サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

シアトルの旅行ガイド情報

シアトルのコンセントはAタイプかBタイプ! 変換プラグは不要

【アメリカ・シアトル在住者執筆】シアトル旅行中にスマートフォンの充電や、ヘアアイロンの電源に必要なコンセントのタイプや、日本との電圧の違いについて徹底解説!

日本で使っている家電製品のプラグをコンセントに差し込むと、火事や感電を起こす危険性もあります。日本から持ってきた電化製品をシアトルの旅行時に使用するためにはどうすれば良いか、アメリカのコンセントの基本の情報とともにご紹介します。

シアトルの電源プラグ

プラグの形は日本と同じAタイプかBタイプ

アメリカのプラグの形はAタイプもしくはBタイプ。
Aタイプは日本と同じ2つ細長い穴がある形で、Bタイプは2つの細長い穴と1つの円形の穴がある形です。

一見穴の形が全然違うという印象を受けますが、AタイプBタイプどちらのコンセントにも変換プラグ(旅先のコンセントの穴が時刻と異なる場合に使う器具)なしで日本から持ってきた電化製品が差し込めます。

シアトルの電圧・変圧器

シアトルの電圧は120V

アメリカと日本はプラグの形は同じなので変換プラグは不要だというお話をしましたが、電圧は異なります。

アメリカは120V、日本は100Vです。

日本より電圧が高いアメリカのコンセントに、日本の電圧に対応した電化製品のプラグを差し込んでしまうとどうなるか。

大きすぎる電圧の負荷がかかったその家電は故障する可能性があります。

それだけでなく、ホテルが火事になるリスクやご自身が感電する可能性も。

日本の電化製品を、120Vの電圧に対応しているかどうか確認しないまま使うことのないようにしましょう。

変圧器は必要ない?

ヘアアイロン、ノートパソコンの充電器は全世界対応しているものが多いです。

全世界の電圧に対応しているのであれば、本体もしくは説明書などのINPUT欄を確認しましょう。そこに「(AC)100~240V」という表記があると思います。

逆に「AC100V」と書いてある商品は日本国内でのみ使用が想定されています。

もしシアトル旅行でも「AC100」の表記がある家電を使いたいのであれば、変圧器を購入して使用する必要があります。

スマホやパソコンを充電する

スマートフォンの充電

Apple製品

Apple製品は100-240V対応なので、シアトルでも変圧器なしで純正充電器を使うことができます。ちなみに、純正の充電器であれば、iPadやMac Bookも充電可能です。

Android

Androidの各メーカーの純正充電器も純正でない充電器もほとんどが世界対応していますが、純正品ではない充電器を持っていくのであれば、念のために対応している電圧を確認しておきましょう。

デジカメ

デジタルカメラは旅行先でも使用することが想定されているので、ほとんどのものに世界対応の「AC100~240V」という表記があるはずですが、不安な方は本体と充電用のACアダプタの表記を確認しましょう。

ドライヤー・ヘアアイロン

家電量販店に行くと、ドライヤーとヘアアイロンは日本国内のみ対応の商品と世界対応の商品に分かれています。

大抵は世界対応の商品の方にわかりやすくステッカーが貼ってあります。

値段に大きな差があるわけでもないので、もし新調するのなら世界対応(AC100~240V)の商品を購入することをおすすめします。

また、消費電力の多いドライヤーやヘアアイロンは異なる電圧だと故障や火事の原因になりやすいです。日本国内のものをアメリカで使用するのは避けましょう。

外出先で電源を使う

空港

セキュリティゲートの中であれば、スマートフォンやパソコンを充電できるコンセントがついている席があります。

シアトルで駅というとライトレールの駅ですが、必要最低限の施設なので電源は使えません。

カフェ

日本のチェーンカフェ店のようにコンセントつきの一人席はあまり見かけません。

“Free Wi-fi”の表記があるカフェにはコンセントも用意してある可能性がありますが、入ったカフェで必ずしも充電ができるとは限らないという認識の方がいいと思います。

ホテル

ホテルのコンセントは日本のホテルと同じように使用できます。万が一誤って日本対応の電化製品を持ってきてしまった場合はフロントで変圧器を借りられる可能性があります。

電車

シアトルの電車ライトリンクレールには駅と同様にコンセントはありません。ポートランドやバンクーバーまで行けるアムトラックという長距離電車の車内にはコンセントがあります。(ただし古い車両だと片側の席にしかコンセントがついていないです)

よくあるトラブル

変圧器を忘れてしまったときは?

先ほども述べましたが、ホテルによっては変圧器の貸し出しサービスがあります。
また、どうしても必要な場合はパイクプレイスマーケットの近くにあるTargetというスーパーで購入することができます。

コンセントが足りない場合は?

泊まるホテルによっては、コンセントの数が宿泊人数分ないかもしれません。コンセントが足りないと夜の間にスマホを充電できない人が出たり、女性だと朝の準備に時間がかかったりという問題が起こる可能性がありますよね。

タコ足配線ができる延長コードやタップがあればその問題は解決できるのですが、日本の延長コードは日本の電圧の規格でテストされているため、アメリカの高い電圧には対応していないことが多いようです。スマートフォンなど消費電力が小さいものなら大丈夫だと思いますが、日本の延長コードで消費電力の大きい海外対応のドライヤーを使うのはやめておきましょう。

延長コードや複数個口のタップは先ほどもお伝えしたTargetやドラッグストアで$10前後で購入できるので、どうしても必要であれば安全を優先して現地で購入しましょう。

延長コードについてもホテルでお願いをすれば貸してくれるところがあるかもしれないので、一度試してみてください。

消費電力が何かわからない

消費電力とは、その名の通り家電を動かすために必要な電力のことです。
変圧器やタコ足配線にしたいときに使う延長コードは耐えられる消費電力の量が決まっているので、それらを使用する際に意識したい項目です。

以下、旅先で使うことが多い家電の消費電力です。

特に、持ち運び用のコンパクトな変圧器は消費電力が大きなドライヤーなどの家電には使用できない可能性があります。
日本からドライヤーやヘアアイロンを持ち込みたい人は事前に確認をしましょう。

使用する家電 消費電力
ドライヤー 600W~1200W
ヘアアイロン 150W~240W
スマートフォンの充電 10W~15W
一眼レフカメラの充電 6W
デジタルカメラの充電 3W~4W
ノートパソコンの使用 50W~120W
アイコスの充電 15W

まとめ

さいごに、コンセントや電気に関する英単語をご紹介します。
間違えがちなのがコンセント。英語では全然違う言葉で表現します。

変圧器/voltage converter
延長コード/extension code
コンセント/outlet
充電器/charger

シアトルへの旅行前に分からないこと、知りたいことがあればロコタビで無料Q&Aで質問もできます。ぜひ利用してみてくださいね。