サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

ハワイ島の旅行ガイド情報

アメリカ・ハワイ島旅行の持ち物リストと荷造りの注意点

【アメリカ・ハワイ島在住者執筆】ハワイ島旅行に必要な持ち物チェックに!基本の持ち物に加え、季節ごとにあると便利なもの、必要ないもの、飛行機での荷物の注意点をご紹介します。旅行前の準備や出発前の最終チェックにご活用ください。

ハワイ島はワイキキのあるオアフ島とは全く違う環境です。島が広大なため、忘れ物をすると、調達するまでに時間と手間がかかり、時には物がない場合もあります。
ハワイ島ならではの持ち物、TPOに応じた持ち物、そして国際線での持ち物の注意点について紹介します。

基本の持ち物チェックリスト

かゆい所に手が届く、ハワイ島旅行に適した持ち物リストをまとめました。参考にしてください。

必需品

持ち物 説明 注意点
パスポート 先ずこれがないと海外旅行に出られません 有効期限の確認を忘れずに!コピーをPDFでデータとして保存しておくと旅行中に紛失した際に便利です。
ESTA 持ち物ではないが90日以内の旅行者は必ず申請が必要。 控えのコピーを持っていると安心
現金 ドルと円と両方 ハワイといえども、クレジットカードの国アメリカなので、多額の現金は持ち歩かないようにしましょう。
クレジットカード 飛行機内、レンタカーの場合必ず必要 旅行中の買い物の際に必要な場合があるので、必ずPIN(暗証番号)を確認してください。旅行前にコピーをPDFでデータとして保存しておくと紛失した際に便利です。
海外旅行保険証 ハワイの医療費は高いと言われているアメリカの本土よりも高額です。 クレジットカードの付帯保険は、不十分な場合があるので旅行前に確認しておくと安心です。
常備薬 必要な場合のみ。アメリカの薬はきついので普段飲み慣れたものを持っていくことをお勧めします。 以下の機内持ち込みの欄を参考にしてください。

重要なもの・ないと不便なもの

持ち物 説明 注意点
航空券予約確認書 ハワイ島の入国審査時に提示を求められる場合があります
国際自動車免許証 ハワイでレンタカーをするのに、日本の普通自動車免許証でも大丈夫ですが、万一の事故や違反の場合、警察に提示するときに備えて国際免許証を持って行く方が安心です。
スマホ 通話だけでなく、地図を使う、写真を撮る等、何かと便利 日本からのままで使うと高額な請求をされるので、旅行前に海外用の設定への切り替え方法を調べておく
スマホの充電器 レンタカーをする方は車用のチャージャーも。
ポケットWiFi 旅行中、移動中にでもインターネットにつながるので便利 ただしハワイ島には圏外が沢山あるので、出かける前にその日の工程の準備くらいはしておくと安心
ラップトップ 最近では携帯電話でほとんど事が済みますが、必要な方は持っていきましょう。
USBケーブル 旅行中に機内、レンタカーで使えます。
財布 海外旅行用と、日本用と分けておくと便利です。
ボールペン 機内で入国書類の書き込みに重宝するので機内の持ち物の中に入れましょう。
マスク 機内での乾燥,風邪などの感染を防ぎます。
コンタクトレンズ・眼鏡 コンタクトレンズの保存液、洗浄液も忘れずに! 機内への液体持ち込みの欄を参照
日焼け止め ハワイは日差しが強いので旅行時の紫外線防止のために。
サングラス 日差しが強いので運転時に重宝。
雨具 レインコート、折り畳み傘。ビッグアイランドは毎日のように雨が降る地区が多い。
上着 機内や建物の中はクーラーが効いて寒い場合があります。 機内が寒かった場合を想定して機内の持ち物に入れましょう。
着替え 現地調達できますが、1~2式持って行った方が安心です 旅行一日目にスーツケースが出てこかった場合を想定して、手荷物に一式入れておくと安心
履きなれたスニーカー ハワイ島は旅行中に歩くことが沢山です。
パジャマ・寝巻 ホテルにはついていません
歯ブラシ・歯磨き粉 ホテルについていない、あったとしても大きすぎる。 機内への持ち物に入れる際は下記の液体の機内持ち込みの欄を参照
髭剃りグッズ ホテルについていない場合がある。
スリッパ ハワイ島のほとんどのホテルについていない。飛行機の中でも使えるので機内持ち込みにすると便利。
シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ ホテル備え付けのものは匂いがきつく、肌に合わない方もいらっしゃいます。マイ風呂グッズを持参すると安心です。 シャンプーなどの液体の機内持ち込みをする際は下記の液体の機内持ち込みの欄を参照。
体を洗うスポンジ(ごしごしタオル) 旅行中のホテルにある小さい四角のタオルでは、物足りないです。
くし・ヘアーブラシ ハワイ島のホテルには意外とありません。
綿棒 ハワイ島一部の高級ホテルでしかついてきません。
化粧品 日焼けの後の保湿液を忘れずに! 機内持ち込みの際は下記の液体の持ち込みの欄を参照
生理用品 旅行で不定期になるため、突然必要になるかもしれません。お店が近くにない場合など、緊急の時に持っていると便利です。
持病の英訳説明 旅行中に持病が発生した場合、事前に英訳された文章の用紙(またはPDFのデータ)を持っていくと説明するときに焦らなくて済みます。 ハワイ島は日本語を話せる緊急医師がほとんどいません。

