サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

ジャカルタの旅行ガイド情報

【2020年最新】ジャカルタの治安は悪い? 注意点、危険な場所、トラブルと安全対策

インドネシアの首都ジャカルタは東南アジア最大の都市で、観光以外にビジネスで訪れる方も多いでしょう。治安は悪いのか、日本とは違う危険や犯罪、テロの可能性など、旅行中に注意する点を解説します。危険な地域や犯罪の被害例、夜間の外出、女性や子連れ旅で気をつけたいトラブルなどもまとめました。この記事を参考に、安全な旅行にしてくださいね。


出典 : Instagram

ジャカルタの2020年現在の治安は?

2020年1月現在、外務省海外安全ホームページによると、ジャカルタの危険レベルは「レベル1:十分注意してください」となっています。

経済平和研究所(Institute for Economics & Peace)発表の「2020年世界の治安の良い国ランキング」では、ジャカルタを含むインドネシアは40位、日本は9位です。

経済成長を続けるインドネシアですが、所得差が大きく貧困層や失業者が多く、ジャワ島に位置する首都ジャカルタでは、外国人旅行者を狙ったスリやひったくり、置き引き、詐欺などの軽犯罪が頻発し、凶器を使った各種強盗事件も発生しています。
また、2009年にジャカルタ市内のホテル2か所で同時爆弾テロが発生し、2016年には市中心部のタムリン通りでISILインドネシアによる爆弾・銃撃テロ、2017年には東ジャカルタ市のバスターミナルで自爆テロ、2018年にはジャワ島東部のスラバヤ市内の教会で自爆テロが発生しました。政府はテロに対する警戒を強めていますが、いつ突発的なテロが発生するかは予測できません。

ジャカルタを訪れる前や滞在中は、常に最新の治安状況をチェックして、安全確保につとめましょう。

外務省のたびレジに登録しておくと、現地の最新の安全情報を受け取れます。

参考:外務省海外安全ホームページ・インドネシア「安全対策基礎データ」

参考:在インドネシア日本国大使館「安全の手引き」

ジャカルタの治安の悪い場所・エリアと注意点

コタ地区(チャイナタウン)


出典 : Instagram

ジャカルタ北部のコタ地区は、華人が多い繁華街で、安くておいしい中華料理レストランや、ファタヒラ広場、歴史博物館、中国寺院や市場などの観光スポットがあります。売春宿もあり、バーやナイトクラブでドラッグが売買されたりと場所によっては危険なので、夜間に1人でこのエリアに行かないようにしてください。
また、交通マナーが大変悪いエリアなので、道路の横断時などには細心の注意が必要です。
なお、コタ地区のさらに北側はスラム街なので近づかないようにしましょう。

タムリン通り


出典 : Instagram

ジャカルタ中心部で、政府機関や銀行、各国大使館、大手ホテルが集まるエリアです。
ホテル・インドネシア・ケンピンスキー前のロータリーや、トランスジャカルタのサリナ停留所に向かう歩道橋で、昼間でも旅行者を狙った強盗事件が発生しています。ジャカルタ市内ではなるべくタクシーや車で移動するようにしましょう。

モナス(独立記念塔)周辺


出典 : Instagram

普段は市民の憩いの場ですが、政治家に不満を持つ団体や、労働団体などのデモや集会がよく行われる場所です。デモ情報は日本大使館のサイトでチェックできるので、デモ実施時にはこのエリアを避けることをおすすめします。

ブロックM(日本人の歓楽街)


出典 : Instagram

ジャカルタ南部のムラワイ通りに、和食レストランやカラオケが集まるブロックMがあります。日本人として足を運びたくなりますが、旅行者を狙ったスリやぼったくりが横行しているので注意が必要です。特に深夜は気をつけてください。

