マヨルカ産塩の精華(フルール・ド・セル) | マジョルカ島在住サッチーさんのおすすめお土産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Email

マヨルカ産塩の精華(フルール・ド・セル)

現地語表記:Flor de Sal de Mallorca

【オススメ度】

★★★★★ by サッチー (5個満点)

マヨルカ産塩の精華(フルール・ド・セル)

基本情報

天日製塩法にて作られる。フランス語でマレ・サラン (marais salants) と呼ばれる塩田に海水を引き込んで、天日と風により水分を蒸発させ、表面にできる大きな結晶のみをトンボのような木製の器具を用いてかき集める。これを利用しやすい大きさに粉砕し、ガラス瓶または吸湿しにくくした紙の容器に入れて販売される。通常1mm以上の大きさがあるので、料理にそのまま粒が残ることがある。
マグネシウム、カルシウム、カリウムなど、塩化ナトリウム以外のミネラル成分を多く含むため、豊かな風味があり、高級なフランス料理やイタリア料理には欠かせない調味料として使用される。ドナリエラという緑藻が残るため、見た目の色は純白ではない。(出典:ウイキペディア)

おすすめする理由と説明

マヨルカとイビサには、遥か昔フェニキア時代から製塩されている塩田があります。これらの塩田で採れるフルール・ド・セル(スペイン語では「フロール・デ・サル」)は、一般に売られている調理用の塩に比べて豊かで独特な風味があります。

プレーンな塩以外にも、色々な風味が加えられた塩が売られています。パッケージは大小様々ありますので、ご予算や用途に応じてお買い分け出来ます。腐る心配が無く、ガラスや陶器の様に破損の恐れが無く、重い物では無く、しかも万人に差し上げる事の出来る物としてお土産としてお勧めです。

マジョルカ島在住のロコ、サッチーさん
情報の提供者(ロコ):

サッチー

海あり、山あり、平野あり。奈良県の面積に匹敵するこの島には、実に多種多様な景観が広がっております。ユネスコの自然文化遺産に指定されている険しい地形のタラムンタナ山脈、それと対をなすように島の反対側にあるなだらかなレバンテ山脈、そしてそれら二つの山系に挟まれて広がる農業地帯の「エスプラー(平地)」。海岸線は500キロ以上に渡って延びており、こちらも地上同様、地域により変化に富んでいます。延々と...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Email