旅行がより楽しくなるもの

持ち物 説明 注意点
カメラ ハワイ島旅行の思い出をパチリ。 充電器、メモリーカードも忘れずに!
スマホの防水ケース よく雨が降るハワイ島。ビーチ・プールサイドでの使用も安心。
ネックピロー 機内で役立つ。運転中に腰の部分に置くと楽な場合も。 自分で膨らますタイプの方がコンパクトで持ち運びが便利。
ガイドブック ハワイ島旅行のあんちょこに。
ポケットティッシュ 旅行中あると何かと便利です。日本の様に道で配っていません。
水着 ハワイ島現地調達もできますが、着いてすぐホテルのプール、海に行きたい人は持っていると便利 お店に自分のサイズがないこともあるので一着持っていると安心
ビーチサンダル ハワイの定番。
ウォーターシューズ 海の中でのサンゴから足の裏を守るために マイナーなビーチには珊瑚礁の他にガラスの破片が海の底に落ちている事があります。
帽子 顔を紫外線から守ります。
お箸 テイクアウトの食べ物をホテルで食べるときに便利です。
少量の調味料 ハワイ島にも売っているが、量が多すぎる 液体の機内持ち込みの際は下記を参照
電子辞書 携帯電話にアプリが入っている場合は不必要
エコバッグ ハワイ島では、プラスチック袋が買い物の際に無料でもらえなくなりました。
圧縮袋 大きめの圧縮袋を数枚持っていくと、日本帰国の際に衣類をコンパクトにし、お土産の場所を作ります。

行く場所ごとに役立つ持ち物

ハワイ島には、溶岩の上やジャングルのハイキング、ワイピオ渓谷、マウナケア山頂など、ビーチやショッピング以外の楽しみ方もたくさんあります。TPOの合わせた持ち物を参照ください。

ハイキング

持ち物 説明 注意点
バックパック 両手が使えるので便利です。
虫よけスプレー 自然が多いと言う事は虫がいっぱいいます。 虫刺されからスタッフ(Staph)インフェクションに感染してしまう事もあるので、なるべく傷口は作らないように!
ハイキングシューズ 履きなれた通常の靴もいいですが、防水加工のされたハイキングシューズは雨の多く振るジャングルハイキングでは重宝します。 履きなれていない場合は靴ずれ対策を忘れずに!
バンドエイド 旅行中に何かと役立ちます
とげぬき ハワイ島にはとげとげしたものがいっぱいあります。かさばらないので念のために持っていると安心です。 手荷物検査で突起物として引っかかる可能性があるので、お預けの荷物に入れます。
ヘッドランプ 早朝であったり、夕方遅くなってしまった場合、ビッグアイランドは真っ暗になります。 両手が使えるヘッドランプの方が懐中電灯より便利

マウナケア山頂

ハワイ島にある、標高4205mのマウナケア山頂は冷えます。満天の星を眺めえるのも、日の出・日の入りを見るのも外ですから、寒いのを覚悟でパッキングしましょう。旅行中に風邪をひかないように!

