サービス停止のお知らせ:2024年6月17日(月) AM4時0分 - AM5時0分 (JST)(日本時間)メンテナンスのためサービスを停止します。

メルボルンの旅行ガイド情報

オーストラリア・メルボルンのコンセントはO2タイプ! 変換プラグはダイソーで購入がおすすめ

【オーストラリア 在住者執筆】オーストラリア・メルボルン旅行中にiPhoneの充電や、ヘアアイロンの電源に必要なコンセントのタイプや、日本との電圧の違いについて徹底解説!
iPhoneなどのスマートフォンの充電をしたいときや日本で使っているヘアアイロンを使用したいときなど、そのままコンセントにプラグを差し込むと、火事や感電を起こす危険性もありますので、
正しい方法で日本から持ってきた電化製品をオーストラリア・メルボルンで使用するためにはどうすれば良いか、その使用方法についてご紹介します。

オーストラリアのプラグ形状と変換プラグ

コンセントのプラグって国によって形状が違うというのはご存知ですか?日本で使っている、もしくは購入した家電製品をそのまま海外でも使えると思ったら大間違いです。ということで今回はオーストラリアのコンセントプラグについて解説していきます。

プラグ形状はO2タイプ

まず日本のコンセントはAタイプという形状です。一方でオーストラリア のコンセントはO2タイプです。つまり日本で使っていたAタイプのプラグを持つ電化製品をオーストラリア でそのまま使おうとしてもお互いのコンセントの形状が一致しないので使用出来ません。そこで登場するのが変換プラグです。オーストラリアのO2タイプのコンセントにAタイプの変換プラグを装着することで日本の家電製品が使用できるようになります。実際には電圧の違いにより変圧器が必要な場合もあるので、変圧器に関しても改めてご説明します。

変換プラグはダイソーやセリアでの購入がおすすめ

変換プラグはヤマダ電機やヨドバシカメラなどの電化製品店はもちろん、ダイソーやセリアなどの100円ショップでも購入が可能です。オーストラリアに到着後、紛失や破損の恐れもあるので3個ほど購入しておくと安全かと思います。

あると便利なUSBつきタコ足コンセント

海外のホテルに宿泊する際、使用できるコンセントの数が1つ、もしくは2つのみの場所もあります。スマートフォンにパソコン、タブレット、携帯充電器、スマートウォッチ、アイコスなど充電が必須な電子機器や電気シェーバー、ドライヤーなどの電化製品を使用される場合、1~2個のコンセントでは足りません。そこで活躍するのがタコ足コンセントです。タコ足コンセントを使用することで1つのコンセントで同時に複数の充電が出来ます。タコ足コンセントのタイプによってはUSB付きのものもあります。それぞれの電子機器の充電器を全て持ち歩くと結構な重量になりますし、荷物をコンパクトにまとめるためにもUSBケーブルで充電ができるものはUSBケーブルを利用する方が良いかもしれませんね。

タコ足配線利用時の注意点

大変便利なタコ足配線ですが注意点もございます。それはタコ足配線には使用できる電力の容量が決まっています。この容量を超えての使用はコンセントが発火する恐れもあるので注意が必要です。つまりタコ足配線にコンセントが5つ付いているから、5台の電化製品を必ず使える訳では無いということです。例えば最大容量15A(1500W)のタコ足配線を利用する際、ドライヤーが10A(1000W)、電気シェーバー6A(600W)、スマートフォン充電器0.15A(15W)の場合、合計の電力が1000W+600W+15W=1615Wとなりタコ足配線自体の最大容量である1500Wを超えてしまいます。このように使用電力が容量を超えてしまうと発火を起こす可能性が出てきます。基本電化製品の使用は大きな電力を使用しますが、充電機器は比較的小さな電力であると意識しておけば安心だと思います。

オーストラリアの電圧と変圧器

国によってコンセントの形状が違うのと同様に、コンセントの電圧も国によって違います。変換プラグを使ってコンセントに電化製品を接続してもお互いの電圧が違えば使用することは出来ません。もしくは一時的に使用は出来ても火災の恐れや電化製品の故障に繋がるので注意しましょう。

