サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

アテネの旅行ガイド情報

ギリシャ・アテネへの入国制限、緩和情報まとめ【2020年8月情報】

【2020年8月15日更新】7月1日より日本からギリシャ・アテネへ旅行やビジネス出張に行けるようになりましたが、入国の条件や現地の様子などはとても気になる情報です。
2020年新型コロナウイルスの影響により、世界各国で出入国の制限をおこなう対策が行われています。
ギリシャに旅行や出張に行っても大丈夫なのか、現地で制限や規制を受けないのか、疑問や不安を感じているかたもいらっしゃると思います。

今回はそんな疑問や不安を少しでも解消できるように、ギリシャ・アテネへの入国条件・規制緩和情報をまとめました。

※この記事は外務省、在ギリシャ日本国大使館のサイトやギリシャのニュースサイト、アテネ国際空港のサイトを基に作成しています。必ず下記のサイトもあわせてご確認いただき、補助として参考にしてください。

外務省 海外安全ホームページ・ギリシャ

在ギリシャ日本国大使館

アテネ国際空港

現在の日本からギリシャ・アテネへの入国制限・規制状況(外国人・日本人)

日本人旅行者の受け入れ再開

2020年7月1日から、ギリシャ政府は、日本人を含む非EU・非シェンゲン域外14か国の旅行者の入国制限を解除しました。
ギリシャ全土の空港で国際線旅客の受け入れを再開し、パトラ港とイグメニッツァ港では海路での外国人旅行者の入国を再開しました。
なお、入国に際して以下の条件が適用されます。

<ギリシャ入国の条件(7月1日~8月31日)>

  • 航空機搭乗の48時間前までに、ギリシャ民間航空局サイトの電子申請フォームに入力して提出する(海路で入国する場合はギリシャ到着の72時間前から48時間前までに提出)
  • 上記の電子申請フォームの写しを持参し、入国時に当局の担当官に提示する
  • 電子申請フォームの事前提出義務に違反すると罰金500ユーロ
  • 入国時に空港でPCR検査の対象となった場合、検査結果が出るまで自宅や知人宅、ホテルなどで待機が必要
  • PCR検査で陽性の結果が出た場合は、自宅や当局が指定する施設で14日間の隔離義務
  • 隔離義務に違反すると罰金5000ユーロ

また、スウェーデン、チェコ、ベルギー、スペイン、オランダ、アラブ首長国連邦、マルタ、ブルガリア、ルーマニアからの航空機でギリシャに入国する場合(乗り継ぎを含む)は、以下の条件が適用されます。

  • 到着前72時間以内に実施されたPCR検査陰性結果の提示義務
  • 入国の1日前までに電子申請フォームに入力・提出し、提出後に当局から送信される自動応答メッセージおよびQRコードが、搭乗時と入国時に必要

日本からギリシャ入国後の14日間の自己隔離措置についての情報

隔離対象者は?

7月1日より、PCR検査や自己隔離は義務ではなくなりましたが、無作為または症状が疑われる際にPCR検査が行われます。
空港でPCR検査の対象となり陽性の結果が出た場合は、自宅や当局指定の隔離実施場所で14日間の自己隔離が必要で、隔離義務に違反すると5000ユーロの罰金が科されます。

空港からの移動手段について

エアポートバス、地下鉄、タクシー、自家用車などで移動できますが、マスクを着用し、ソーシャルディスタンスを保ちましょう。

また、タクシーや観光用車両、自家用車には乗車人数制限があり、定員7人までの車両は運転手+3人まで、定員8~9人の車両では運転手+5人まで乗車できます。両親と子どもが同乗する場合は例外で、これより多い人数でも乗車できます。
車内でのマスク着用は義務(違反者は150ユーロの罰金)となっています。

ギリシャ・アテネでの乗り継ぎ(トランジット)制限

乗り継ぎ可能

ギリシャ・アテネでの乗り継ぎ(トランジット)は可能ですが、まだ制限を受けているフライトもありますので、利用航空会社に確認しましょう。
空港では、抜き打ちまたは疑わしい症状が見られる場合にPCR検査が行われます。
空港内でのマスク着用は義務で、1.5m以上のソーシャルディスタンスの確保が求められます。アテネ国際空港では300か所以上に消毒液を設置しています。

現在のギリシャ・アテネの様子

観光スポット、ホテル、ショッピングモールなどは通常営業

遺跡や博物館などの観光スポット、通年営業のホテル、レストランやショッピングモールなどの各施設は6月から営業を再開していますが、マスク着用と1.5m以上のソーシャルディスタンス確保が条件となっています。

日本からギリシャ・アテネへの入国制限・緩和情報まとめ

夏のバカンスシーズンで、日本人を含む外国人観光客の受け入れを再開したギリシャですが、新型コロナウイルスの終息まではまだ時間がかかりそうで、外務省の感染症危険情報では、ギリシャに「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」が出ています。
また、ギリシャは日本への入国制限対象地域に入っています。
そのためギリシャに行って日本に帰ってきた場合は、空港の検疫所で「PCR検査」と自宅またはホテルで「14日間の自己隔離」は必要となります。
早く安心してギリシャで観光を楽しめるようになるといいですね。
現地では日々緩和が進み、情報は常に更新されますので、ギリシャへ行かれる方や乗り継ぎをされる方は、最新情報をチェックしてくださいね。




世界各国の入国制限情報まとめページはこちら