サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

ニューヨークの旅行ガイド情報

ニューヨークの気候の特徴は?季節ごとの気温や服装、天気予報も!

ニューヨーク旅行で気になるのがお天気。
ここではNYCにおける年間の気候の特徴と、季節ごとの服装を月別にまとめました。
今現在のニューヨークの天候や気温、一週間の天気予報もここでチェック!
アメリカ・ニューヨークへ行くベストシーズンもご紹介します!

ニューヨークの気候の特徴

ニューヨークにも、日本と似たような四季があります。
冬が長めで、春と秋が短いのが特徴です。
ニューヨークの気候帯区分は、温暖湿潤気候となっています。

夏は高温多湿で、気温は東京のような暑さになります。
特にビルの多いマンハッタンは熱がたまりやすいため、ヒートアイランド現象が起こることも。
夏の平均最高気温は26℃〜29℃、平均最低気温が17℃〜21℃ですが、7月・8月は30℃以上になる真夏日が続きます。
この時期は雨が多くなり、夕方にはサンダーストームと呼ばれる雷雨が降ることも珍しくありません。

冬は、ニューヨークの緯度が青森県とほぼ同じということからもわかるように、日本の東北地方のように寒さが厳しく、マイナスになる日も。
平均最高気温は10℃以下、平均最低気温は-3.9℃にもなります。
真冬には、雪が降る日も多くなります。
日本よりも空気が乾燥しているので、「寒い」を通り越して「痛い」と感じるほど。
マンハッタンの高層ビルが起こすビル風により、寒さも一層厳しく感じられます。
天気によっても気温が変化しやすいので、防寒対策はキチンとしておきましょう。

春・秋は比較的過ごしやすい気温ですが、天気が変わりやすいため、雨具をお忘れなく。

ニューヨークの年間平均気温・降水量・湿度

日本と比べ、全体的にどの数値もやや低めとなっています。

ニューヨークの年間の平均気温

全体的に、年間を通して日本よりもやや低めの気温。

ニューヨークの年間の降水確率

降雨量は、東京よりもやや少なめです。

ニューヨークの湿度

湿気も、日本ほど高くありません。

ここ一週間のお天気は?おススメの天気予報サイト

「tenki.jp」天気予報サイトでは、今現在のニューヨークの天気が見れるほか、この先1週間の天気、ニューヨークと日本の主要都市との天気の比較、さらにニューヨーク周辺の都市の天気までもわかります。

ニューヨークにおけるこの先一週間の最高気温・最低気温・降水確率も見れるので、これを目安にすれば旅行の準備にも助かりますね。

とくに夏のハリケーンシーズン、冬のウィンターストームシーズンは最新の気象情報を入手するようにこころがけましょう。

「tenki.jp」天気予報サイトでニューヨークの天気を見る

月別に見る、ニューヨークの気候とおススメの服装

以下の情報を目安に、旅行へ持っていく服を準備してみましょう。

ニューヨークの春の気候と服装

日本と比べ、春はやや肌寒い印象。
3月上旬は最高気温が10℃に届かない日も多いため、マフラーやコートは必須アイテム。
長袖セーターや長袖シャツも、持って行きましょう。
5月頃からは日差しが強くなりはじめ、花粉症の人には要注意の時期です。

3月

平均最高気温 50°F(10°C) 平均最低気温 35°F(2°C)

月に入ってもまだまだ寒さが残っています。
コート、手袋、マフラーは必須です。
大雪が積もることはめったにありませんが、3月でも降雪はあります。
それでも1日1日と日差しはやわらかくなり、風もあたたかくなってきます。
また、日も長くなります。
後半になるといよいよ春らしい日も増えてきます。
まだ3月なのに初夏のような暑さのときもあります。

4月

平均最高気温 60°F(16°C) 平均最低気温 45°F(7°C)

陽射しも暖かくなり花々が咲き始めます。
しかし、春らしい日が増えたと思っていると急に気温が下がり、寒さがぶり返す時期が必ずあります。
そして4月の寒さを乗り越えるとまた暖かい日がほんの数日続き、今度は一気に初夏が訪れます。
4月は全体的に気候が不安定で気温の変化が大きいです。
スプリングコートと突然の寒さ対策にフリースやセーターの持参をおすすめします。
また初旬の季節の変わり目は強風がふくことがあります。

