サービス停止のお知らせ:2024年6月17日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

ワシントンD.C.の旅行ガイド情報

ワシントンDCの国内・国際電話のかけ方徹底ガイド〜固定電話・公衆電話・携帯電話〜

【アメリカ・ワシントンDC在住者執筆】日本からワシントンDC、アメリカ国内、ワシントンDCから日本への国際電話のかけ方をわかりやすく解説します。国番号などの具体的なかけ方と気になる料金の目安、お得に国際電話をかける方法もご紹介します。旅行前に日本から現地のホテル等に電話をしたいときや、現地から日本へ電話をかけたいときにご活用ください。

ワシントンDCの空港内の公衆電話。国内通話料は5分まで無料。

ワシントンDCの電話事情

アメリカでは、2019年現在、成人の96%が携帯電話を所有しており、そのうちスマホを使用しているのは81%です。この数字からも、アメリカでは、外出先でも自分の携帯から電話をかけるのが当たり前な環境であるということが伺えます。

レストランやお店、オフィスなどには固定電話がありますが、家に固定電話を置いているというケースはどんどん減ってきています。

また、ワシントンDCでは、空港や大きな駅を除いて公衆電話を見かけることはほとんどありません。電話ボックスを見つけたと思ったら電話は撤去されていた、ということは何回かありましたが、個人の体験ではワシントンDC市内で公衆電話を見たことは一度もありません。

ワシントンDCに旅行する際は、アメリカ国内の通話であっても国際通話であっても、基本的に自分の携帯電話またはホテルの備え付けの電話からでしか電話はかけられない、と考えると良いでしょう。

携帯電話・スマートフォン

アメリカの携帯電話利用者のほとんどは、スマホを使っています。

日本から持ってきた自分の携帯電話番号でセルラーネットワーク(携帯電話ネットワーク、移動体通信ネットワーク)を利用して通話する場合、一般的には「国際ローミング」と「通話機能付きの海外用SIMカードに差し替える」の2つの選択肢から選ぶことになります。

国際ローミングを利用する場合

日本での携帯電話番号をそのまま使えるというメリットがある国際ローミング。国際ローミングで電話をかけたいという方は、渡航前に以下のことを確認しましょう。

国際ローミングを利用する際に調べること:

  1. 自分の携帯電話会社に国際ローミングのサービスがあるかどうか
  2. 自分の携帯の機種が渡航先で使えるかどうか
  3. 国際ローミングのプラン内容と着信料金・通話料金

国際ローミングは定額パケットの対象外定額パケットの対象外であることが多く、また通信費は高額になりますので、あらかじめ料金を把握しておくことをお勧めします。

海外SIMカードを利用する場合

アメリカで販売されているSIMカード。海外からの旅行者もすぐに使える1ヶ月プラン付き。

海外用SIMカードの選択肢は様々で、渡航前に決めておかなければいけないことも多くなります。下の流れでどのSIMカードにするかを決めていくと良いでしょう。

海外用SIMカードを使用するためには:

  1. 自分の携帯がSIMフリーであるか確認します。SIMフリーでなければ、SIMロックを解除します。自分でも解除できるものですが、料金を払えば店頭でも解除してもらえます。
  2. 渡航先で現地のSIMカードを購入するか、日本国内で海外用SIMカードを購入するかを決めます。言語力に自信があれば渡航先で安く入手し現地のスタッフに設定をしてもらうことをおすすめします。英語が苦手だけれども機械やテクノロジーには強く設定が自分でできそうなら、国内で入手することをおすすめします。
  3. どの種類のSIMカードを購入するかを決めます。データ専用ではなく、データ+通話の機能があるSIMカードを選びましょう。海外旅行先でのデータ使用量は一日250〜300MBが一般的と言われていますので、この数字を目安に自分に合ったデータ量を決めると良いでしょう。対応機種の確認、対応している国の確認もお忘れなく。

国際ローミングに比べて通信費が大幅に安くなる海外SIMカードですが、SIMロックの解除、対応機種の確認、データ量の選択、初期設定など、テクノロジーにあまり強くない人には煩わしいステップが多いのが難点です。

また、海外のSIMカードに入れ替えることで、現地の携帯電話番号に番号が変わるというのも注意したいポイントです。電話をかけた時に相手にブロックされたりすることのないよう、想定される通話先には、現地での携帯電話番号をあらかじめ教えておくようにしましょう。

