サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

マニラの旅行ガイド情報

マニラ・ニノイ・アキノ国際空港乗り継ぎ(トランジット)方法と時間の過ごし方について

【2020年最新情報】フィリピンの首都、マニラのニノイ・アキノ国際空港での乗り継ぎ方法を詳しく解説していきます!空港内の施設や、サービス、トランジットの際に利用できるホテル情報などまとめたので、ぜひご活用ください。トランジット時間を有効に活用して、マニラを楽しみましょう。


出典 : Instagram

セブ島やボラカイ島など、フィリピンにはリゾート地がたくさんあり、トランジットでマニラのニノイ・アキノ国際空港を利用する方も少なくないと思います。
今回は、マニラの空港でのトランジット方法や、トランジットの過ごし方についてご紹介します。せっかくなら南国リゾートのフィリピンの顔と都会で洗練されたフィリピンの顔の両方を楽しみましょう!!

フィリピンの首都・マニラのニノイ・アキノ国際空港

マニラのニノイ・アキノ国際空港には4つのターミナルがあり、航空会社や国内線、国際線によって離発着するターミナルが違います。
なので、日本発でマニラの空港ターミナル2に到着、その後ターミナル3の国内線へ乗り継ぎや、ターミナル1到着後にターミナル4へ乗り継ぎなどのターミナル移動をご自身でしなければいけないこともあります。
ちなみに空港コードは「MNL」。フィリピン航空や、セブパシフィック航空が多く発着するハブ空港でもあり、トランジットで利用する人も少なくはないでしょう。

ニノイ・アキノ国際空港での乗り継ぎ(トランジット)方法

1. 到着したら次に乗る航空便のターミナルを再確認

ニノイ・アキノ国際空港には4つのターミナルがあるので、マニラからどこへ行くのかでターミナルが変わってきます。マニラからセブ島なら、国内線になるのでターミナル4に必然的に変わります。

自分の持っている乗り換えのチケットを確認の上、どのターミナルへ移動するべきなのか頭に入れておきましょう。

2. セキュリティチェック

「Transfer」(乗り換え)の案内に従って歩いていきます。
ターミナルが同じの場合はそのままセキュリティをうけて通過します。
ターミナルが別の場合は、まず入国審査を受けて外にでなければなりません。荷物の受け取りは、予め日本を出るときにチェックインカウンターで聞いておきましょう。一旦受け取る必要がある時は、自分の便の荷物のところへいき受け取ってから入国します。

3. 出発ゲートに向かって移動

セキュリティチェックが終わったあとは出発ゲートに向かえばあとは乗り換えを待つだけです。

ターミナルが違う場合は、入国後、空港のシャトルバスを使うか、タクシーでターミナル移動をしましょう。その後出国審査をうけて出発エリアにはいれば乗り換えをまつだけになります。
荷物を一回受け取った人は、またチェックインカウンターで預け直します。

注意点

ターミナル間の移動手段は、

  1. シャトルバス
  2. タクシー

の2種類がありますが、各ターミナルを結んでいるシャトルバスは無料で、なおかつ空港敷地内を走るので、渋滞に巻き込まれなくて安心です。
マニラの道路は渋滞は酷くて有名なので、空港間の移動は、タクシーよりも、渋滞に心配することなく数十分で移動できるシャトルバスでの移動をおすすめします。

運行時間は24時間運行で、30分間隔(23時〜5時間は50分に1本間隔)に1本で運行されています。
ターミナルによってバスの停留所が異なりますので、到着したら「Terminal Transfer」や「Airport shuttle service」の看板表示に従って進んでください。

※また、シャトルバスは乗り継ぎの人専用のバスなので、トランジット以外の方は乗車することができません。乗り継ぎの航空券の提示を求められます。
日本と違って、30分間隔と書いてあっても時間が遅れることは日常茶飯事です...…必ず時間には余裕を持って行動するようにしましょう。