オーストラリアの電圧は240V

日本の電圧は100Vですが、オーストラリアの電圧は240Vです。お互いの国の電圧が違うから日本で購入した全ての製品の利用に変圧器が必要になるかというとこれは違います。例えばスマートフォンの充電器やパソコンなどは世界の国々で利用されることが想定して作られているため対応できる電圧の幅が100V~240Vの場合があるからです。こういった製品の場合は電圧を気にする必要はありません。使用する電子製品の対応電圧がどれほどなのか確認し、当然100Vと記載された電化製品をオーストラリアで使用するには変圧器が必要になってきます。

変圧器が必要なものと必要ないもの

ここ数年で販売された製品は100~240V対応のものが多いため、変圧器を必要としないものが多いですが、一方、格安で購入した製品や10年以上前に購入した製品を使う場合は100Vのみの製品も多くあるので注意が必要です。対応電圧は基本、電化製品自体に記載されている場合が多数なので確認しておきましょう。

iPhoneの充電

iPhoneの場合、充電器は100V~240V対応であることがほとんどです。ただしスマートフォンにも様々なブランドがあるので念のため確認しておきましょう。

デジカメの充電

ここ数年のモデルですと基本100V~240Vかと思います。購入からかなりの年月が経っている場合や古いタイプのものはしっかり確認しておきましょう。

ドライヤーやヘアアイロンの使用

やはりドライヤーもここ最近のタイプに関しては100V~240V対応のものが多くあります。ただ韓国製品や中国製品などでは幅広い電圧に対応していないものもあるので注意しましょう。

変圧器を使う前に消費電力を確認!

電化製品 消費電力
ノートパソコン 50W~120W
スマートフォン充電器 15W
アイロン 1200W~1400W
ポット 700W~1000W
扇風機 50W~60W
電動歯ブラシ 2W
ヘアドライヤー 600W~1200W
ヘアアイロン 150W~240W

こちらは目安となる電化製品の消費電力です。
製造会社や時期、商品のタイプにより電力差はあるので、しっかり持って行く製品の電力は確認しておきましょう。

変換プラグや変圧器を忘れてしまったときは

「変圧器、変換プラグを持ってくるのを忘れてしまった!」場合でも大丈夫です。メルボルンでも購入することが可能です。ただ置いてある店舗は多く無いので事前に持って行くよう確認しておきましょう。

ホテルの貸出サービス情報

中級以上のホテルだと貸してくれる場合もありますがあまり期待はできません。格安ホステルやドミトリーなどでは用意されていないとみて間違いありません。気になる方は簡単な英語でスタッフに尋ねることができるので確認してみましょう。

  • 変換プラグ/変圧器を貸してもらえますか? Excuse me, Can I borrow a conversion plug/transformer? エクスキューズミー、キャナイ バロウ ア コンヴァージョン プラグ/トランスフォーマー?

現地調達してみよう

もしホテルで貸し出しのサービスがない場合でも大丈夫です。変換プラグや変圧器は扱っている店もメルボルンにはあります。

ダイソー

日本でも有名なダイソーはメルボルンにもあります。変換プラグの扱いはありますが、変圧器は置いていません。日本の場合100円ですがオーストラリア のダイソーでは豪$7.8(約600円)になります。メルボルン市内には3店舗オープンしているのですが、日本製品用変換プラグの取り扱いはフリンダースストリート(Flinders street)沿いの1店舗のみでした。

JB Hi-Fi

オーストラリア国内で家電といえばJB Hi-Fiです。変圧器の取り扱いはありますが、日本製品用の変換プラグは取り扱いがありません。パソコンやタブレットはUSBでも充電できるので問題無いですが、日本から持ってきたドライヤーなどの使用は難しいです。破損、紛失に備え予備の変換プラグを日本から持ってきましょう。

まとめ

旅行先として有名なメルボルンですが、意外にも変換プラグの取り扱いは少ないです。USBコードやUSBコードを繋ぐコンセントは販売されているのでパソコンやタブレット、スマートフォン等の心配は無用かと思います。ただアイロンやポットなど日本用のコンセントでしか使えない家電製品を持って来る場合は破損や紛失に備えて予備の変換プラグを持って来ることをおすすめいたします。