ホテルの客室に設置されている一般電話

ワシントンDCジョージタウンにあるリッツカールトンのロビー。

ホテルのお部屋には必ず電話が備え付けてあります。ホテルの外に電話をかける場合は、指定の外線番号をダイヤルしてから相手の電話番号をダイヤルします。

「外線番号は9」というホテルが多いですが、正確な情報は備え付けの案内所や電話機に記載されていますので、確認してみましょう。

外線番号に続くダイヤルの仕方は、どこにいる相手に電話をかけるかによって変わってきます。ダイヤルの仕方は「ワシントンDCの国内電話のかけ方」「ワシントンDCから日本への国際電話のかけ方」の項目に詳しく説明してありますので、そちらをご覧ください。

アメリカでは、市内にかける場合(市外局番が同じ番号にかける場合)、電話料金はかかりません。

しかし、ホテルの電話は通話料が無料の通話でも、手数料がチャージされるのが一般的です。これはフリーダイヤル(アメリカでは1-800などで始まる番号)にも当てはまることです。

また、アメリカでは市外にかける場合(市外局番が異なる番号にかける場合)通話料金が発生しますが、ホテルから市外に電話する場合も、通話料に加え手数料が発生します。

チェックアウトの時に高額の電話代を請求されるのが心配な方は、フロントで

「How much do you charge for an international phone call to Japan?(日本への国際通話にはいくらかかるのですか)」または

「How much do you charge for domestic long distance call?(アメリカ国内の市外通話はいくらかかるのですか)」

と聞いてみましょう。

数字が聞き取りにくい場合は、「Could you please write it down on paper?(紙に書いてもらえますか)」と言ってみましょう。

公衆電話

ワシントンDCには公衆電話がほとんどありませんが、空港や一部のメトロ駅などに設置されています。

ワシントンDCの空港内にある電話は、アメリカ国内なら5分間無料で通話できます。

コインの投入口がないワシントンDCの空港内の公衆電話。

空港以外の場所にある公衆電話は、1セント硬化以外のコインを投入して通話します。クレジットカードは利用できません。

ダイヤルの仕方や料金は、どこにいる相手に電話をかけるかによって変わってきます。「ワシントンDCの国内電話のかけ方」「ワシントンDCから日本への国際電話のかけ方」の項目に詳しく説明してありますので、ご参考にしてください。

ワシントンDCで公衆電話を探したいという方は、こちらから市内にある公衆電話の位置と住所が掲載されているリストがご覧になれます。

日本からワシントンDCへの国際電話のかけ方

日本からアメリカに国際電話をかける場合、「どのタイプの電話からかけるのか(アナログ電話か、光電話・IP電話・携帯電話か)」そして「どの電話会社を通じてかけるのか」によって、ダイヤルする番号が変わってきます。

では、それぞれの場合で、具体的にどうダイヤルしたらいいのでしょうか?下に、電話のタイプと主な電話会社別にダイヤルする番号をまとめてみました。

ここでは例として、相手先の番号は(202) 123-4567だとします。

固定電話(アナログ電話)からアメリカにかける場合

  • NTT:0033-010-1-202-123-4567
  • KDDI:001-010-1-202-123-4567

携帯電話・光電話・IP電話からアメリカにかける場合

  • NTT:010-1-202-123-4567
  • au:001-010-1-202-123-4567
  • ソフトバンク:010-1-202-123-4567

ちなみに、それぞれの番号には以下の意味があります:

  • 「001」や「0033」は、キャリアを識別する番号
  • 「010」は国際電話をかけるという識別をするための番号
  • 「1」はアメリカの国番号
  • 「202」はワシントンDCの市外局番

ワシントンDCの国内電話のかけ方

ワシントンDCで固定電話から国内電話をかける場合

アメリカのホテルの部屋にある固定電話は、こんな感じです。「*」はスター キー、「#」はパウンド キーと呼びます。

ワシントンDCから市内(市外局番が202の電話番号)にかける場合は、電話番号から市外局番を外した残りの7桁の番号をダイヤルします。

同じ市外局番の電話番号にかける場合の例:
通話相手の電話番号が(202) 123-4567なら、「123-4567」とダイヤルします。

ワシントンDCから市外(市外局番202以外の電話番号)の国内電話をかける場合は、電話番号の前に「1」を押してから市外局番を含む10桁の番号をダイヤルします。

市外局番が異なる電話番号にかける場合の例:
通話相手の電話番号が(202) 123-4567なら、「1-202-123-4567」とダイヤルします。

ワシントンDCで携帯電話から国内電話をかける場合

ワシントンDCでアメリカの携帯電話会社と契約した携帯電話を使用して国内通話する場合、市内でも市外でもかけ方は同じで料金も変わりません。電話番号をそのままダイヤルすればOKです。