また、ターミナル間の移動や乗り換えに不安がある人は「Transfer Desk」で自分の搭乗券を見せて確認しましょう。英語でのやりとりになりますが、行き方や乗るべきシャトルバスの番号を教えてくれます。

出発までの待ち時間の過ごし方

空港から出て観光をする

市内観光

市内観光に行く際は最低でも7時間ほどトランジットの時間があるときがいいでしょう。
マニラの交通網はあまり整っていないため、市内に行くまでに渋滞に捕まったりする恐れがあるので、市内にでれたとしてもすぐに戻らなくてはならなくなります。

また、十分な観光ができない場合は下記の場所で楽しむことをおすすめします。

リゾートワールドマニラ ( Resorts World Manila)


出典 : Instagram

リゾートワールドマニラは、マニラの国際空港ターミナル3の真ん前にある大型カジノ娯楽施設です。
一番容易で快適にマニラのトランジットを楽しめるのはここでしょう。
リゾートワールドマニラは、ニューポートシティというエリアにあり、カジノだけではなく、ショッピングエリア、レストラン、カフェ、映画館、ミュージカル劇場、ゲームセンターや美容室などのトランジットを快適過ごせる設備が十分に整っています。
また、複合エリア内にはホテルもたくさんあるのでトランジットで一夜マニラで過ごす際にもおすすめの場所です!

また、2017年4月にターミナル3からリゾートワールドマニラのある複合エリアを結ぶ橋ができました。それにより、リゾートワールドマニラまで徒歩で行けるようになり移動も更に便利になっています。

住所:Newport City, Resorts World Manila, Newport Blvd, Pasay, 1309 Metro Manila, フィリピン
電話番号:+63 2 7908 8888
営業時間:24時間営業
公式HP:Resorts World Manila

荷物預り所

ターミナル1には「Interline Baggage Room」という荷物預かり場所が、到着エリアにあります。
大の荷物6時間で200ペソほどなので、だいたい荷物預かりの値段は同じくらいのようです。

ターミナル2にも到着エリアに1つあるようです。

ターミナル3には、1階に「Luggage&More」という名前の荷物預かり所があります。

料金は以下のとおりです。

|荷物の大きさ|料金(3時間以下)|料金(3-24時間)|
|:-|:-|
|小|150ペソ|300ペソ|
|大|200ペソ|350ペソ|

※両方とも24時間預け入れ可能。

受付で紙をもらうので、そこに自分の電話番号と、名前を記入してお金を支払い完了です。

空港での食事

フィリピン料理のレストランはもちろん、フィリピンで有名なハンバーガーチェーンの「ジョリビー」もあります。
他にも日本食レストランがあったり、メキシカンやカフェなど選択肢はいろいろあるので、食事には困りません。
フィリピン料理はガーリックがきいたものが多く、日本人の好みにあう料理も多いので折角ならフィリピン料理に舌鼓をうつのもいいかなと思います。
日本のミニストップにもあるハロハロはフィリピンのデザートなので、本場のデザートを試してもいいかもしれませんね!

空港内での買い物・ショッピング

ターミナル内にもお土産屋や免税店はありますが、規模はそこまで大きくありません。
時間に余裕があるなら、ターミナル3から橋でつながっているニューポートシティまでいくことをおすすめします。
ここにはレストランはもちろん、ショッピングセンター、スーパーなどがあるので、現地のお菓子をかったり、ショッピングを楽しむにはうってつけです。

休憩したい場合

ラウンジ情報

  • The Wings

日系のトランジットホテルで、日本で言う、カプセルホテル、インターネットカフェ的な感覚利用できる施設です。ターミナル3の4階にあります。
チェックイン、チェックアウトの時間が1日3パターンの7時間半のパックになっています。

  1. 午前12時~午前7時30分
  2. 午前8時~午後3時30分
  3. 午後4時~午後11時30分

値段は以下の通りになります。

タイプ 料金
オープンスペースラウンジ 700ペソ
カプセル 1000ペソ
ツインルーム 1800ペソ
ファミリールーム 3200ペソ

【宿泊費に含まれるサービス】
・軽食ビュッフェ
・飲みもの(飲み放題)
・荷物預かり
・無料WIFI
・シャワー室利用
・タオル、浴衣、アメニティー(シャンプー、コンディショナー、石鹸、歯磨き、歯磨き粉)

