満点)

オスロ満喫1日観光プラン

基本情報

オスロで最もおすすめの8スポットを、エリア毎でまとめて回りやすくしたプランです。
目安:間に適宜休憩や昼食含め、8~9時間

①オペラハウス(30分)
↓ 徒歩1分
②カール・ヨハン通り:オスロ中央駅〜王宮(30分)
↓ 徒歩10分
③国立美術館(60分)
↓ 徒歩15分
④アーケシュフース城(60分)
↓ 徒歩10分
⑤オスロ市庁舎(30分)
↓ 徒歩1分
⑥ノーベル平和賞センター(20分)
↓ フェリー20分
⑦ノルウェー民族博物館(60分)
↓ バス20分
⑧ヴィーゲラン公園(30分)

おすすめする理由と説明

〈ポイント〉
①オペラハウス・・・世界でも珍しい、屋根の上を歩くことができるオペラハウスです。オスロ・フィヨルドに面しており、景色も良いです。
②カール・ヨハン通り・・・オスロで最もにぎやかな、目抜き通りです。オスロ中央駅と王宮の間を結んでおり、歩くだけで名所の数々に巡りあえます。(オスロ大聖堂、オスロ大学、国会議事堂、国立劇場など)
③国立美術館・・・ノルウェーを代表する画家・ムンクの有名な「叫び」を鑑賞することができます。
④アーケシュフース城・・・オスロ・フィヨルドを見下ろすような立地で景色が良く、城内はヨーロッパらしい雰囲気が楽しめます。
⑤オスロ市庁舎・・・ノーベル平和賞の授与式が行われることで有名な市庁舎です。建築デザインや内装が興味深いスポットです。
⑥ノーベル平和賞センター・・・歴代の受賞者に関する展示などがある、ノルウェーならでは博物館です。
⑦ノルウェー民族博物館・・・ノルウェー各地から集められた伝統家屋や民族衣装などが鑑賞でき、ノルウェーの文化に深く触れることができる博物館です。
⑧ヴィーゲラン公園・・・オスロっ子の憩いの場となっている公園です。ヴィーゲランという彫刻家による人体の彫刻作品で彩られ、芸術公園として面白いスポットです。

〈別プラン〉
前述のプランをベースとして、多少アレンジする形をおすすめしております。
・国立美術館のすぐそばに歴史博物館があり、合わせての鑑賞も面白いです。
・ノルウェー民族博物館のある地区には、ヴァイキング船博物館やコンチキ号博物館など、ノルウェーならではの博物館が集まっています。時間と体力の許す限り、それらを回っても楽しいです。
・王宮は外観のみでも見応えがありますが、夏期は内部ツアー(約1時間、英語またはノルウェー語)を実施しているので、参加するチャンスがあります。ツアー開始時間が決まっているので、他のスポットめぐりと時間を合わせるのが難しいかも知れませんが、一つの選択肢として提示させて頂きます。

〈旅のコツ〉
観光案内所などで販売されている「オスロ・パス」を購入すると、交通機関が乗り放題、博物館が入り放題になるなど、観光に便利です。24時間券が大人1人で335NOK(約4,420円)です。

オスロ在住のロコ、たかさん
情報の提供者(ロコ):

たか

ノルウェー生活5年以上。留学・ワーホリを経て、現在スキルドワーカーとして滞在中。 普段は、ブラウザーの会社Vivaldi Technologiesのオスロ本社にて、日本語関連の業務やプロジェクトリーディングの担当をしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Email