ジャカルタ全域で注意したいこと

スリ・置き引き

外国人旅行者を狙ったスリが繁華街、デパート、ナイトクラブ、トランスジャカルタなどの市内バスの車内、路上や歩道橋などで頻発しています。また置き引きが空港、ホテルのロビー、レストランなどで多発しています。

スリ対策には、なるべく人ごみに近づかない、ズボンの後ろポケットに物を入れない、バッグやリュックは完全に閉めて体の前で持つようにしましょう。旅行者に話しかけて気をそらし、荷物から金品を抜き取るケースもあるので、見知らぬ人に話しかけられたら荷物に十分注意してください。

置き引き対策には、空港やホテルのロビーで荷物から目を離さない、カウンターなど荷物の見えない場所では荷物を足で挟む、レストランやカフェでいすの背もたれや隣の席に荷物を置かない、短時間でも席に荷物を置いたまま離れないようにしましょう。

バイクのひったくり

2人乗りのバイクが歩行者を追い越す時に、横から荷物をひったくるケースが多発しています。対策としては、歩きスマホをしない、バッグをひじ掛け持ちにせず、道路側に荷物を持たないようにしましょう。もしひったくりにあってしまったら、バイクにひきずられると大ケガにつながり大変危険なので、あきらめて荷物を放しましょう。

バジャイ(三輪タクシー)乗車中の盗難

窓から手を入れられて、荷物を盗まれる被害が発生しています。荷物を持たないで乗るのがベストですが、持つ場合は外から見えないようにしましょう。

強盗

ジャカルタ市内で、昼間から外国人旅行者を凶器で脅して金品を奪う強盗が発生しています。できるだけタクシーや車で移動することをおすすめします。
徒歩で移動する際は、持ち歩く現金は最小限にとどめ、現金や貴重品は分散させて持つようにして、強盗にあってしまったら身の安全を考えて抵抗せずに金品を渡し、できる限り犯人の特徴を覚えておいて警察に通報しましょう。

タクシー強盗


出典 : Instagram

タクシーで目的地に向かう道中、待ち伏せしていた強盗仲間に車からから引きずり出され、金品を奪われる強盗事件が発生しています。
信頼できる大手のブルーバードタクシーやシルバーバードタクシーなどを、ホテルやレストランで呼んでもらうようにして、特に深夜の流しのタクシーの利用は避けてください。
タクシーに乗車したら、全てのドアがロックされているか、運転手のライセンスの名前や写真が一致するか確認し、別人と思われる場合はすぐに降りましょう。
ブルーバードタクシーやシルバーバードタクシーに似せた色や社名のタクシーや白タクで、料金をぼったくられるケースもあります。メーターを使っているか確認しましょう。

パンク強盗

路上に釘などをばらまいて車のタイヤをパンクさせ、降車したところを狙って金品を盗むパンク強盗が発生しています。タイヤがパンクしてもすぐに止まらずに、ホテルやショッピングモールの駐車場など安全な場所まで移動して停車しましょう。

現金や貴重品の持ち歩き

盗難や強盗に備えて、現金とパスポートは分けて持ち、多額の現金を持ち歩かずにクレジットカードも利用して、さらに現金は複数のお財布に少額ずつ分け、支払いの時にお財布の中身が見えないようにしてください。強盗にあったらすぐにお財布を一つ渡せるようにしておくとよいでしょう。
ブランド品や高価なアクセサリーを身につけていると狙われやすくなるので、できるだけ質素で目立たない格好をしましょう。

スキミング

空港やショッピングモールなどのATMにクレジットカードの情報を読み取る機械を取りつけ、小型カメラなどで暗証番号を盗み見て悪用するスキミング被害が発生しています。またATMからカードを取り出せないように細工して、困っている利用者を助けるふりをして暗証番号を聞き出すケースもあります。装置設置のリスクが比較的少ない、銀行内のATMの利用をおすすめします。ATMの利用時には不審な形跡がないか、周囲に不審者がいないか十分注意してください。