※ラウンジ宿泊にはシャワー室利用サービスは含まれていません。
※予約のできないラウンジ利用は、深夜12時過ぎると満席になることが多いようなので、部屋を確保したい場合は予約した方が良いでしょう。

目的地までパワー温存したい方や、フライト疲れを癒したい方には空港内でリラックスできる空間のTheWingsがおすすめです!

公式HP:The Wings

宿泊・ホテル情報

  • Savoy Hotel Manila(サヴォイホテルマニラ) ターミナル3から橋を渡っていけるニューポートシティにある、リゾートワールドマニラの傘下のホテル。今回紹介する中で1番高いですが、この付近のホテルにしては良心的で、設備も整っています。もちろん空港への無料シャトルバスもあるので、移動も楽にできます。

住所:101 Andrews Ave, Pasay, 1300 Metro Manila, フィリピン
電話番号:+63 2 5317 2869
公式HP:https://www.savoyhotelmanila.com.ph/?utm_source=google&utm_medium=organic&utm_campaign=gmb

  • HOP INN Hotel Aseana City(ホップインホテルアセアナシティ) 空港からなかなか近いチェーンのホテルで、値段にしては快適さ備えたホテル。 夜をまたぐトランジットの時はおすすめしたいホテルの1つです。

住所:Lot 9 Block 5, near corner of Bradco Ave and Macapagal Blvd Aseana City, Aseana Business Park, Baclaran, Parañaque, 1702 Metro Manila, フィリピン
電話番号:+63 2 8842 6850
公式HP:HOP INN Hotel Aseana City

  • DG Budget Hotel Salem(ドメスティックゲストハウスバジェットホテルセーラム) ターミナル4から徒歩圏内なので、ターミナル4から出発の人にはおすすめ。 他のホテルよりも価格が安いので、清潔感や設備は少し劣ると思いますが、トランジットの仮眠と思えばそこまで悪くはありません。

住所:Inside Salem Complex, Building 6, Salem Complex, Domestic Rd, Pasay, 1300 Metro Manila, フィリピン
電話番号:+63 2 8834 2321
公式HP:DG Budget Hotel Salem

  • Achievers Airport Hotel(アチーバースエアポートホテル) こちらもターミナル4から徒歩圏内にあるホテルです。 比較的新しいホテルなので、ホテル内もキレイで清潔感があります。 ターミナル4から出発、もしくは1晩ゆっくり泊まる時間のある人にはこちらがおすすめです。

住所:NAIA Terminal 4 Carpark B, Domestic Rd, Pasay, 1301 Metro Manila, フィリピン
電話番号:+63 2 8838 8999
公式HP:Achievers Airport Hotel

まとめ

マニラの空港は世界的にもあまり評判はよくないことで有名ですが、近年は開発も進んでおり、多少なりとも過ごしやすい環境にはなってきています。
ターミナルが4つもあり、混乱してしまいがちですが、移動方法もしっかりしているので迷うことなくたどり着けるでしょう。
トランジットは慣れない国では不安もあるでしょうが、マニラでフィリピンの独特な雰囲気を味わって楽しんでくださいね。

ロコタビでは、現地在住者の「ロコ」が提供するサービスを受けることが可能です。空港送迎からホテルの予約、観光のガイドツアーなどさまざまなサービスがあり、ご予定に合わせてプランを選ぶこともできます。旅行中のちょっとした不便や不安を除くサポートとしてもおすすめです。
また、無料Q&Aもあるので、「マニラの情報をもっと知りたい」「トランジットの間にできる観光の場所を教えてほしい!」と思ったらお気軽に相談ください。

以上、マニラのニノイ・アキノ国際空港でのトランジット情報についてでした。