サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

クアラルンプールの旅行ガイド情報

マレーシア・クアラルンプールの年間の気候と天気、旅行中におすすめの服装

【マレーシア・クアラルンプール在住者執筆】クアラルンプールは一年中常夏ですが、日本の夏と同様冷房等で体調をくずさないよう注意しないといけない点があります。クアラルンプールは日本の​​ような四季はなく雨季と乾季があるので、時期を確認せずに行くと旅行先で大雨で出かけられないなど、旅を満足に楽しめなくなってしまうこともあります。
今回は、そんなことがないようクアラルンプールの気候とおすすめの服装を解説していきたいと思います。

マレーシア・クアラルンプールの年間の天気と気候

 マレーシアは国全体が赤道に近く、クアラルンプールも熱帯雨林気候に属しているので年間を通して常夏の気温です。年間通して寒暖差は少なく、一年通して安定した気温で過ごせます。
 日本の​​ような四季はなく、乾季と雨季に分かれます。しかし、乾季でもスコールはあり、雨季はスコールが頻繁にあるといった具合です。
 ​日本のように梅雨の間は地面にひと月近く雨水が貯まるということもないため、スコール直後を除けば湿気はそれほどありません。​垂直方向の地球の自転の影響で夏の​日本​より太陽からの距離は遠いので、​東京​のように40度近くになることもありません。

月ごとの平均気温と降水量

月平均気温(°C) 月洪水量(mm)
1月 26.9 210.3
2月 27.3 203.6
3月 27.6 273.7
4月 27.7 286.7
5月 28.0 198.1
6月 27.9 139.7
7月 27.5 150.3
8月 27.4 164.0
9月 27.2 200.2
10月 27.1 256.6
11月 26.8 333.5
12月 26.7 255.6

日本気象庁/地点別平年値データ・グラフ (世界の天候データツール (ClimatView 月統計値)マレーシア クアラルンプール

クアラルンプールの雨季

 クアラルンプールはモンスーン(季節風)の影響を受ける時期である10~2月が雨季となりますが、雨季でも一日中雨ということはなく、スコールが起きやすい季節と考えて下さい。
 雨季に限らず、乾季もスコールに見舞われる可能性があります。雨季は乾季よりも雨の降る時間が長い程度なので「雨が降り続いて観光できない! 」なんてことはないのでご安心ください。
 スコールはすぐにやむことが多いのでスコールにあったら屋根の下で待ったり、すぐに取り出せる折りたためるカッパや雨具などの用意があるとよいでしょう。
 またヘイズと呼ばれるインドネシアの野焼きの煙がマレーシアに10月あたりにくることもあります。そのため、気になる方はこの時期を外し、乾季の3~9月に旅行に行かれることをおすすめいたします。

クアラルンプールの天気の特徴

クアラルンプールを含めたスコールのあるマレーシア全域の天気は

  1. スコール
  2. スコールで降った雨が蒸発し、雲が形成される。

1と2の繰返し。つまり、昼間に気温が上がった際に蒸発した水分が気温が下がり雨雲が発達する夕方の時間帯にスコールが起きやすく、気化熱で雨の後は気温が下がります。
乾季はスコールが一日一回、なかったら次回のスコールは激しく長くなります。

スコールの前兆

こちらの天気予報の天気図は日本のように4ヘクトパスカルごとではなく、とても大まかなので、天気図がわかる人でも予報をするのが難しいです。​そのため、筆者は

  • 黒い雲が出てくる
  • 湿気が上がる
  • 気温が下がる この3つが揃うとスコールが近いので、避難しますので参考までにどうぞ。

注意点

スコールは基本低気圧なので、日本で低気圧が近づくと

  • 低気圧で頭痛が起きる
  • 関節が痛む

上記の症状がある気圧に敏感な方はクアラルンプールでもスコールの前にこれらが起きる可能性があります。

また、こちらの家屋は暑さ対策特化型の作りになっており、建物の中はタイルが多いので(伝統的な場所では特に)同じ気温でも室内が寒く感じることがあります。(下記画像参照)

 そして、湿度が低いため日陰は涼​​しいので、中心部にある昔ながらの建物なら軒下(下記画像参照)を歩けば暑さはしのげますが、日光の下にいますと日差しが強いので半袖だと肌が痛くなることがあります。また、こまめな水分補給も重要です。
→軒下での写真はインスタ映えするのでお勧めです。

旅行中におすすめの服装

 雨季と乾季で服装に違いは出ませんが、気温が一年中高い上にスコール直後は湿度も高くなるので、通気性のある日本の夏場のカジュアルウェアがお勧め。スコール対策として足元はサンダルがお勧めです。

1. カジュアルな服装

 一年中暑いエリアですので、Tシャツや短パン、麻や綿のワンピースなどのカジュアルな服装がいいですね。スコールもありますので、足元は濡れてもいいサンダルがおすすめです。 
特にマレーシアのバティック(ろうけつ染め)のリゾートウェアは快適に過ごせます。

2. 薄手の羽織物

 薄手の上着や長方形のスカーフかストールがあるといいでしょう。
 南国ならよくあることですが、冷房がどこでも日本の夏場のオフィス並みなので、冷房対策必須。オフィスにコートを持ち込んでいた同僚のローカルもいたくらいです。クアラルンプールも例外ではないので、冷房が苦手な方は羽織物は必須です。

3. アームガード、長袖(濃色推奨)の上に半袖を着るレイヤードスタイル、日傘

 赤道近くに位置するため日差しが強く、半袖だと肌が焼け痛めることがあるので、町歩きや紫外線対策としてアームガードを、腹部の防寒も兼ねるならレイヤードスタイルがおすすめです。

4. 帽子やサングラス

 また紫外線対策として帽子やサングラスなどは必須です。肌を守るために日焼け止めも塗りましょう。お化粧をする方なら目から入る紫外線防止のためにマスカラやアイラインをすることお勧めします。

5. モスクや寺院観光の際は肌を露出しない

 モスクや寺院に行かれる方も多いと思いますが、神聖な場所のため服装にも注意が必要です。ノースリーブや短パンなど肌が露出している服装の場合は入れないことがあります。
中には羽織るケープを貸し出しているところもありますが、礼儀として気をつけるにこしたことはないです。
宗教施設見学なら長袖足首丈のボトムス推奨です。

※アームガードや日傘、バティックなどのリゾートウェアはローカル住民はしないので、この服装をするとお土産屋で観光客価格、お店によっては日本人価格になる可能性があることも追記しておきます。)

まとめ

​ いかがでしたでしょうか。この通りマレーシアは気温的には常夏です。雨季と乾季という季節がありそれぞれによいところがあるので、それらを踏まえて行く時期を決めて楽しい思い出をつくりにクアラルンプールへ行きましょう!