サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

オアフ島(ハワイ)の旅行ガイド情報

ハワイ・ホノルル(オアフ島)の天気と気温、旅行中のおすすめの服装

【ハワイ・ホノルル(オアフ島)在住者執筆】旅行が決まったら持ち物の準備です。常夏のイメージが強いハワイですが、雨季と乾季があり、朝晩と日中の気温差や、屋内と屋外での温度差があります。ここでは、年間の気候の特徴や、旅行中におすすめの服装をまとめました。あなたが旅行へ行く時期の最適な服装をチェックして、旅行準備を万全に整え、旅行を楽しみましょう。

ハワイでのファッションと言えば、リゾート系や水着など薄着のイメージができますよね。しかし、いざ到着してみると「意外に寒い!」と感じるシーンも多くあります。今回は、ハワイ・ホノルル(オアフ島)在住の筆者が年間の気候の特徴や旅行中におすすめの服装をまとめました。シーズン別の服装スナップをチェックして、旅行を最大限楽しみましょう!

ハワイ・ホノルル(オアフ島)の年間の気候

ハワイは年間の平均気温が約25℃と1年を通して暖かく、紫外線量は日本の3倍とも言われるほど日差しが強いです。ハワイには四季がなく、大きく乾季(5月〜10月)と雨季(11月〜4月)の2シーズンに分かれます。海水の温度も平均23.3℃と波が高く危険な日以外は入ることができ、年間を通じて海のレジャーを楽しめます。

年間の気温と降水量

夏の気温は東京と同じくらいですが、湿度が低いため、カラッとしていて東京よりも過ごしやすいと感じられます。また、雨が降っても、数十分後にはまた晴れて虹が出ている!ということが多くあります。しかし先述した通り、日差しはかなり強いので、どのシーズンに旅行に行かれてもしっかりと紫外線対策をすることをおすすめします。

1月 2月 3月 4月 5月 6月
オアフ島平均気温(℃) 23.0 23.0 23.7 24.6 25.5 26.9
オアフ島降水量(mm) 49.6 52.3 49.9 14.9 16.9 6.2
7月 8月 9月 10月 11月 12月
オアフ島平均気温(℃) 27.4 27.9 27.6 26.8 25.4 23.8
オアフ島降水量(mm) 11.3 12.8 17.9 42.6 62.2 74.3

出典:日本気象庁

乾季(5月、6月、7月、8月、9月、10月)のハワイ

気温は高いですが、湿度が低いためカラッとした快晴が続きます。波も穏やかで安定している日が多いので、様々なマリンアクティビティに挑戦してみてください。
6月〜11月はハリケーンのシーズンとも言われますが、接近することは稀です。万が一、ハリケーンの情報があった場合は、ホテルの案内や現地ニュースなどチェックして安全に過ごしましょう。

雨季(11月、12月、1月、2月、3月、4月)のハワイ

朝晩は肌寒いと感じる日も増えます。雨予報が続く期間ですが、1日中雨が振り続けることはほとんどなく、数十分の間、シャワーのようなスコールが降ることが多いです。また、波が高くなるのもこの時期です。現地のニュースでは波予報も放送しているので、サーフィンをされる方はチェックしてみてください。1月や2月には気温が20℃を下回る日もあるため、防寒対策も必要です。

旅行中におすすめの服装

基本的に年中半袖で過ごせるハワイですが、シーズン別におすすめの服装を写真付きでご紹介します。海のアクティビティにおすすめなアイテムも載せていますので是非チェックしてみてください。

乾季(5月、6月、7月、8月、9月、10月)の服装

最高気温28〜31℃/最低気温21〜25℃
リラックスしたTシャツ、タンクトップ、マキシ丈ワンピース、短パンがおすすめです。足元はビーチにいつでも行けるようなビーチサンダルなどを履いている人が多いです。日差しがとても強いので帽子やサングラスも必須です。ショッピングセンターやレストランなどの店内では、冷房がガンガンにかかっているため、直接当たらないように薄手のカーディガンやパーカー、ストールなどを持ち合わせていると便利です。

雨季(11月、12月、1月、2月、3月、4月)の服装

最高気温26〜28℃/最低気温20〜22℃
このシーズンは太陽が当たらないと一気に体感気温が下がります。また、風が強い日も増えるため、Tシャツの上から裏地起毛のパーカーやナイロン素材のジャケットをおすすめします。冷えやすい方は薄手のニットや足元はスニーカーなどがあると良いかも知れません。多くのファストファッションブランドでは冬服も豊富に取り揃えてあるので、どのくらい冷えるのか予想が難しい場合は現地で調達することをおすすめします。

ビーチ・海のアクティビティの際の服装

ビーチで過ごす際におすすめしたいのがラッシュガード(写真左)です。薄手のため、海水からの冷えや強い紫外線から肌を守ってくれます。また、ビーチから宿泊先までなどちょっとした移動には水着の上からオシャレに羽織れるビーチガウン(写真右)もリゾート感が増す便利アイテムです。

また、サーフィンやスキューバーダイビング、シャークツアーなどの沖でのマリンアクティビティの場合は海水の温度も下がるため、厚手のウェットスーツなどが必要です。レンタルできる場合もあるので、ツアー内容などで持ち物を再度チェックしておきましょう。

以上、ハワイの気候とおすすめの服装でした。のんびりとした暖かい気候の中で、人々が周りの視線を気にしない自由な服装をしているのがハワイです。日頃の忙しさから解放されて気張りすぎないリラックスしたリゾート&ビーチスタイルを楽しんでみてください。アロハシャツやムームーといったハワイアンスタイルにも挑戦してみてはいかがでしょうか。