サービス停止のお知らせ:2024年7月22日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

オーランドの旅行ガイド情報

アメリカ・オーランド旅行中のインターネット・Wi-Fi利用方法

【アメリカ・オーランド在住者執筆】旅行先でのインターネット通信方法は?スマホの賢い利用方法?日本からオーランドへ行って日本で使っているスマホを心配なく気軽に現地で使用する方法は?こんなご質問の回答をここではご紹介します。日本にいる時の設定のままで、海外から帰国したらとんでもない高額が請求されることのない様に旅行前に現地で安心して使える通信方法を熟知しておきましょう。

旅先でSNSや地図アプリを使いたい時などスマホでの通信は不可欠です。旅行前に準備をしておかないと帰国後に思ってもみなかった高額のデーター通信料金が請求されたり、現地で通信不通になってしまう事もあり得るかもしれません。ご希望にあった通信方法をご旅行前にご検討の上、旅先では余計な心配をせずに思いっきり現地を楽しめるように準備しておきましょう。

オーランドでスマホをネットにつなぐ5つの方法

テーマパークをメインに訪れる方は、テーマパーク内ならどこにいてもWifiが繋がりますので、Wifiを使ったアプリやSNS通信などのご利用はまず心配される必要がありません。公共のWifiは日本よりつながりが良く、オーランド国際空港に到着したその時からWifiが無料にてご利用いただけます。行動範囲によりWifiの利用の仕方が変わってくると思いますので、以下ご検討ください。

無料Wifiを利用(0円)

オーランドでは一般的に日本よりWifiの質が高度の上に無料で、日本の様につながりにくいことが余りなくテーマパークはもちろんの事、ホテル、レストランやモールでも簡単に無料でWifiを利用することができます。主な目的がテーマパークで1週間くらいのご旅行でしたら、スマホの設定を機内モードにするだけのWifi利用で充分有意義な旅を過ごせます。これが一番手間も料金もかからないWifiを繫ぐ方法でしょう。ホテルではWifiが有料なところもありますので、チェックイン時に確認しましょう。

レンタルポケットWifiルーターを利用(2週間3,080円~)

テーマパークやレストラン、ホテルなどの主要場所を除いては、Wifiのアクセスが限られてしまいます。現地のフリーマーケットに行ったり、UberやLyftを散歩途中に利用する場合など常にどこにいても通信が可能で安心できるのは、レンタルWifiルーターになるでしょう。また、SIMカードの入れ替えや設定が面倒くさそうと言う方、1台借りれば一緒に行く友達や家族と併用できるので2名以上で行く方にもお勧めです。料金は、通信容量、速度、日数によって異なります。正確な詳細は、各社のウェブサイトにてご確認ください。

携帯会社の海外パケット定額を利用ー国際ローミング(1日無制限利用1,980円~)

WiFiだけではなく通話も日本にいる時と同様に使いたいと言う方には、国際ローミングがいいでしょう。面倒な設定忘れやSIMの入れ替え、ルーターの紛失や返却忘れの心配が一切なく、スマホに詳しくない方には一番早くて心配のない方法です。お持ちの携帯契約通信会社により金額や登録の要、不要等の内容が異なります。詳しくは、各通信会社の海外パケットの詳細をご覧ください。

日本でSIMカードを購入(2週間3,000円~)

SIMカードは返却の必要がないので、返却し忘れたり紛失してもを追加料金を請求される心配がありません。また、データのみと通話込み、利用日数によって価格が設定されています。SIM購入後のご利用には、APN設定が必要でiPhoneとAndroidで設定方法が異なります。APN設定等の手間がかかるため、最近ではSIMカードを利用する人が減っています。そのためSIMカードの販売会社も販売を中止しているところも多いので、利用通信容量や日数を残さないようにしましょう。また、通話できてもアメリカ国内の電話番号が指定されますので、日本で使っている電話番号と変わります。

現地のSIMカードを購入(2週間1,000円~)