ニセ警察官・ニセ入管職員の身分証チェック

警察官や入管職員を名乗る人物がパスポートなどの身分証をチェックし、身分証を持っていないと多額の罰金をその場で払わせる詐欺が横行しています。特に外国人の集まるナイトクラブなどで多いです。
警察官や入管職員が身分証を確認することはあっても、その場で罰金を払わせることは基本的にないので、もし請求されて払う場合は、職員の名札や公務員番号、パトカーの番号を控えて、領収証をもらってください。

麻薬・ドラッグ

夜間のバーやナイトクラブ、路地裏などで売買が行われている場所があります。購入しなくても運び屋として利用されないよう、見知らぬ人から荷物を託されても引き受けないようにしましょう。
インドネシアでは麻薬や違法薬物の所持や使用を大変厳しく取り締まっており、外国人でも死刑を含む重刑が課されます。

テロ

2009年7月に市内のマリオットホテルとリッツカールトンホテルで同時爆弾テロ、2016年1月にタムリン通りの警察派出所と欧米系カフェチェーン店で爆弾・銃撃テロ、2017年5月に東ジャカルタ市カンポン・ムラユのバスターミナルで警察官を狙った自爆テロ、2018年5月にジャワ島東部スラバヤ市の教会3か所で自爆テロ、と断続的に、ジャカルタやジャワ島内でイスラム過激派組織ISILによるテロが発生しています。テロの標的にされやすい、外国人が多く集まる場所や施設、欧米関連施設、警察関連施設には近づかないようにして、不審物や不審者を見かけたらすぐにその場を離れて警備員や警察に通報しましょう。
インドネシアでは国民の9割がイスラム教徒です。イスラム教の断食月ラマダンと、ラマダン明けの大祭レバランの期間には、テロが起こりやすくなりますので、この時期を避けて旅行することをおすすめします。

女性が気をつけたいトラブルと対策

痴漢

路上やトランスジャカルタなどのバス車内で痴漢の被害が発生しています。昼夜かかわらず人通りのない道を1人で歩かない、トランスジャカルタの車内では女性専用席に座るようにしましょう。
また、ジャカルタではイスラム教徒が多いので、肌を露出した服装は控えましょう。

夜間の一人歩き


出典 : Instagram

夜間と言わず、日没後の女性の一人歩きは避けて、信頼できる大手タクシー会社(ブルーバードタクシー、シルバーバードタクシーなど)のタクシーをホテルやレストランなどで呼んでもらって利用しましょう。昼間でも、細い裏道など薄暗く人通りのない場所には立ち入らないようにしてください。
酔っ払ってタクシーで寝てしまい、暴行を受けるケースもあります。お酒はほどほどにしましょう。

子連れ旅で気をつけたいトラブルと対策

交通事故

ジャカルタは車・バイク社会で歩行者優先ではありません。運転が荒く交通ルールはあってないようなもので、信号のない横断歩道も多いので、子どもと手をつないで注意して歩きましょう。

子どもの誘拐

ジャカルタのショッピングモールで人身売買などを目的に、誘拐未遂事件が発生しています。子どもを連れて現地系のショッピングモールに行かないようにしましょう。

ジャカルタでトラブルにあった時の対処法

パトカー・救急車・消防車を呼ぶ時

ジャカルタでは日本と同様に、警察は110、救急車は119です。

  • 警察:110、5234558、5234045、5234046
  • 救急車:119(車両のみ)、334030(救急器具・看護士付き)
  • 消防車:6311216(ジャカルタ中央)、7694519(ジャカルタ南部)、44834444(ジャカルタ北部)、5682284(ジャカルタ西部)、8582150(ジャカルタ東部)

パスポートのトラブルは日本大使館へ

パスポートの盗難・紛失の際は、最寄りの警察に届け出てポリスレポート(盗難・紛失届)を発行してもらい、日本大使館でパスポート再発行、または「帰国のための渡航書」申請の手続きをします。
交付後、宿泊先の最寄りの出入国管理局で出国許可手続きをする必要があります。直接空港へ向かっても出国できないのでご注意ください。