アメリカの携帯電話で国内通話する場合の例:
通話相手の電話番号が(202) 123-4567なら、そのまま「202-123-4567」とダイヤルします。

ワシントンDCから日本への国際電話のかけ方

アメリカで携帯電話のシェアナンバーワンのVerizon。

アメリカ→日本の国際電話は固定電話・携帯電話に関係なくかけ方は同じ

アメリカから日本に電話をかけるときは、アメリカのexit codeである「011」、日本の国番号である「81」、そして通話相手の電話番号から最初の「0」を取ったものをダイヤルします。

このかけ方は、自分が使う電話や通話相手の電話が一般電話であっても携帯電話であっても変わりません。

アメリカから日本へ電話する場合の例:
通話相手の電話番号が080-1234-5678なら、「011-81-080-1234-5678」とダイヤルします。

アメリカ→日本の国際電話、料金の目安は?

アメリカには様々な電話会社があり、それぞれが異なる国際電話の料金プランを提供しています。ですので、正確な国際電話料金を知るには、利用する携帯電話会社へ問い合わせする必要があります。

ですが、ここでは「だいたいこれくらい」という感覚が伝わるように目安として、アメリカ最大のlandline(固定電話)プロバイダであるAT&Tと、アメリカ最大の携帯電話キャリアであるVerizonの、日本への国際電話の通話料金をご紹介します。どちらも、特別な国際電話の割引プランに加入していないベーシックプランの料金です。

アメリカ→日本の国際電話の料金(固定電話、携帯電話共に)
- AT&T……$4.00 /1分
- Verizon……$2.49 /1分

電話会社が違うだけで料金にこれほど差が出るというのは驚きですが、固定電話でも携帯電話でも通話料金は変わらない、というのは、わかりやすくて良いですね。

ホテルの電話から国際電話をかけるときは、この通話料金にさらに手数料がかかることをお忘れなく。

インターネット経由での国際電話のかけ方

高額になりがちな国際電話ですが、簡単に安く通話をしたいというなら、通話アプリを利用するインターネット経由の通話方法がおすすめです。

この方法には、LINE、Skype、アップルのMessageやFaceTimeなどの通話料無料のものと通話料が有料なものとの2種類あります。

インターネット電話は、日本国同士、アメリカ国内同士、アメリカ→日本、日本→アメリカ、とどの組み合わせでも料金が一定なので、計算や見積もりが楽なのもポイントです。

無料インターネット電話(LINE、Skypeなど)

ワシントンDC滞在中、LINE、Skype、アップルのMessageやFaceTimeなどの通話アプリを使えば、無料で音声通信やビデオ通信ができます。いつも連絡を取り合っている相手とやりとりするには、この方法が気軽で便利です。

インターネットが不安定な時は、LINEやSkypeだと繋がりにくかったり画質が悪かったりしがちですが、アップルのMessageやFaceTimeだと問題なくメッセージ送信や通話ができることがあります。

  • 無料インターネット電話のメリット

    • 無料で利用できる。
    • 普段連絡を取り合っている相手といつもと同じように通話できる。
  • 無料インターネット電話のデメリット

    • 通話相手が同じアプリをダウンロードしていなければいけない。
    • 事前にお互いのアカウントを認証しておく必要がある。
    • サービス内のアカウント同士での通話しかできず、普通の電話番号にかけることはできない。
    • セキュリティー面・通信クオリティーが不安定。

格安国際インターネット電話サービス(TELINK)

LINE、Skype、アップルのMessageやFaceTimeなどの通話料無料の通信方法における一番のデメリットは、「家電や会社の電話、ガラケーなど、普通の電話番号にはかけられない」「相手が同じアプリを使用していて、お互いのアカウントを認証していなければ通話できない」の2点でしょう。

格安国際インターネット電話サービスのTELINK(テリンク)なら、この問題がクリアできます。

TELINKは、国際ローミングや海外SIMカードなどの携帯電話ネットワークの通話と、LINEやSkypeのような無料インターネット通信のいいところを掛け合わせたようなサービスで、利便性・安全性・コスパなど多くの面で優れた選択肢だと言えます。