5月

平均最高気温 68°F(20℃) 平均最低気温54°F(12℃)

新緑がまぶしい5月は気温も上がり、日中は汗ばむほどです。
さわやかな風を感じながら街歩きできます。
ただ朝・晩は冷え込み、温度差が激しいので1日薄着 で通してしまうと体調を壊します。
長袖シャツに薄手のジャケットでちょうどいいくらいです。
梅雨はありませんが、5月下旬から6月初旬は降雨量が多いです。
また5月から紫外線が強くなりますので日焼け止め対策が必要です。
さらに新緑の5月は花粉症の季節です。
なお、5月末のメモリアルデーからニューヨーカーは 夏が始まったとみなします。

ニューヨークの夏の気候と服装

日本の夏と比べ、やや気温は低めです。
冷房対策のため、薄手のジャケットやカーディガンなどの羽織れるものをお忘れなく。

6月

平均最高気温 80°F(27℃) 平均最低気温62°F(17℃)

初旬は雨が多いです。
この時期が過ぎるとカラッとした晴れた日が多くなり、一気に気温があがり夏になります。
6月末には日差しもするどくなります。
また、 気温が上がるにつれて、デパート、レストラン、交通機関など冷房がガンガン効いて寒いくらいになります。
必ず薄手のジャケット、カーディガンは持参しま しょう。
観劇のように動かないで冷房の効いた空間にいる場合はジャケット、カーディガンにプラスして胸元を覆うスカーフ持参も良いでしょう。

7月

平均最高気温 85°F(29℃) 平均最低気温 70°F(21℃)

1年で一番暑い月です。
7月中旬以降は気温30度を超える日が増えます。
6月と違い空気が湿気をふくみ重くなります。
ノースリーブ、ショートパンツと露出度の高い服装の人が増えます。
ただ天気が良いと思っていると突然暗くなり、雷雨をともなった激しい雨がふることがあります。傘では太刀打ちできません。
1 時間くらいでやみますので雨宿りして雨がやむのを待ちましょう。
雨が降った後は急に気温が下がることもありますのでご注意を。
地下鉄構内、ホームは空調がない駅が多く非常に気温が高いことがあります。
街歩きの際は水分補給を十分にしましょう。

8月

平均最高気温 83°F(28℃) 平均最低気温 69°F(21℃)

8月も中旬をすぎると真夏の暑さがすぎ、気温も下がりはじめ涼風を感じます。
それでもまだ紫外線対策は忘れずに。
8月後半から10月頃まではハリケーンシーズンです。

ニューヨークの秋の気候と服装

日によっては気温差が激しいときもあるので、カーディガンや薄手のジャケットを持参しましょう。
厚手のコートやダウンのほか、手袋やマフラーなどの防寒対策にも心がけましょう。

9月

平均最高気温 76°F(24℃) 平均最低気温 61°F(16℃)

初旬のレイバーデーまでが夏とみなされます。
9月になると涼しい日が増えてきますが、
インディアンサマーと呼ばれる暑さがぶり返す時期があります。
インディアンサマーは温度は30度前後、日差しは強くありませんが生あたたかい風を感じます。
中旬をすぎると日中でも長袖が必要ですし、朝・晩は冷え込む日が増えてきます。
日中との温度差が激しくなりますので夜のことも考えてジャケット、カーディガンを必ず持参しましょう。
下旬には秋の様子で街行く人たちの服装にもダークカラーが増えてきます。

10月

平均最高気温 76°F(24℃) 平均最低気温 61°F(16℃)

風が吹くと肌寒いものの空の高い秋晴れの気持ち良い日が多いです。
街歩きが楽しい季節です。ですが10月初旬でも朝・晩は東京の冬に近い気温になります。
夜間の寒さ対策にフリースやセーターを持参したほうが良いでしょう。
また季節の変わり目で強風がふくことがあります。
紅葉は例年10月下旬です。

11月

平均最高気温 54°F(12℃) 平均最低気温 41°F (5℃)

初冬というより東京の冬に近いです。
朝・晩は氷点下になる日が増えてきます。
それでもまだ日中は気温があがり10度前後になります。
11月は雪が降ることはほと んどありません。
服装は東京の2月くらいと考えてコート、手袋、マフラーを持参するとよいでしょう。
11月のサンクスギビングデーからホリデーシーズンに 入り、街にはクリスマスイルミネーションが登場します。