持ち物 説明 注意点
ニット帽子 ツアーで行くと、厚手のジャケットや手袋を貸してくれますが、それでも頭や耳元が冷えます。 ツアー会社によって防寒具が違うので、事前に確認しておくことをお勧めします
厚手の靴下 足元が冷えます。 靴も忘れずに!
パーカー 耳元をカバーできます
ホッカイロ あると重宝します

必要のないもの

変圧器

ハワイのコンセントは110V~120Vです。日本の100V製品でも長時間使用しない限り変圧器は必要なし。

電源変換プラグ

ハワイの電源プラグは日本と同じものなので必要なし。

ビザ

ハワイ(アメリカ)への観光旅行の場合、渡航が90日以内であればビザの必要なし。
※ただし、ESTAの申請
が必要です。

参考:ハワイ島在住日本人がおすすめするハワイ島のビザ情報

ドライヤー

ホテルでの滞在の場合、大抵備え付けの物があるので持参する必要なし。ただ、小さいホテルやホステルの場合は無い可能性もあるので、出発前に旅行会社に確認すると良し。

大判のビーチタオル

ハワイ島のほとんどのホテルで貸してくれます。これも、念のために出発前に旅行会社またはホテルに直接確認すると良し。

飛行機での荷物の注意点

出国・入国審査をスムーズに行うためにも、以下のことに気を付けましょう。

お預け・機内持込み 共にNG

ハワイ持ち込み禁止物

  • 肉製品、乳製品、卵、卵製品は持ち込み禁止です。
    スープの素に肉系エキスが入っているので気を付けましょう。(カレー粉、日本製のカップラーメン、フリカケ、ポテトチップスの一部もこの対象になります。どうしても持ち込む場合はパッケージの成分をよく読んで、肉・卵エキスが入っていないか確認してください。)乳幼児用の粉ミルクは未開封の物は認められています。

  • 生のナッツ類、果物、野菜などの生鮮食品
    これらはは検疫証明書がないと持ち込めません。機内での残り物も没収されます。

  • ワシントン条約により禁止されている動植物。

ハワイへの持ち込み制限のあるもの

  • タバコは200本以内(葉巻50本以内、刻みタバコ2kg以内)
  • 酒類は1リットル以下

国際線持ち込み禁止物

  • 花火
  • クラッカー(発火性のあるもの)
  • キャンプ用カセットコンロ
  • 瞬間冷却パック
  • オイルライター用燃料
  • ダイビング用ボンベ
  • 殺虫剤
  • 水銀
  • 加熱式弁当
  • スポーツ用酸素缶

お預けOK・機内持込みNG

  • ナイフ・ハサミなどの刃物類(眉用の小さいはさみ等も含まれます)
  • 先の尖ったもの (ソーイングセット)
  • 工具類
  • 100ml以上1L以内の酒類 (アルコール度70%以下)

お預けNG・機内持込みOK

  • 100円ライター、安全マッチ ひとりにつき一個。
  • 電子タバコ
  • モバイルバッテリー(Power Banks)
  • ヘアアイロン、水中ライト(発熱するもの)

液体物の持ち込みについて

100ml以上の液体(ジェル状も)は、機内に持ち込み不可です。
機内持ち込みにする場合は100ml以下の容器に移し替え、容量1リットル(縦横の合計40センチメートル程)そして密封のできるジッパー付きのプラスチック(ジップロックバッグ等)にひとり一袋のみの持ち込みが可能です。容器が数個ある場合は一袋に収まり、容量が2リットル以下であれば大丈夫です。
成田空港のホームページに分かりやすく説明があります。

*乳幼児用のミルクは機内持ち込みの場合は機内で使用する分の量であれば大丈夫です。
ベビーフードも検査される場合がありますが基本的にはOK。ただし肉エキスが入っていると機内には持ち込めますがアメリカ入国の際に没収されます。

機内持ち込みの液体物の詳細

機内持込み・お預け手荷物における危険物の詳細

まとめ

ハワイ島旅行には必要なものだけ持っていけば、後で現地調達ができます。忘れ物をしたら不便ですが、それはそれで経験です。知らない土地でものを探しに行くのも冒険のひとつ。後で振り返ってみたらいい思い出となるかもしれません。

ただ、ハワイ島はビッグアイランドという愛称の通りと~っても広大です。
現地調達にあちこち行くには時間と手間がかかります。

折角の楽しみの旅行時間を無駄にしない為に、もう一度チェックをして万全の準備をして行きましょう!