英語に問題がなく、スマホに詳しい方にはお勧めですが、到着時間によりお店が閉まっている場合があり、購入する手間と予想外の時間が旅先でかかってしまう事があります。オーランド国際空港内なら、InMotionと両替所のInter Changeで販売しています。街中では、家電量販店のBestBuy、WalMart、Target等で$5.00~販売しています。こちらも内容により金額が異なります。

旅行出発前に準備しておきたい事

ここでは楽しい海外旅行から戻ったら、とんでもない高額の通信料の請求書が届いてビックリ!という事がない様に予期せぬ高額通信料を事前に防ぐ方法とスマホの設定手順をご案内します。

高額請求の恐れがある国際ローミング

上記の携帯会社の海外パケット定額を利用して国際ローミングモバイルデータ通信に登録していない場合、携帯電話やスマホを日本にいるままで海外に持って行くと、日本にいるのと同様に通信が可能で便利ですが、日本国内と違った高額な通信料が請求されてしまいます。ここでは、モバイルデータ通信をオフにする方法をご案内します。

iPhoneの場合の手順:
【設定】
1. モバイルデータ通信をOFFにする

Androidの場合の手順:
【設定】
1. その他の設定、またはその他のネットワーク
2. データ通信、またはモバイルデータをOFFにする

アプリ自動更新をオフ

アプリの自動更新をONにしたままにして海外旅行に出てしまうと、気が付かない間に大量のデータが自動更新されてしまう事があります。こちらの機能も出発前にOFFにしておきましょう。

iPhoneの場合の手順:
【設定】
1. iTunes&AppSotre
2. 自動ダウンロードがONになっている全てのアプリをOFFにする

Androidの場合の手順:
Playストア
【設定】
1. アプリの自動更新
2. アプリを自動更新しない、またはWi-Fi接続時のみアプリを自動更新するを選択する

クラウドサービスの同期設定をオフ

大切なデータを守るためにクラウドサービスの自動更新があります。こちらも自動に更新されてしまうので、出発前にOFFにしておきましょう。

iPhoneの場合の手順:
【設定】
1. 自分の名前
2. iCloud
3. iCloudの機能がONになっている全てをOFFにする

Androidの場合の手順: 
【設定】
1. アカウント
2. データの自動同期のチェックマークを外す

便利な「機内モード」

携帯契約通信会社にも連絡する時間もなく、何1つ時間をかけて検討することができなかった人や、細かい設定が面倒だけどWiFiのみ利用したい人には最低これだけすれば高額な通信費の請求は避けられるでしょう。単にお持ちのスマホ設定を機内モードにしてください。機内モードでもWiFiには繋がるのでアプリやウェブサーチもご利用いただけます。

SIMカード不要?! 話題のクラウドSIM

WiFiルーターをレンタルする人も多いと思いますが、海外でネットを使う手段のひとつに、今話題の「クラウドSIM」というサービスがあります。
なんとSIMカードが不要で、全世界100ヶ国以上で使用可能です。
こちらはレンタルではなくクラウドSIM搭載の機種の購入が必要ですが、海外に着いたらスイッチひとつでインターネットへの接続が可能です。
旅行から帰ってきてからも日本国内でも利用可能なので、WiFiサービスはこれ一台でOKです。

特に一度に複数の国に行かれる方には断然おすすめなサービスです。

おすすめはグローカルネット
こちら初期費用として、機種代、月額基本料金プラス海外利用料が780円(300MB)/日~で利用可能です。

まとめ

すっかり携帯電話やスマホはなくてはならない必需品となってしまいました。高額な通信料を避け有意義にスマホを海外でも活用するためには前もって準備をすることが大切です。一番の節約として、現地の無料WiFiだけを利用して、後はロコタビの現地ロコに案内してもらう事でロコの携帯電話のHotSpotに繋げてもらえば現地の観光中にも通信が可能になりますよ。ロコタビをうまく活用しましょう!

出典:
イモトのWiFi
フォートラベル GLOBAL WiFi
Wi-Ho!
グローバルWiFi
ワールドDATA
iVideo
U.S.DATA
Docomo
SoftBank
au
IIJmio
Mostsim
iVideo
トラベルsim
InMotion
Inter Change