再発行に必要なもの:紛失一般旅券等届出書(窓口にて)、申請書(窓口にて)、パスポート用写真2枚、6か月以内に発行の戸籍謄本(抄本)、ポリスレポート
※ 早急に直接日本に帰国する場合は、「帰国のための渡航書」を申請(ポリスレポート、戸籍謄本(抄本)や住民票など本籍地が確認できる書類、帰国時の航空券が必要)

在インドネシア日本国大使館
所在地:Jl. M. H. Thamrin No.24, Jakarta 10350, Indonesia
電話:(市外局番021)3192-4308、国外からは(国番号62)-21-3192-4308
FAX:(市外局番021)3157156(領事部)、国外からは(国番号62)-21-3157156(領事部)
公式サイト:https://www.id.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

インドネシア入管総局
所在地:Jl. Rasuna Said Kav. X-6, Kuningan, Jakarta Selatan
電話:(021) 522-4658
公式サイト:http://www.imigrasi.go.id/

中央ジャカルタ入管局
所在地:Jl. Merpati Blok B 12 No. 3,Kel. Gunung Sahari Selatan, Kec. Kemayoran,
Jakarta Pusat, DKI Jakarta, 10720 Indonesia
電話:(021) 654-1209

クレジットカード紛失時

できるだけ早くカード会社に連絡をとり、利用停止の手続きをします。

  • VISA(フリーダイヤル・日本語・24時間):001-803-441-230
  • Mastercard(フリーダイヤル・日本語・24時間):001-803-1-887-0623
  • JCB(フリーダイヤル・日本語・24時間):001-803-81-0039
  • AMEX(コレクトコール・日本語・24時間):65-6535-1561 (シンガポールセンター)

緊急時の連絡先(日本語対応の病院)

日本人看護師や日本人スタッフが常勤している以下の病院では、日本語で診療を受けることができます。

共愛メディカルサービス(Kyoai Medical Services)
所在地:Wisma KEIAI, 6th Floor, Jl. Jend. Sudirman No.10, RW.11, Karet Tengsin, Kecamatan Tanah Abang, Daerah Khusus Ibukota Jakarta 10220 Indonesia
電話:021-5790-5850(日本語)
公式サイト:http://www.kyoaims.com/jp/index.php

タケノコ診療所(Takenoko Clinic Sudirman)
所在地:Apartment Sahid Sudirman Residence Lobby L03 & L05, Jalan Jendral Sudirman No. 86, RT.10/RW.11, Karet Tengsin, RT.10/RW.11, Karet Tengsin, Kota Jakarta Pusat, Daerah Khusus Ibukota Jakarta 10220 Indonesia
電話:021-5785-3958(日本語)
公式サイト:http://takenokogroup.com/

カイコウカイクリニック(Kaikoukai Clinic Senayan)
所在地:Sentral Senayan I Ground & Mezzanine Floor, Jl. Asia Afrika No. 8, Gelora Bung Karno, Senayan, RT.1/RW.3, RT.1/RW.3, Gelora, Kota Jakarta Pusat, Daerah Khusus Ibukota Jakarta 10270 Indonesia
電話:021-573-1010(日本語)

まとめ

ジャカルタは一昔前まで危険な都市でしたが、2018年にはアジア大会が開催されたり、年々治安はよくなってきていると言えます。それでも日本に比べると治安は悪いので、リスクを最小限に抑えられるよう心がけて、安全に滞在してくださいね。
ジャカルタの治安についてもっと詳しく知りたい方や、疑問点のある方は、ロコタビのサービスで、ジャカルタ在住の日本人ロコに聞いてみるのもおすすめです。また、不安な方はロコに送迎やアテンドなどをお願いすることもできます。Q&Aは無料なので、お気軽に書き込んでみてくださいね。