TELINKの利用方法は、無料アプリをスマホにインストールして、認証をし、利用金額をチャージするだけ、という非常にシンプルなものです。料金設定も「世界中どこからかけても1分20円、着信は無料」と覚えやすく、だいたいどれくらいの通信費がかかるのか見積もるのが非常に簡単です。

TELINKは、国際電話の選択肢の中でもっとも利用方法がシンプルなのではないでしょうか。「機械やテクノロジーに弱い、複雑な契約もしたくない、あれこれと調べ物もしたくない、複雑な料金の計算や比較も苦手」という方にぴったりだと思います。

  • TELINKのメリット

    • 固定電話や携帯電話ネットワークの国際通話に比べ料金が格安である。着信は無料。
    • セキュリティー面で安心。
    • 通信クオリティーが高い。
    • 自分がアプリをダウンロードするだけでOK。普通の電話のように固定電話とも携帯電話とも通話できる。
  • TELINKのデメリット

    • 通話料金が発生する(ただし世界中どこからかけても1分20円と格安)

TELINKアプリのダウンロード

インターネット経由の国際電話の注意点

便利で経済的なインターネット経由の電話ですが、ワシントンDC滞在中に使用するにあたって、注意するべき点もあります。

アメリカ旅行中は、常に安定した無料インターネットにアクセスできるわけではありません。

無料Wi-Fiは不安定だったり遅かったりすることが多いですし、お店やホテルの人と英語で「What’s the password for the Wi-Fi?(Wi-Fiにアクセスするためのパスワードは何?)」「I have difficulties with accessing the internet.(インターネットにアクセスできないのですが)」などとやりとりするのは煩わしいものです。

出張などの目的でワシントンDCに滞在する方、「いつでもどこでも確実に日本と連絡が取れるようにしておきたい」という方は、無料Wi-Fiをあてにせず、必ず海外用のWi-Fiルーターを用意しましょう。

話題のクラウドSIM。国内でも海外でもSIMカード不要!

前述の通り、アメリカ滞在中に便利で格安なインターネット経由で国際電話をかける場合、安定した通話環境を確保するためには、海外で使えるWi-Fiルーターが必要になります。

海外でインターネットを使う手段のひとつに、今話題の「クラウドSIM」というサービスがあります。

「クラウドSIM」はSIMカードが不要で、全世界100ヶ国以上で使用可能です。 このサービスはレンタルではなくクラウドSIM搭載の機種の事前購入が必要ですが、海外に着いたらスイッチひとつでインターネットへの接続が可能です。 旅行から帰ってきてからも日本国内でも利用可能なので、WiFiサービスはこれ一台でOKです。

一度に複数の国に行かれる方、海外旅行や海外出張に頻繁に行かれる方、海外と日本を行ったり来たりされる方には断然おすすめなサービスです。

おすすめはグローカルネット。 こちら初期費用として、機種代、月額基本料金プラス海外利用料が780円(300MB)/日~で利用可能です。

グローカルネットは、飛行機に乗っているあいだも料金がかかるレンタルWi-Fiルーターと違い、スイッチを入れている時だけ料金が発生します。レンタル予約の手配や受け取り・返却の手間だけでなく、コストも省けるのが魅力です。

さらに、1台でデバイスを5台まで接続できますので、グループで旅行される場合は、シェアすればさらにお得です。

  • グローカルネットのメリット

    • 購入型なので機器の受け取り・返却・予約の手間が省ける。
    • エリアで一番電波の強いキャリアを自動的に選択してくれるので接続が安定している。
    • 日本でも海外でも使える。海外でそのまま使える。
    • 電池が長く持続。スマホの携帯充電器としても使える。
  • グローカルネットのデメリット

    • 重さがやや重い。
    • やや厚みがある。

まとめ

いかがだったでしょうか?電話機器や通信方法の多様化で、国際電話の選択肢は複雑になっています。

この記事では、ワシントンDCに限らずアメリカに旅行に行かれたりアメリカにお住いの方々と通信をしたいという方が、あれこれリサーチしなくても済むようにという思いでなるべくわかりやすく情報をまとめてみました。少しでもお役に立てれば幸いです!

さらに旅行前に分からないことがあればロコタビで現地在住日本人のロコに質問したりするのもおすすめです。Q&Aは無料なので活用してみてはいかがでしょうか?

出典:
Pew Research Center: Mobile Fact Sheet
The Payphone Project: Washington DC Payphone Locator
NTT Docomo: 海外での電話のかけ方・受け方
HowtoCallAbroad.com: Japan
Verizon Wireless: Calling Japan while in the US
AT&T International calling options from the U.S.