ニューヨークの冬の気候と服装

ニューヨークでの観光を満喫するためにも、徹底した防寒対策をおススメします。

12月

平均最高気温 47°F (7℃) 平均最低気温 32°F (0℃)

いよいよ真冬に突入です。
日中の最高気温もそれほど上がらず0℃前後のことが多くなります。
まだまだ1月、2月ほどは寒くなりませんが寒さ対策は万全にしましょう。
厚手のコート、手袋、帽子、マフラーが必要です。
また霧雨のような雨も初旬は多いです。
中旬以降は大雪になることはまれですが、雪が降る可能があります。
なお12月はクリスマスで街中が1番盛り上がるときです。
冬の寒さの中で見るクリスマスイルミネーションは最高です。

1月

平均最高気温39°F(3.8℃) 平均最低気温26°F(-3.3℃)

1月は年間を通して最も寒くなる月です。
最高気温でも氷点下という日も多々あります。
さらに風が強い日は体感温度が下がりますのでご注意を。
地下鉄駅は車 内は暖房が効いていますが、駅構内、ホームは暖房がありませんので寒いです。
また外で長時間過ごしているとつま先の感覚がなくなりそうです。
大雪が降る可能性が高いです。
大雪の後は水たまりが街のいたるところで発生し滑りやすくなるため足元はスノーブーツ、スニーカー必須です。
厚手のロングコートまたはダ ウンジャケットを着用しつつ外気を遮断でき暖房が効いている室内のことも考えて重ね着がおすすめです。
手袋、マフラー、ニットの帽子も必須アイテムです。

2月

平均最高気温40°F(4.4℃) 平均最低気温27°F(-2.7℃)

2月も前半は1月同様の寒さで降雪量が増えるの可能性があります。
後半は気持ち暖かくなりますが、それでもまだまだ真冬日が続きます。
防寒対策はきっちりしましょう。

ニューヨークの旅行におススメのベストシーズンはいつ?

気候でいうと、6月〜9月がニューヨーク観光のベストシーズン。
しかしながら、8月後半から10月頃まではハリケーンも発生する時期なのでご注意を。
また、10月下旬から11月上旬は紅葉も美しく、ニューヨークの街がより美しくなりますよ。
この時期の秋は雨も少なく秋晴れが続くので、過ごしやすくてお勧めです。

ショッピングが目当てなら、11月後半から年始にかけての時期もおススメ。
11月第4木曜日の「サンクスギビングデー(感謝祭)」から「ビッグフライデー」、「サイバーマンデー」「クリスマスセール」「ニューイヤーズセール」とバーゲンセールが続きます。

【豆知識】アメリカ合衆国での気温表示は華氏(°F)

アメリカ国内では気温は華氏(Fahrenheit, °F)で表示されます。
ニューヨーク到着後、戸惑わないためにも気温については次の2点を押さえておきましょう。

華氏(°F)とは

アメリカ等で使われている温度の単位です。
水の氷点を32°F、水の沸点を212°Fとしています。
32°Fより気温が低い場合は摂氏氷点下以下ということになります。

換算方法

華氏(°F)から摂氏(°C)への換算方法は °C=(5÷9)×(°F-32) で算出できます。
もっと単純に °C=(°F-30)÷2 とおぼえてもおおよその気温はつかめます。

単純な式の方で算出すると、だいたいこのようなイメージです。

華氏(°F) 摂氏(°C) 体感
100°F 35°C 暑すぎる、熱中症に注意
50°F 10°C 木枯らしが吹くより寒いくらい
10°F -10°C 極寒の雪国レベルの寒さくらい

まとめ

ニューヨークは四季折々の美しさがあります。
ニューヨークを訪れる際に注意したいのは寒さ対策です。
真冬の防寒対策はもちろんのこと、春、秋の不安定な気温への対応、夏の冷房対策も考えて旅行準備が必要です。
それぞれの季節に合った服装で、ニューヨークの街を最大限に楽しみましょう!

分からないこと、知りたいことがあれば無料Q&Aでロコに質問もできますので、ぜひ利用してみてくださいね!
- ニューヨーク無料Q&A