サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

クアラルンプールの旅行ガイド情報

マレーシア・クアラルンプール空港乗り継ぎ(トランジット)方法と待ち時間の過ごし方

【マレーシア・クアラルンプール在住者執筆】クアラルンプール国際空港での乗り継ぎ(トランジット)の方法と過ごし方を解説いたします。

マレーシア・クアラルンプールでの乗り継ぎ(トランジット)が決まったら、空港の情報や過ごし方について確認しましょう。出来るだけ快適に、楽しく有意義な時間にしましょう。

世界をつなぐ東南アジアのハブ空港・クアラルンプール国際空港

マレーシアの空の玄関口であるクアラルンプール国際空港は世界100都市以上、マレーシア国内では40都市以上に就航してます。就航している航空会社の数は約50です。

クアラルンプール国際空港の乗り継ぎ(トランジット方法)

1. 到着したら次のフライトの出発ゲートを確認

まずは電光掲示板で次のフライトの出発ゲートを確認しまししょう。時間が早すぎると、まだ表示されてない場合もあるので、その場合は改めて確認しましょう。

2. 出発ゲートを確認後出発ゲートに出発

緑色のサインが乗り継ぎ(トランジット)、黄色のサインが入国です。

【ターミナル1】

出典:www.klia2.info

【ターミナル2】

ターミナル1内はエアロトレインがターミナルとサテライト(別棟)を繋いでいます。ターミナル1とターミナル2は制限エリアでの移動ができない為、入国審査を受け、ターミナルを移動する必要があります。電車かバスで移動ができます。

3. セキュリティチェック

セキュリティチェックで再度荷物や身体の検査があります。100ml以上の液体は持ち込めないので注意しましょう。セキュリティチェックが終われば、次のフライトの搭乗時刻まではご自由にお過ごし頂けます。

4.ターミナル1内で乗り継ぎ

国際のほとんどが到着するサテライトビル(別棟)からエアロトレインに乗って、メインビルに移動後、セキュリティチェックを受ける必要があります。

注意点

次のフライトの搭乗券がない場合は、トランスファーカウンターで受け取りましょう。またお預けになった荷物は最終目的地まで受け取る必要はありませんが、念のためにチェックインカウンターで確認しましょう。また荷物のタグ(半券)は何か荷物のトラブルがあった際に必要となるので必ず保管しましょう。

出発までの待ち時間の過ごし方

第1ターミナルは日本の建築家である黒川紀章氏によって設計されました。「森の中の空港」がコンセプトなので、緑に囲まれた美しい空港です。第2ターミナルは新しい空港で、施設が充実しています。

空港から出て観光する場合は

90日以内の滞在ですとビザが必要ないので、時間がある場合は観光ができます。KLIAエキスプレスを利用すれば、中心部までは乗り換えなしで約30分です。チケットの買い方は、チケット売り場または自動券売機から購入できます。オンライン購入もできます。料金は片道55リンギット(約1,450円)乗り方は日本の地下鉄と似ておりますのでご安心ください。改札の上にバーコードやQRコードをかざす所があるので、かざすと通過できます。空港周辺で楽しみたい方は、空港近くに三井アウトレットパークがあるがおすすめです。無料シャトルバスでアクセスが可能です。

荷物預かり所

ターミナル1とターミナル2共に、到着階に荷物預かり所があります。大きさによって値段が変わります。

空港での食事

ターミナル1とターミナル2共に、フードコートでお得な価格でナシレマやチキンライスなどのローカルフードを楽しむのがおすすめです。

空港内での買い物・ショッピング

定番の香水やお酒、ブランド店まで免税店は幅広く揃ってます。ターミナル1の保安検査後のエリアの注目点はイギリスの有名デパートハロッズのお店です。スターバックスではマレーシア限定商品を購入できます。ターミナル2の保安検査前のターミナルはショッピングモールとなっております。ショッピングモール内のスーパーでお土産を買ったり、マレーシアの人気靴ブランドVINCCIや、マレーシアの有名チョコレートBeryl'sなどショッピングを楽しめるお店がたくさん入ってます。

休憩

ターミナル1のサテライト側にある「ジャングルボードウォーク」では無料でジャングルにいる体験ができ、森林浴が楽しめます。ターミナル1の保安検査後のエリアではWellness Spaでマッサージを楽しめます。ターミナル2の保安検査前のターミナルではタイオデッセイでマッサージを楽しめます。

宿泊

入国しない場合はサマサマエクスプレスがおすすめです。入国する場合でお得な価格をお求めの場合は、カプスール バイ コンテナ ホテル、ラグジュアリーなホテルだとサマサマホテルがおすすめです。どちらも空港直結です。

体調が悪い時は......

体調が悪い場合は無理をせずに空港内のクリニックに行きましょう。ターミナル1の保安検査後のエリアでは1階に、保安検査前のターミナルでは3階にあります。ターミナル2は保安検査後のエリアに1つ、保安検査前のターミナルは2階にあります。どのクリニックも24時間対応です。

チェックイン

乗り継ぎの時間が長く、中心部に行かれる方は余裕を持って戻ってきましょう。チェックインは出発の3時間前から、出発の1時間前で締め切る航空会社が多くなってます。近頃ターミナル2の入国審査が混雑しており、予定してたフライトに乗れなかったという話を聞きました。入国審査の混雑、またゲートが遠いことがあるので、十分な時間を持って行動しましょう。

まとめ

無料のWi-Fiが使えたり、無料の映画ラウンジがあったりと、トランジットの時間を楽しく過ごせる空港です。トランジットも大事な旅行の一部として、事前に情報を確認して快適に楽しく過ごしましょう。